消防団は「アホ」ですか?
東京はいま、ちょうど台風が猛威を振るってます。外はとてつもない暴風雨と、それに伴う轟音がうずまいてます。
で、その中をさきほどからずっと、市内を消防車が「カンカンカンカンカン!」とキチガイじみた鐘を鳴らしながら走り回ってます。風雨の轟音より、はるかに大きな騒音を消防団がまき散らしているのです。

「アホ」なんでしょうか、彼らは。
ただカンカンカンカンカンと鐘を鳴らしているだけなので、これは「台風が来たぞ、気をつけろ!」という意味以上のものは、何もないのでしょう。
しかし、これだけすさまじい雨と風が猛威を振るっているのだから、「いま、台風が来ている」というのは誰にでもわかりきっていることです。
「川が増水しそうだから避難しろ」だの「崖が崩れそうだから逃げろ」だのという行政から緊急の命令が出ているのなら、防災無線を使ってでもいいからそのメッセージを具体的に放送すればいいと思いますが(防災無線というのは、そのために設置してあるのですから)、ただ「台風が来た」というすでにわかりきっていることについて、無意味にカンカンカンカンカン鐘を鳴らしたからといって、いったいなんの意味があるんでしょう。
ただ無意味なだけどころか、それでなくても猛烈な雨と風の轟音で不安に思う人も多い中でけたたましい鐘の音などを鳴らせば、さらに過剰な不安をあおるだけにしかならないと思うんですけどね。
あんなものは、ある行為をするときに目的性や合理性を考えず、とにかく「ギャーギャー騒げばいい」「右往左往すれば何かをした気になる」という日本人独特の「バカさ加減」が発揮された典型的な騒音としか思えません。
それに加え、自分たちでは絶対に認めないんでしょうが、消防団の連中というのはきっと、ああした騒音を鳴らして自分たちの存在を誇示することを、まるでカラオケ変わりのように「楽しんでいる」んでしょうね。ただでさえ風雨の轟音がすさまじくうるさいのに、それに加えてやかましい鐘の音などを聞かされることの迷惑についてなど、これっぽっちも考えたことはないんでしょう。
台風なんてどうしたって避けようのない自然現象。今日、関東地方に来ることはあらかじめわかっていたことなのだから、自分に必要な準備は自分でおこなって、あとは静かにやり過ごす以外に何もする必要はないし、できることはないと思うのですが、その状況の中で「カンカンカンカンカン」というやかましい鐘の音を鳴らすことに、いったいどんな意味があるのか、本当に誰か教えて欲しいです。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)Jアラートに苦情を言う住民は国民の敵!?

迷惑行為を続ける日本共産党後援会(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  消防団は「アホ」ですか?

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad