スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
保育園児奇声&小学生全力サッカーの時間差攻撃
 大した内容はありません。この時間帯(夕方3時半頃から)は、子供の奇声がうるさくて仕事にならないので、憂さ晴らしも兼ねて更新します。
 本当はどこかへ避難したいけど、静かになったらすぐ仕事を再開したいし、東京は今にも雨が降りそうなので、外出するのもおっくうです。

 今日、うちの真横にある児童公園には、今のところガキは集まっていないようです。もしかするといるのかもしれませんが、これといった奇声は聞こえてきません。
 この公園でどんな子供が奇声や絶叫を上げるかは、刻々と状況が変わっていくのですが、最近は「全力サッカーガキ」がひどいです。
 猫の額ほどの公園で力一杯サッカーをして、腹の底から「ドゥオオオオオオオオガアアアアアアアア!」「ギョゲエエエエエエエエ!」と雄叫びを上げ続けます。

 私は何度かガキどもが、その公園に面した家の壁(塀ではなく家そのもの)に、サッカーボールをガンガン蹴りつけているのを見たことがあります。
 私の家は公園を挟んだ反対側なので、その音自体は大して響いてこないのですが、不思議なのはボールをぶつけられている家の住人が、ガキどもに「やめろ」と言った形跡がないことです。防御のためにネットを張るとか、そういう気配もまったくありません。

 まあ、昼間は誰もいなくなる家かもしれないし、本人たちがなんとも思っていない(気づいていない)のならどうでもいいんですが(自分のこと以外に口出しする気もないし)、それにしても、人様の家にボールをぶつけてキーキーうれしそうに騒いでいるガキどもの憎たらしいこと。
 小学校中学年にもなって、やっていいことと悪いことの区別ぐらいつけられんのかねえ。

 今日、今の時点でうるさいのはそれとは別で、うちから70mほど離れた保育園からの奇声です。

 何度か書いたことがありますが、この保育園はうちからそれなりに距離があるので、窓を閉めていれば園児の奇声はあまり気にならない……はずなのです。
 でも、なんだか今日は凄い。
 キィーーーーー! ギャアアアアアアーーーーー! という凄まじい奇声が先ほどから続き、今も周囲の空気を切り裂いています。

 エヴァンゲリオンの最初の映画で、ネルフ本部が誰だか(誰だっけ?)の侵入攻撃を受け、火炎放射器で火だるまにされた職員が「ギャーーーーーー! ギャアアアアアアア!」と悲鳴を上げるシーンがあるのですが、あんな感じ。
 私は子供の奇声、絶叫を聞かされると反射的にそのシーンが頭に浮かんでくるほど。まさに「火だるまになって殺される断末魔の悲鳴」としか言いようのない凄まじさです。

 保育園は私の家から少し離れているし、今の季節は周囲に木が生い茂っていて、園庭の様子がよく見えません。それでも「いったい、どうなってるんだ」と思って目を懲らすと、見えるのはブランコで遊んでいる数人の子供だけ。保育の時間はほぼ終わりかけているので、親が迎えに来た子供は帰っていっているようです。
 そんな状況なのに、この凄まじい奇声。ブランコに乗っているほんの4、5人の園児だけで、「誰が殺されかけてるんだ!」と思わずにいられない絶叫が響いてきます。

 保育だの教育だの行政だのの関係者は、「子供が昔よりうるさくなったわけないだろ」などと平然と言ってのけますが、いやー、私は明らかにうるさくなった気がするなあ。数値で示すことなんかできないけど、そうとしか思えません。
 私の実家はすぐ裏が神社で、昔から子供たちの遊び場になっているのですが、そこから聞こえる子供の声をうるさいと感じたことはありませんでした。
 それなのに今は、70m先の子供の奇声がガンガンガンガン響いてくる。
 やっぱり最近の子供は声が大きくなったし、あまりにもヒステリックで、なんでもない遊びをしているだけなのにやたらとテンションを上げ、「キィィィィィー! キィィィィィー!」と叫びますよ。

 うー、まだうるさい。

 先日は、午後1時半くらいに小学生の「グォーーーー! ギェーーー! ヴァ゛ーーーー!」が聞こえてきたので、最寄りの小学校のホームページを見ると、日程一覧に「●月●日 教師の研修で授業は午前中のみ」と書いてありました。

 ……最近は、こういう日がやたらと多い。
 教師の研修というのが、月に一度か二度ぐらいあります。そのほかにも保護者会だの進路指導だの、子供のいない私にはなんだかよくわかりませんが、「授業は午前中のみ」となっている日が月に数回はあります。
 「うわ、なんでこんな早い時間に小学生の絶叫が」と思ってホームページを見ると、そういう日。そんなときは暗くなるまで憂鬱です。
 私が小学校に通っていたのは遠い昔のことなので忘れてしまいましたが、そんなに「授業は午前中のみ」って多かったかなあと不思議な気がします。
 もっとちゃんと勉強しないと、おじさんみたいなスカポンタンになってしまうぞガキどもよ。

 ようやく保育園は静かになりましたが、今度は児童公園にいつもの全力サッカーガキが現れた……。
 「ハウ! ハウ! ハウ! ハウ!」「ディーイイイイイイイヤッ! ディーイイイイイイイヤアアアアアアア!」って……お前らはハンセン&ブロディの超獣コンビか! しかもそれが集団で!
 うー。

 先日のエントリーで「最近は、ピヨピヨサンダルを見かけることが少なくなった」と書きましたが、そんなことを書いたからでしょうか、昨日、こともあろうに図書館でピヨピヨ攻撃を受けてしまいました。
 30歳くらいの母親が、幼稚園児と2、3歳くらいの子供を二人連れて図書館へ。サンダルを履いた下の子供が歩くたび「ピヨ! ピヨ! ピヨ! ピヨ!」という音が、静かな図書館の中に響きます。
 母親は、その音を気にしている様子がまったくなかったなあ。

 図書館に幼児連れでくるのはかまわないし、年齢が年齢だから子供が多少むずかったり、「ママー、あのねー」なんて話をしたりするのは全然気になりませんが、「図書館に行くんだから、ピヨピヨサンダルはやめておこう」という配慮ぐらいしてほしかった。

 私はちょうど調べものを終え、帰ろうとしていたので、何も言わずに出ましたが、もし長時間、あの「ピヨ! ピヨ! ピヨ! ピヨ!」を聞かされることになったら、「周囲の迷惑になるので、今度来るときはそのサンダルはやめてくださいね」と言いますね。たとえ職員が何も言わなくても、私は直接注意します。
 その場でサンダルを脱がすわけにいかないし、「子供を歩かせず抱っこしてください」と無茶なことを言うつもりはありませんが、「次は気をつけて」ぐらいのことは誰かが言わなきゃ駄目でしょう。
 図書館の職員は、私が帰るまでに一切注意しなかったようですが、それもなんだかなあ。
 
 まだまだ、全力サッカー獣の咆哮が続いてます。 

カテゴリ:子供・学校・保育園
小学生の「異性アピール」が凄まじいわ
 今日、早くもエアコンのスイッチを入れました。ガキの奇声対策です。去年も6月上旬にはエアコンを入れたはずですが、今年はもっと早くなりました。

 私が悩まされているガキ騒音のうち、じつを言うと「道路遊び」については、現在、ほぼなくなりました。別にやめさせるための秘策があったわけではなく、単に道路で遊んでいるガキどもがだんだん特定のグループに絞られるようになり、最後に残ったグループも同じ場所で遊ぶのに飽きたのでしょう、最近は現れなくなっただけです。

 もちろん、そのことは喜ばしいのですが、いつ、また、どこからどんなガキが湧いてくるかはわからないので、「安心するな、安心するな」と自分に言い聞かせなければならないのは悲しいところ。
 道路遊びに本格的に悩まされるようになって2年近く、今はとりあえず小康状態を保っているという状況です。

 その一方、うちのすぐ横にある児童公園から発生するガキの絶叫、奇声は、ここ数年エスカレートするばかりです。
 これが本当にひどくて、先ほども「キエーーーーー! キエーーーーーーーーー! ギエエエエーーーーーーーーー!」という、通り魔にでも襲われたか! と思うような金切り声が聞こえてきたので、ベランダに出て公園を見ると、小学校低学年と中学年の女児が3人、自転車を乗り回しているところでした。

 えー、このガキどもは、ただ自転車に乗って、公園の中をぐるぐる回っているだけです。ジャック・ザ・リッパーや津山30人殺しの犯人(←八つ墓村のモデル)に襲われているわけでもなんでもありません。ちょっとテンションが上がって声が大きくなる、という程度ならともかく、普通に自転車に乗っているだけで「キエーーーーー! キエーーーーーーーーー! ギエエエエーーーーーーーーー!」と、あたり一面切り裂くほどの金切り声を張り上げるって、いったいなんなんだろう。
 この、耳をつんざく奇声が響いたところでプツンとキレて、家の窓をすべて閉め切りエアコンのスイッチを入れてしまいました。

 こういうガキの奇声がどんなに凄まじいかを、文字や言葉で表現するのがどれだけ難しいか、同じことで悩まされている人は誰もが感じていると思います。だからこんな書き方をしても、ガキの奇声に悩まされていない人や、「子供が大声で遊ぶのは当たり前じゃない!」などと思い込んでいる人に、この辛さが伝わるとは思いません。でも、わかる人にはわかるはずです。
 うちの現在の状況では、壁にボールをぶつけるとか、スケボーとか、そういう音はほとんどしない(しても窓を閉めていればなんとかしのげる)のですが、とにかくこの「奇声、絶叫」が耐え難いのです。

 うちの横にある猫の額ほどの広さの児童公園に集まるガキどもが、全部で何人、何グループくらいになるのかはわかりません。「うるさいなあ」と思って見ると大抵は10人前後いて、サッカーボールを蹴ったり、ブランコなどの遊具で遊んだり、自転車を乗り回したりしながら、のども裂けよとばかりに叫び続けているのですが、観察していて一つ気づいたことがあります。それは「男児と女児が一緒に遊ぶと奇声、絶叫がエスカレートする」です。

 ただ自転車に乗ったり、ボールを蹴ったり、ブランコで遊んだりしているだけなのに、男児と女児が一緒だと男児は「ウオーーーー! ウオーーーーー! ウォ、ウォ、ウォ、ウォ、グァオーーーーーーーー! グゥアオゥオゥオゥオーーーーーーー!」、女児は「キエーーーーー! キエーーーーーーーーー! ギョエー、ギョエー、キキキキキギエエエエーーーーーーーーー!」と、絶え間なく絶叫し続けますね。これが男児だけ、女児だけだと、同じ遊びをしていても絶叫、奇声はここまでひどくなりません。

 ま、これは彼ら、彼女らなりの「異性アピール」なんでしょうね。

 私みたいなおっさんに言わせれば、小学生、特に中学年にもなって男児と女児が一緒に遊ぶなんて信じられなくて、「女なんかと遊べるかよ!」「男子なんてイヤ!」となるのが普通だと思うのですが、最近は男児と女児が一緒に遊ぶ時代なんですかね。

 別にそのことをおかしいとか、「お前ら、一緒だとうるさいから別々に遊べ」なんて言うつもりはありません。
 それに前のエントリーにも書いたことがありますが、公園で子供が遊ぶのは仕方がないし、子供の声を「何デシベル以上出してはいけない」なんて規制するわけにもいきません。「ボール遊び禁止」となっている公園でサッカーをしていたら、どんな手段をとってでもやめさせますが、私の家の横の公園は残念ながら禁止されていないので、そのことをどうこう言うつもりもありません。しょうがないですね。

 でも、なんだろうなあ。私は幼稚園児か小学校低学年くらいならともかく、小学校中学年にもなって男児と女児が一緒に遊んでいることに、何か違和感を覚えてしまいます。別にそれがいけないことだと断定するつもりはないし、とにかく「違和感」としか言いようがないのですが、なんかおかしいんだよなあ。
 これくらいの年齢から一度男子と女子が別々の世界に入って、そして思春期を迎えたらお互いを意識しあうようになる――それが自然で、いつまでも男児と女児が一緒に遊んでいるのはおかしいだろう、と決めつけるつもりはないのですが、なんなんだろうこの違和感は。

 絶叫、奇声にケチつけたいから、男児と女児が一緒に遊ぶことにまでいちいち文句を言うんだろう、と思われてもしょうがないのですが、違和感を覚えてしまうのは事実なので仕方ありません。どうして「なんかヘンだな」と感じてしまうのか、それはこれからも考え続けるでしょう。
 どうせ毎日毎日、奇声に悩まされ続けているんだから、嫌でも考えてしまいますよ。エアコンなんかつけたって、所詮、気休めにしかなりませんし。
 あー、うっせ。

カテゴリ:子供・学校・保育園
あまりにも凄まじい「道路遊び」の被害
 最近、仕事の合間に、ガキの「道路遊び」被害について書かれたブログを探して読んでいます。

 私はこのブログに何度か書いているとおり、家の前の路上で騒ぐガキどもの奇声や、ボールの音などに悩み続けています。それを解決するため、少しでも役立つ情報はないかと探していたのですが、いやあ、甘かった。世の中にはあまりにもひどい道路遊びのせいで、生活を破壊されたり死にそうな目に合ったりしている人たちが、こんなにたくさんいたとは……。

 今、それらのブログを見ずに思い出せる範囲で書くだけでも、その被害の凄まじさに驚いてしまいます。

 ・朝から晩まで30人、40人ものガキどもとその親が、路上でギャーギャーギャーギャー騒ぎまくる。朝は8時頃から始まり、夜10時くらいまで続くのは当たり前。

 ・ガキが遊びながら奇声を発するのはもちろん、路上でサッカー、バスケ、野球などをするのは日常。ボールが壁に当たるわ、他人の家の敷地に入り込んだら勝手に侵入して取りに来わ、そのとき、ガキが平気で窓から家の中をのぞき込んでくるわ、もう無茶苦茶。

 ・ボール以外にもプラカーやスケボーなど、ゴロゴロゴロゴロ耳障りな音を出す遊びのオンパレード。

 ・ガキどもが道幅いっぱいに、マグロのように寝転がって遊ぶ。女児がパンツを平気で見せている。そこに車が通りかかっても避けようとしない。夜の場合、わざわざ懐中電灯を持って遊び、その光をドライバーに当てギャーギャー叫びながら喜ぶ。

 ・夏になれば、夜遅くまで路上バーベキューや打ち上げ花火。

 ・これらの行為を「迷惑です」と注意しても、親もガキも聞く耳を持たない。逆に注意した家の敷地にごみを投げ込んだり、BB弾を撃ち込んだり嫌がらせばかりしてくる。

 などなどなど。凄いなあ……。

 幸いにもうちの周囲は、家の前の路上に集まるガキどもが何組かいるとはいえ、現れる日と現れない日があります。また、全員が小学生だから平日の午後までは平穏です。
 路上にたむろされる場合も、一度に現れるのは多くて7~8人くらい。30人、40人(!)ものガキとその親が一度に集結して騒ぐなんて、想像するだけで吐き気がします。

 以前、私は家の前で騒ぐ一組の男児どもに、「君たちはなぜ、すぐそこの公園に行かずここで遊ぶんだ」と聞いたことがあるのですが、返事は「だって! お母さんが道路から出ちゃいけないって言うんだよ!」でした。あのなあ、普通は逆やろ!
 しかも、そう言ったガキどものグループは、上は小学4年生から下は1年まで7人くらいの混成部隊なのです。徒歩5分の学校に毎日通っていて、さらに4年生までいるというのに、徒歩2分の公園に行かせず路上で遊べと命令する親も、そんな命令に従うガキも、どちらもちょっとおかしいんじゃないのか? 私はもう、わけがわからなくなったものです。

 おかしいのは女児も同じです。ある日、路上でバドミントンをする5年生くらいのグループがいました。バドミントン自体は大きな音はしませんが、女児特有の「キー!キー!」という、猿のような甲高い奇声が響き渡るので、たまらず私は注意に行きました。
 「君たち、路上でバドミントンをしちゃ駄目。公園に行ってやりなさい」。そう声をかけたのですが、なんとやはり7~8人くらいいた女児は、誰一人返事をしません。ある女児はニヤニヤ笑い、別の女児は「キャー!」などと言いながら体をくねらせ、また別の女児は私のことを「この世にここまで憎い相手はいない。ぶっ殺してえ!」とでも言いたげな目で睨みつけてきたり、唖然とする反応ばかり。「ちゃんと聞こえたのかな?」と何度も繰り返して、ようやく投げやりな「はーい」が聞こえてきただけでした。

 いったいぜんたい、何がどうなっとるの?

 道路遊びについて書かれたブログを読んでいると、このような被害は比較的新興住宅地に多いようですが、それは私の実感とも合致します。家の近くにある新興住宅地をたまに通りかかると、路上でキーキー叫びまくっているガキどもや、そんな光景を微笑ましそうに見ているのんきな親の多いこと多いこと。
 でも、率直に言えば、そんな生活環境を自ら作り出し、好きで暮らしているのが新興住宅地の住人なんだから、私はずっと「こういうところに住んでいる人たちは、鈍感でいいなー」と思っていました。その中でも道路遊びの騒音やガキの乱暴狼藉に我慢できず、苦しんでいる人たちがたくさんいることを初めて知って、驚いているところです。

 結局、いくつものブログやホームページを読みあさっても、ガキの道路遊びをやめさせる決定的な方法はないようです。大人でも子供でも、やたらと道路にたむろする連中を「道路族」というようですが、これを撃退するのは本当に難しい。そのときどきの状況に応じて、できる対策をできる限りとってみるしかないのが実情のようです。それは他の騒音被害と変わりありません。

 ただ、これは別の機会にあらためて書きたいと思っているのですが、ガキ騒音については「社会全体で、もっと子供を叱りましょうよ」と言いたい。
 学校も、家庭も「子供は弱者なのよ!」「子供たちは社会の宝物だ!」などと言って甘やかすだけでなく、悪いことをしたガキや、人に迷惑をかけたガキはきちんと叱りましょう。もちろん理由のない体罰や虐待はもってのほかですが、少しでも叱ると「子供の人権をどう考えてるんだ!」などと言ってくるような社会は、逆の意味でちょっと行き過ぎですよ。そのおかしさを私は路上だけでなく、最近は図書館やスーパーなどでも嫌と言うほど味わわされています。

 だいたいやねー、防災無線から「子供たちを見守りましょう」などという、甘ったるさに背筋が寒くなるような放送が、さも「いいこと」のように流れてくる社会というのがおかしいのです。子供というのはただ「見守る」だけでなく、「叱ったり、褒めたり、なだめすかしたり」しながら育てるものでしょう。叱りもせず怒りもせず、ただ「優しく見守る」だけでまともに育つわけがありません。
 最悪なのは、防災無線からわざわざ子供に「私たちを、見守ってください」と言わせることです。こんな放送で子供たちに「自分たちは絶対的に保護されるべき弱者で、大人は子供に悪いことをしてくるチョー悪い奴ら。おれ(わたし)をちょっとでも叱ったり、指1本でも触れたりしたら、ただじゃ済まさないからね!」などという妙な優越感や反抗心や恐怖心を植え付けてどうするの? 未熟なガキがただ図に乗るだけでしょうよ? という話です。

 できれば、道路遊びやおガキ様どもの乱行に苦しめられている人たちも、このような防災無線放送のバカバカしさに気づいて欲しい。「元気に遊ぶ子供の声がうるさいなんて!」という世の中の自分勝手な「常識」に「それは違うぞ」と必死に抵抗している人たちなら、防災無線をはじめとする建前だらけ、おせっかいだらけの押しつけスピーカー騒音のおかしさもわかってくれるはず。
 「最近の子供の教育は、どうなっているの」と思っている人も多いようですが、これはもう「あの学校が」とか「あの家庭は」とか、そんなレベルの問題ではないのです。

 道路遊び被害について書かれたブログは、一つひとつリンクしません。「道路遊び 迷惑」などで検索すると、いくらでも出てきます。
 その代わりに、道路遊びをやめて欲しいと主張しているポータルサイト?へのリンクだけ張っておきます。

 住宅地の道路で遊ぶのはやめましょう!

 道路遊び反対同盟(下のバナー)
 道路遊び反対同盟.gif

カテゴリ:子供・学校・保育園
おガキ様は路上で「ギャー!」、ビンを「ガチャーン!」
 また、いやーな季節がやってきてしまいました。といっても花粉症のことではありません(私は花粉症にはなっていないので)。これからいよいよ本格化するおガキ様たちの騒音のことです。

 私の家の周囲のガキ騒音は、大別すると、
 ・近くにある児童公園からの騒音
 ・家の目の前の道路からの騒音
 の二つです。

 このうち、児童公園からの騒音については、「近くに公園がある。公園がある以上、子供たちが遊びに来る。遊びに来る以上、ある程度うるさいのは仕方がない」とは思っています。現実は「ある程度」を遙かに超えた、とても耐え難い奇声や絶叫が毎日、何時間も続くのですが、「子供は何デシベル以上の声を出してはいけない」などと規制することはできないのだから、それは我慢するしかないと思っています。

 ただ、「うるさい」の元になるのは「声」だけではありません。うちの近くの公園の場合、数年前に整備され、それまでコンクリート製だったすべり台をステンレス製にされてしまったせいで、新たに発生するようになった騒音というのがあります。ガキどもがすべり台からわざと走り下りたり上ったり、すべる部分にボールをぶつけたり、棒で力一杯叩いたりするので、そのたびに「バン! バン! バン!」と、ステンレスがとてつもなく耳障りな音を出すのです。
 ガキどもは、明らかにその「音」を楽しむために、すべり台本来の使い方から逸脱した遊び方をしています。こんな騒音は、すべり台がステンレスにならず、コンクリート製のままなら発生しなかった騒音なのです。

 この問題については公園の管理者と話をしましたが、今さらすべり台をコンクリート製に戻す予算はない、ということで何も解決しませんでした。小さな児童公園なので管理者が毎日見回りに来たり、常駐したりして「すべり台にボールをぶつけてはいけないよ」と子供に注意するわけにもいきません。結局、抜本的な解決策は見当たりません。
 まあ、そんなことは予想済みだったので別に落胆もしませんでしたが、「ガキの騒音」は声がうるさいとか、ボールの音が響くなどということのほかにも、そういう意外な理由で、さまざまな騒音が発生するものなのだということです。そのことを「元気一杯遊ぶ子供の声がうるさいなんて!」「子供たちを社会から排除するな!」などと、正義感たっぷりに叫んで気持ちよくなっている人たちにも、少しは理解してもらいたいものです。
 頼むから「そのケースはどうなのか」と、状況に応じてものを考えるということをしてもらえないかなあ。

 で、私にとってより深刻な問題は、うちの目の前の道路で遊ぶガキどもの騒音です。そこは住宅地の中の道路で、特に交通量が多いわけではありませんが、それでも車やバイク、自転車、もちろん歩行者が使うための生活道路です。その道路を根城にして騒ぐガキどもが、2年ほど前から絶え間なく居着くようになってしまったのです。
 始末に負えないのは、あるグループがここを根城にして、半年後、1年後に飽きたり、行動範囲が広がったりして見かけなくなったとしても、入れ替わるようにすぐ別のグループが「ここであそぼーぜ!」とばかりたまり場にして、奇声を発したり、ボール遊びを始めたりすることです。これじゃキリがありません。

 公園で遊ぶガキがうるさい、というのは公園である以上ある程度は我慢するしかない。でも、道路はそもそも子供が遊ぶための場所じゃないのだから、これはなんとかしてやめさせたい。やめさせたいが、いくら「ここは遊ぶところじゃないよ。公園に行きなさい」と注意しても、注意しても、注意しても、今のクソガキどもの生意気さというのはちょっと度が過ぎていて、まともな返事が返ってくることはまずありません。そのときはふくれっ面をしながらいなくなったとしても、翌日には何事もなかったかのように現れるだけなのです。

 家の前数メートルの場所で、何人ものガキが集団で騒ぐというのは、こういうことです。

 ガキの奇声.mp3

 録音した音声では、初めのうちはそれほどひどくありませんが、だんだん声が大きくなっていって耳障りな絶叫に変わります。ボールをドリブルする音も加わります。2分40秒ほどのところで「ガチャーン!」という音が聞こえますが、これはゴミ置き場に出されていたビンにボールが当たり、割れてしまった音なのです。
 こんな乱暴狼藉をしているのに、このガキどもは悪びれもせずそのまま遊び続けます。

 道路を遊び場にされるというのは、こういうキチガイじみた騒ぎが目の前で延々続くということなのです。しかも冬場なら5時過ぎには暗くなるのでだいたい静かになりますが、春から秋にかけては7時過ぎまでこんな騒ぎが続くのは当たり前。すでに先日、もう真っ暗だというのに、うちの周囲は夜7時までキーキーギャーギャー、まるで動物園のような奇声が響き渡りました。

 まあ、小学校に相談に行くとか、まだ打てる手はなくもないので、これからも少しでもまともに暮らし、まともに仕事ができる環境を目指してやれることはやろうと思いますが、今日もいつの間にか放課後の動物園タイムがやってきてしまいました。いったいどんな野性の叫びが轟くのか、心が安まることはありません……。

カテゴリ:子供・学校・保育園
「お前も子どもの頃はうるさかった」と言われてもね
今(夕方の4時半)、相変わらずうちの周囲は小学校低学年と中学年くらいのガキの奇声が、キーキーギャーギャー響き渡っています。
こういった奇声が始まる時間は日によって変わりますが、平日の場合はだいたい3時40分頃から。低学年が学校から早く帰宅する日の場合は2時前後から、うちの周囲は「ここは動物園か」としか言いようのない、「野性の叫び」がとどろく一帯に成り果ててしまいます。
日が短くなったこともあり、今の季節は5時半頃まで我慢すればなんとか収まりますが、夏場はそれが7時頃まで続くのです。地獄です。

それにしても考え込んでしまうのは、こういう子どもたちが発する叫び声の異様さです。

「キエー!キエー!」「フギョウゲェェェ!」「ウギャー!ウギャー」「ギョエーー!」など、完全に裏返った声で、まるで首を絞められているんじゃないか、殺される前の断末魔なんじゃないかと思ってしまうような鬼気迫る叫び声を、いつまでも上げ続けています。
それが何かの遊び(鬼ごっことか、かくれんぼとか)をしていて、興奮するからつい出てしまう声だというならまだわかるのですが、どうやら観察しているとそうでもない。とにかく、ひたすら走り回りながら(あるいは向かい合って、まるで奇声合戦でもするかのように)「ウゴォーーー!ウギャォーーー!」と叫び続けていたり、ただブランコに乗っているだけなのに「キイイイイイー!キイイイイイー!」と奇声を発し続けていたりして、なんというかやはりちょっと異様なのです。
おそらくアニメかゲームの真似なのだろうと思いますが、突然、体を硬直させて「ダーン!ドギャーン!ズギャーン!バウウウウ!グエエエエエ!」などと大声で叫びながら何かのポーズをとり、その繰り返しを延々1時間以上続けていることもしょっちゅうです。

自分の目の前にいる相手と話すのに尋常ではない大声で叫んだり、逆に100メートルも先にいる相手に何かを言うとき、駆け寄って話せばいいのにその場を動かず、とんでもない絶叫を張り上げて会話をしたり……もう、やることが無茶苦茶。
付け加えれば、鉄製のごみ収集箱に上がってダンダンダンダン踏み鳴らしたり、立ち入り禁止の芝生の中を走り回ったり、さらにその「立ち入り禁止」と書かれた看板を引っこ抜こうとしたり……。

こういうふうに「子どもがうるさい」と言うと、必ず出てくるのが「お前だって子どもの頃、うるさかったはずなんだから文句を言うな」という声です。
確かに、自分が子どもだった頃、どんなふうに「うるさかったか」を覚えている人はいないでしょう。「お前だって、あんなふうにうるさかったはず」と言われればそうかもしれません。特に私などは、とっくにアニメ世代、あるいはゲーム世代などと言われる子どもだったのだから、今の子どもと同じような「異様な奇声」を上げ続けていたかもしれません。

でも、「お前も同じだったんだ」と言われても「だから、何?」と言うしかありません。「昔も同じだったんだから、今の状況に文句を言うな」という屁理屈に、どんな有効性があるんでしょうか。「それを言っちゃあ、おしめえよ」と返すしかありません。
「昔からこうだったんだ」が有効だと言うなら、昔のことをなんでも肯定すればいいのでしょうか。それなら極論すれば原発だって使っていいし、戦争だってすればいいし、身分制度を復活させたっていいし、何をしたっていいじゃないかということになってしまいます。それでいいんですかねえ(だから私は、その時代の負の側面をまったく見ようともしない「昭和ブーム」なんてものが大嫌いです)。

さらにおかしいのは、「昔も今も子どもはうるさいのが当たり前。元気に遊んでいる子どもに文句を言うな!」という言い方がのさばる一方で、「最近は、犯罪が低年齢化している。子どもの犯罪が増えた怖い世の中だ! 今の子どもは何を考えているかわからない!」などと言う人がいることです。「昔も今も子どもは同じ」と「昔と今で子どもは変わった」。こういう完全に矛盾することを、同じ口から発して平気な顔をしている人が、どれほどたくさんいることか。

私自身は、「昔と比べて今の子どもが大きく変わった」とは思っていません。一時期「ゲーム脳」などという本がベストセラーになったようで、私はこの本は読んでいないのでただの印象批評ですが、たかが10年、20年程度のスパンで人間の「脳」が何かに影響されて、人の性質そのものを大きく変えてしまうなどあり得ないということは、医学の素人でもわかります。

ただ、人間の脳や性質そのものは変わらないとしても、子どもが生きている「状況」や「生活環境」などが、時代とともに変化するのは当然のこと。その影響で「子どもたちの態度や、それが周囲に及ぼす影響」も変化して、「昔はこれでよかったけど、今はちょっと考えたほうがいいよね」という「問題」が生まれるのも当然のことでしょう。社会というものは、そういう問題に対し一つひとつ真剣に取り組むことで、「少しずつでも進歩していこう」とするものじゃなかったのかな?

子どもの騒音について、あえて「昔」と「今」を比較して言うのであれば、私は以前と比べこんな「変化」があって、それによる騒音の深刻化という「問題」が生まれているのではないかと思っています。

・今の子どもは体格がよくなって、同じ年齢でも昔の子どもと比べ、ただでさえ声がでかくなっている。それで昔と同じように叫ばれたら、周囲はたまったものじゃない。

・昔は子どもでも放課後、家の手伝いをしたり、買い物に行ったりしていたが、今はそんなことをする子ども(させる親)が少なくなった。そのぶん、放課後になると野放図に遊び回る子どもが増えて、住宅地がよけいにうるさくなった。

・オートロックのマンションなど、「他人を絶対によせつけるものか」と過剰にセキュリティを強化した住宅が増えた。こういう建物の中では遊べないので、必然的に公園やちょっとした空き地、車が少ない路上などに子どもが集中して、その周辺は飛び抜けてうるさくなってしまった(マンションの住人は、そういう周囲の苦しみのおかげで静かに暮らせているくせに、その恩恵に何も気づいていない)。

・「ゲーム脳」などと非科学的なことは言わないけれど、確かに子どもの「奇声」や「絶叫」に、ゲームやアニメなどの影響はある(どんなものでも、なんらかの「影響」を与えるのは当たり前のことです)。あまりにも「キエー!キエー!」などと、明らかにゲームかアニメあたりの影響を受け、耳障りな奇声を発している子どもの親は、もう少しその声が周囲に与える影響をよく観察したり、迷惑さを理解したりしてほしいのに、何も気づいてない(気づこうとしない)ようにしか思えない。

・昔だって「うるさい」のが嫌いな大人は大勢いて、そういう大人は子どもを「うるさい!」と怒鳴ることができたのに、今は少しでも大人が子どもに向かって何か言おうものなら「不審者だ!」「犯罪者だ!」「子どもの権利の侵害だ!」などと後ろ指を指されかねないので、何も言えなくなってしまった(私自身、中学生の頃に友人と立ち話をしていたら、目の前の家から顔を出したおっさんに「うるさい!」と怒鳴られたことがあります。それなのに、今、私が受けている子どもの被害に対しては、直接、行動をして「怪しい奴だ!」などと言われるとたまったものじゃないので、張り紙をするなど湾曲的な対応しかできません。まあ、それでもできる限りのことをしている最中で、数カ月前と比べれば騒音も少しましになったのですが)。

まだまだあるのですが、「問題」の羅列はこのへんにします。

私は別に社会学者でもなんでもないので、これらは別にデータに基づいて導き出した問題や課題というわけではありません。あくまでも私自身が、子どもの騒音被害から受けている立場で実感した「印象」でしかありません。
きちんと調査をすれば、例えば「『子どもが手伝いをしなくなった』のは確かだが、そのぶん、小さい頃から塾通いをする子どもが増えたから、むしろ放課後、外で遊ぶ子どもは少なくなっている。つまり、それが原因で『子どもがうるさくなった』ということはない」――という結論が出る可能性だって、十分にあると思います。
それならそれで、「『子どもがうるさい』という声が増えたようだが、その原因はなんなのか。対策はあるのか」と検討する課題の中からこの問いを排除した上で、さらに突き詰めて検証したり、具体的な対策を考えていったりすればいいことでしょう。

それなのに、教育だの子育てだのに関わっている「行政」や「学者」「先生」「専門家」といった連中は、子どもの騒音に悩み、苦しんでいる人の声を聞き、「それについて、自分たちができることはないだろうか」と真剣に調査をしたり、考えたりして、こういう問題を解決するための糸口を見つけようとはしません。
彼らが口にするのは、この1年くらい前の新聞の記事で「NPO法人フローレンス」の駒崎弘樹という人物が言っているような「極論」と「感情論」ばかりです。何も手につかないほど子どもの騒音に悩み、疲れ果てている人に向かって、「寛容になれ」という「不寛容さ」を押しつけてくるだけです。

子どもの騒音記事.jpg

彼らが本当に「様々な人が存在する『公共』空間には、共存する義務がある」と考えるのであれば、「子どもの声がうるさいからと『学校を閉鎖したり』『子を電車に乗せてはいけない』というルールを作っていけない」などと極論を持ち出して、さも「子どもがうるさいなどと言う奴は、こんなとんでもない要求をしてくる異常者なんですよー」とアピールしたり、「(子どもがうるさいという流れに)歯止めをかけなければ」などと、いかにも情緒的なだけの発言に逃げたりしないでほしい。
具体的な問題や課題から目を背けるのではなく、「専門家」と称するのならしっかりとした調査や研究の一つもして、本当の意味で「様々な人が共存できる社会」を目指してほしい。そう言えるだけの「義務」をきちんと果たしてみてほしいものです(それにしても露骨な誘導記事ですね、朝日新聞の山内浩治記者さん!)。

――――――

そういえば先日、家の近所を歩いていると「ウォー!ウォー!ワオーーーー!」という、何十人もの男の野太い叫び声が聞こえてきたので驚きました。いったいなんなんだと思いながら見ると、近くの中学校の野球部員たちが、数百メートル離れた大きな公園に行く途中だったようです。

なんなんだろうなあ。ただ「歩いているだけ」なのに、どうして彼らは絶叫しなければ気が済まないのだろう……。

野球部の生徒が、例えばノックを受けながら「もう一丁!」などと叫ぶのは、まあわかります。あるいは練習で走っているときに、「イチニ!イチニ!」などと号令をかけるも、なんとか理解します(私自身は、そういう日本的な体育会系のあり方が大嫌いですけれども)。

でも、この例のように「ただ歩いているだけ」なのに、住宅地のど真ん中で絶叫し続ける必要がどこにあるのでしょうか。しかもこれは引率している顧問の先生が自ら「ウォー!ウォー!ワオーーーー!」と大声を上げ、生徒たちがそれに合わせて「行軍」しながらひたすら叫び続けていたのです。
もう、わけがわからない(笑)。

結局、こういうふうに場所柄すらわきまえず、意味もなく子どもに「行軍」や軍隊調の絶叫をさせてよしとする教育のあり方というものを根本から見直さない限り、日本の「絶叫文化」というものは、いつまででも続くんでしょう。こういう文化がなくなる日が来るとは、到底思えないところが悲しいです。

カテゴリ:子供・学校・保育園
TOP PAGE

<<次のページ 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  子供・学校・保育園

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。