静かなのにがっかりしたファミレス
たまたま今日、初めて入った和食系のマイナーなファミレスが、BGMを流していませんでした。完全に無音です。
驚いて店員に「いつも流してないんですか」と聞いたところ、「たまたま機械が故障しているだけで、いつもは流してます」と返事をされてがっかり。

まあ、それでも雰囲気としてはわりと落ち着いた店だったので、今後、利用できるかもしれないと思っていたのですが、やはり来た!

「ご注文を繰り返させていただきます! ●●をお一つと●●をお一つ、以上でよろしかったでしょうか?」
「お待たせいたしました、●●をお一つと●●をお一つ、ご注文は以上でおそろいでしょうか?」

のセリフ。この時点でがっかりです。

この二つのセリフに関連する単語でいろいろ検索してみたのですが、どちらも「文法がおかしいだろ」という意味での疑問や苦情は、ネット上にもそこそこあるようですが、文法以前に、そもそも店が客に対して発するべき質問(問いかけ)じゃないだろうという、内容面での疑問は、ほとんどないようですね。
このセリフを、誰もおかしいと思わないのがおかしい、と思うのですが……。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)今度は幸福実現党かよ……

移動販売車撃退の基礎(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  店・施設・商店街 >  静かなのにがっかりしたファミレス

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad