スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
「中央フラワー」絶叫呼び込みへの苦情その2
中央フラワーの絶叫呼び込み。
苦情を言った結果、4~5人ほどの店員が絶え間なく叫び続けているという状況から、1~2人の店員が少し声量を落として呼び込みをするようになった。
一度はその程度の変化があったのですが、結局は何も変わりません。今日、通りがかったところ、また以前と同じ状況に戻っていました。
駅の入口が、耳をつんざく阿鼻叫喚の絶叫地獄と化しています。

「元気」=「大声!」「絶叫!」「叫ぶこと!」
こんな考えしか持てない子どもに、「大人になってくれ」と言っても無駄だったようです。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)なぜ、どうして「大声」=「元気」?

丸ノ内線の騒音にブチ切れ寸前(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  店・施設・商店街 >  「中央フラワー」絶叫呼び込みへの苦情その2

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。