野球もうるさくて見とられんわい
プロ野球。
好きだし、新聞のスポーツ欄で結果は熟読しますが、あの日本独特の「応援団」と称するやかましい連中や、それと一緒になってバカ騒ぎを繰り広げることを恥ずかしいとも思わない「自称野球ファン」、こうした連中がスタンドで幅をきかせている限り、球場に見に行くことは絶対にないでしょう。

以前、東京ドームに日米野球を見に行ったことがあります。日米野球には応援団というものが存在しないので、観客それぞれが自分なりのやり方で応援する生き生きとした声や、グラウンドからありのままに聞こてくる「カキーン!」「パシン!」という球音のすがすがしかったこと。心の底から「野球を見ている」という実感が湧きました。
それに比べて12球団同士の対戦で繰り広げられる、球音の楽しみも何もかも打ち消すキチガイじみた調子外れのラッパの音や、声を揃えた軍隊調絶叫応援のひどさときたら……。

日本の球場は、野球をする場、野球を見る場ではなく、ただの観客によるどんちゃん騒ぎの場、ストレスの発散の場。
応援団が「オレ様たちのラッパを聞け! そして一糸乱れず同じ応援しろ!」というゆがんだ考え方を強制する場であり、それを強制されて「ヘンだな」とも思わない観客のためだけに存在している場なんでしょう。

先日まで行われていたメジャーリーグのワールドシリーズは、時間のあるときに音声を出して見ました。メジャーの球場の「落ち着きながらもにぎやかで活気のある」雰囲気はすばらしい!
それにひきかえ、今、行われている日本シリーズも、ときどきテレビを付けてチェックはしますが、音だけは絶対に出しません。無音で見るだけです。

以前読んだイチローや松井のインタビューで、彼らもそんな日本の野球ファンのあり方、応援の仕方が嫌になったことが一因でメジャーに行くことにした、というようなことを言外に語っている雰囲気を感じたことがありました。
ハッキリ口に出すことはできなくても(口にしたら「自称野球ファン」がたちまち「叩く」でしょう)、現役の日本の選手や野球関係者の中に、あのような応援のあり方を苦々しく思っている人もいるのではないでしょうか。あんなやかましさの中で、とてもまともに「野球」ができるとは思えません。
なんとかしてほしいものです。
関連記事


カテゴリ:プロ野球の応援
TOP PAGE

 <<(次)神戸屋もスタバも大迷惑!

メディアでの苦言より実際に行動を!(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  プロ野球の応援 >  野球もうるさくて見とられんわい

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad