スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
「AMENITY」30号の感想その1
「AMENITY」30号をさっそく読んだので、その感想です。

●「銀座街づくり会議の担当者に聞きました」
千代田区職員の「騒音防止条例は現状にあっていないので、そのうち変えます」という発言に一番驚きました。役人であるにもかかわらず遵法精神のかけらもない、公害をなくそうという意識のかけらもない職員たちを、税金で養ってやる必要などないでしょう。
大型ビジョンは、都心はもちろん郊外の町にもどんどん増えつつあります。先日は西武池袋線ひばりヶ丘駅という、どうということもない郊外の駅前のロータリーにも出現しました。
大型ビジョンは、その町のランドマークとなるような商業施設か、それがない町ではパチンコ屋が設置するケースが多いようです。郊外の大型ビジョンは音を鳴らさない、あるいは鳴らしても比較的小さな音量である場合も多いようなので、騒音という意味では都心よりましな気がしますが、それでもチカチカした点滅を繰り返すだけで十分に迷惑。いつ、大音量の音が鳴らされるようになるかも、わかったものじゃありません。
なお、街頭で「悔い改めよ」と放送する迷惑なキリスト教徒連中の正体は、「聖書配布協力会」らしいです。
http://www.bdljapan.com/

「心の無いあいさつは騒音」
ブックオフが「やまびこ挨拶」をしているのは、「カタチだけ」でもおもてなしのためというわけでなく、万引き防止のためです。つまり、客を全員万引き犯予備軍扱いしているのです。これは「ブックオフの真実 坂本孝ブックオフ社長、語る」という本で、ブックオフの創業社長自らが明言しています。
この「やまびこ挨拶」やしつこい「人間自動ドア挨拶」は、今ではスーパーやコンビニなど、さまざまな業態で取り入れられています。これはつまり、こうした店は客を全員万引き犯予備軍と見て、常に「万引きするなよ、万引きするなよ、お前らのことは見張ってるんだからな!」と脅しをかけているということになります。
「絆をつくろう! 人と人との信頼が大切!」などとかけ声だけはご立派な日本の社会ですが、これは「人を見たら犯罪者と思え!」という濁った意識の裏返しに過ぎないのでしょう。

●「徳行という義のもとの騒音」
●「私が日本を去った理由」
うらやましいです。私も海外に移住できるだけの仕事のスキルや財力、語学力などがあれば、さっさとこんな国から出て行きたいです。

「発車メロディーとかいう騒音を撒き散らしているJR東日本」
「音楽性のあるメロディーを発車ベルの代わりに使うといった野蛮なことは、やめていただきたい」
この発言につきると思います。

●「駅ホームのBGM騒音 その意外な理由」
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
にも書いたとおり、「自殺防止」を名目に、駅のホームで強制的にBGMを聞かせる行為は、東急以外の路線でも広まっているようです。
心療内科医の牧野真理子、BGMを提供する会社、そしてもちろん、こんなバカバカしい企画をする鉄道会社。こういう連中は金儲けのためになら、「駅で聞きたくもない音楽を無理やり聞かされるのを苦痛に思う」人間のことなど、どうでもいいのでしょう。
こうした押し付け音楽の苦痛のせいで、かえって駅で自殺者が増える、あるいはこんなものを流してもまったく防止する効果がなかったということになる可能性は、大いにあると思います。そのとき、こういう連中がどんな言い訳をするか見ものです(たぶん、「経済状態の悪化のせい」「日本社会の閉塞感のせい」などと他の点に責任をなすりつけ、「もっともっと音楽でやすらぎを!」と押しつける強制BGMが過剰になっていくのでしょう)。
アドカーについても同様のひどいありさま。一年以上前に規制についての話題を読んだことがありますが、それきりなんら進展があったという報道を見かけません。明らかに「暴騒音」であるにもかかわらず、アドカーについてなんの手立ても打とうとしない役人の存在って、なんなのだろうと思います。

●「視覚障害者にとって必要な音環境とは」
最も驚いたのは、国土交通省の「駅の階段で流す音は鳥の鳴き声を推奨する」という指針です。
人工的な鳥の鳴き声を無理やり聞かされてもなんともない、それどころか「癒されるぅ~」などと言って喜んでいる日本人。「日本人は繊細な自然観を持っている」といったセルフイメージがいかにおかしなものか、それだけでよくわかります。
関連記事


カテゴリ:「静かな街を考える会」について
TOP PAGE

 <<(次)「AMENITY」30号の感想その2

保育園の騒音に苦慮?(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  「静かな街を考える会」について >  「AMENITY」30号の感想その1

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。