丸ノ内線の騒音にブチ切れ寸前
さきほど、東京メトロにアナウンスについて苦情の電話を入れました。昨日、久しぶりに丸ノ内線に乗って、あまりのうるささにブチ切れる寸前まで追い込まれたからです。

JRも私鉄もうるさいですが、メトロはちょっと飛び抜けてうるさ過ぎます。特に日頃、私がよく乗っている(乗らざるを得ない)東西線はやかましく、私は耳栓をしてさらにその上から耳を手で鬱ぎ、歯を食いしばって耐えながら乗っているのですが、丸ノ内線は駅のホームが小さくて音が反響しやすいのに、東西線よりさらに大音量でアナウンスを流し、しかもほとんど(全部?)の駅でブザーではなくけたたましい発車メロディーを使っていることもあって、やかましさが極端にひどいです。
車内アナウンスも丸ノ内線は東西線より大音量でしつこいですが、どうも車掌のいないワンマン運転の路線ほど車内アナウンスが大音量になる傾向にあるのではないでしょうか。南北線などもそういうイメージがあります。
自分たちで勝手に職員(車掌)を減らしておいて、マイナスになる安全面を確保するため(?)大音量の騒音放送を乗客に押しつけるというのは、どういうつもりなのか。
しかも、実際には大音量で放送をしたからといって安全になるわけでもなんでもなく、ただやかましくて不快な車内になるだけなのですから、やっていることがおかしすぎるのです。

電話に対応した職員は、アナウンスがうるさいという苦情は「多く」いただいていると言ってました。東京メトロに電話をしたり、駅で苦情を言ったりするのは何度目かですが、うるさいという声を「多く」いただいているという返事は初めて聞いたような気がします(本当にそういう人が「多く」いるんでしょうか。いたら返事がほしいです。何もリアクションがないのでまったく実感がわきません)。
が、同時に「もっと放送しろ」という要望も「多く」いただいているので、うるさく、しつこく放送するのはやむを得ないのです――みたいなことを言ってました。

頼むから「もっと放送しろ」などと言うアホは別の車両に隔離して、やかましい「騒音車」と静かな「静穏車」に分けてもらえないですかね。
なんでもかんでも「ご注意」「指示」「命令」をされなければ気が済まないアナウンス大好き人間は、どうぞ「騒音車」に乗って好きなだけ聞いてください。
そうすれば、そんな放送は聞きたくない私のような乗客は、少なくとも車内だけでも静かに過ごすことができます。
関連記事


カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 <<(次)「中央フラワー」絶叫呼び込みへの苦情その2

千代田区の防災無線(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  駅・車内 >  丸ノ内線の騒音にブチ切れ寸前

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad