スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
なくなってなかった「イラッシャイマセ!」
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-70.html
で書いたスーパーの「イラッシャイマセ!」「アリガトウゴザイマシタ!」の音声は、結局、なくなってなどいませんでした。
そのスーパーは24時間営業なのですが、夜間に買い物に出かけたところ、相変わらずこの音声が聞こえてきたからです。

そこで、たまたま同じ店員がいたので3度目の確認をしたところ、「防犯の目的もあるので、夜9時から朝6時までは音声を流す」という、店のハッキリした返答を聞くことができました。

防犯というのは、客が入店したことを店員が音で知るため、という意味と考えられるので、
「それなら、流すにしても音声ではなく、ベルの音やチャイム音など、もっとおだやかな音に切り替えることはできないのか。それに入店時に音で知りたいというのはわからないでもないが、退店のときに音を鳴らす必要はないでしょう」
と尋ねてみると、そのあたりは機械の設定を変えることができるのかどうか、店長に聞かないとわからないし、そもそも本社でないと判断できないと思うという話になり、それ以上関わるのももう面倒になってしまったので引き下がりました。

夜間は避け、昼間にこのスーパーを利用するぶんには、けたたましい「イラッシャイマセ!」「アリガトウゴザイマシタ!」のアナウンスは聞かされずにすむ。
このスーパーは「人間自動ドア挨拶」もBGMも不快ですが、それでも、コンビニに毛が生えた程度の小さなスーパーなので、売り場ごとに置かれたスピーカーから押しつけがましいアナウンスが鳴らされ続けているとか、店員が絶え間なく買え買えと絶叫しているとか、エスカレーターから幼稚な注意放送が流されている、ということはないので、まだ他のスーパーに比べれば騒音の状況は比較的まし。
我慢しながら利用することにして、今後はもう黙っていることにしました。
(ただし、もし再び昼間に「イラッシャイマセ!」「アリガトウゴザイマシタ!」の音声を流すようになったら、いったいどうなっているんですか! と、また話をするかもしれませんが)
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)路上ライブなんて迷惑

廃品回収車への110番回数(2012年10月)(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  店・施設・商店街 >  なくなってなかった「イラッシャイマセ!」

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。