なぜ、どうして「大声」=「元気」?
「大声」=「元気」というわけのわからない考え方は、別のエントリーに書いた「中央フラワー」のような小売店や企業だけでなく、日本の社会そのものに深く根付いている信仰のようなものですから、今さらそこから「解脱」させるのは無理かもしれません。
現に中央フラワーの社員いわく、「大声を出さないでいると、お客様から『今日は元気がないね』などと言われることもある」のだそうです。また、これまでに私のように「呼び込みがうるさい」という苦情を言った人間がいるかどうかを聞いたところ、「何人かはいらっしゃったかもしれませんが……」と、ほとんどいないに等しいのが現実のようでした。

そんなふうに「大声を出したい人」と「大声を聞かされてうれしい人(聞かされてもなんとも思わない人、迷惑だと思っていても苦情一つ言わない人)」との間で、騒音社会を成り立たせる共犯関係が完全にできあがってしまっているのですから始末におえません。
ネットのある掲示板で、私がよく利用するスーパーの中では、比較的店内が静かで買い物がしやすい店について、「活気がなくてさみしいです!」などと意見している書き込みを見たことがあるのですが、それが「大声(騒音)」=「元気」というバカげた、子供じみた考え方の典型例だと思います。

さらにいえば、中央フラワーの「大声を張り上げているのは、店が元気であることを、お客様に知っていただくため」という返事もおためごかしでしかないのは明らかで、要は「大声で客を呼び込み、『売り上げを伸ばすため』にやっているのです」という本音をハッキリ言えばいいのにそう言おうとはしない。
まあ、そんな例は「地球環境を守るためにレジ袋の削減を」などと、建前だけのアホらしいことばかり言っているスーパー(そしてその建前を信用している消費者)をはじめ枚挙にいとまがないので、今さらどうのこうの言ってもしょうがないことなのですが。

この中央フラワーだけでなく、西武線の駅では「銀座コージーコーナー(ケーキ)」「道頓堀くくる(たこ焼き)」「神戸屋(パン屋)」などの呼び込みが、やかましくてしょうがありません(まあ、それでも他の鉄道会社に比べればマシかもしれませんが)。
ここ数カ月、これらの騒音について店舗や駅、西武鉄道のお客様相談室、あるいは今回のように本社に直接電話をしたりして苦情を言い続けているのですが、結果としてはいずれも「前よりほんの少しマシになった」程度で、目立った変化はありません。
中央フラワーの社員も「店舗を視察して、大声がひどいようなら考慮します」と言ってましたが、その「考慮」した結果が「多少マシになった程度」なのですからむなしいものです。

中央フラワーのホームページには、代表取締役の言葉として「お客様が買いやすい花屋・お客様に優しい花屋を目指しています。」などと書いてあるのですが、そもそも「買いやすい」だの「優しい」だのというのは、具体的に何を意味しているんでしょうか。
駅を歩く通行人に無差別に、強制的に絶叫呼び込みを聞かせて聴覚を攻撃することが「優しい」というのなら、それはそれはユニークな考え方だなあと思いますが、そんな考えを私はたとえこれから1000年生きても理解できそうにありません。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)ドトールコーヒー八重洲仲通り店の驚き

「中央フラワー」絶叫呼び込みへの苦情その2(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  店・施設・商店街 >  なぜ、どうして「大声」=「元気」?

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad