『AMENITY』35号発行のお知らせ
 いかんいかん。「なぜ人はおっさんになると、耳の穴から毛が生えてくるのか」という難問に悩み続けているうちに、本会の機関誌『AMENITY』35号の告知を1年近くさぼってしまいました。
 『AMENITY』35号は2017年10月発行。購読のお申し込みは会のホームページからどうぞ。購読料は発送1回につき何冊でも1000円。同時にバックナンバーを注文しても、発送1回あたり1000円でお送りします(送料を負担していただく場合あり)。

 35号の内容は下記のとおり。今なら、身に着けるだけで異性にモテモテ、宝くじにも大当たりと人気の「エジプトから来た、幸運を呼ぶ高枝切りばさみ」を10本、まとめて10本お付けします。わお、これはとってもお買い得ですね!

●拡声器騒音大戦争 その壱 vs共産党 香山弘行……1
 定期的に住宅地に現れ、ハンドマイクで演説を繰り返す「共産党後援会」との激しいバトル。自分たちの正義を大音量の演説で押し付けようとする老人たちとは、まったく話が噛み合わない。

過剰な謝罪アナウンスは違和感あり 松沢友紀……8
 事故が起きたりダイヤが乱れたりするたびに、しつこく繰り返されるJRの謝罪アナウンス。だがエスカレートする謝罪の連呼は、かえって乗客を不愉快にさせるだけだ。ブログからの転載。

●機械からのあいさつはイヤ C.J.ディーガン……12
 近所のスーパー・西友で始まった「イラッシャイマセ」「アリガトウゴザイマシタ」というスピーカーからの機械的な挨拶。なぜ、このような不快な音声を流すのか、店に問い合わせても意味不明な返事しか来ない。あらためて本社に手紙を送り電話をかけてみた。

●子供の声も騒音です(後半) 五味広美……16
 東京とその近郊から、4カ所の「静かそうな保育園」や「騒音の苦情がありそうな保育園」を選び、立地や運営方針、問題点などを調べた。

●犬とテレビと防災無線、そして新しい提案 秋沢勇次……23
 吠える犬の飼い主に苦情を言うと「犬は吠えて当然」と開き直り、警察に相談しても「田舎へ引っ越せばいい」と無視される。静かであるべき病院や薬局はテレビだらけ。週に一度だけで済んでいる防災無線の放送も、これから増やされる可能性がある。

●車内放送のフシギ 川浦康至……26
 自動放送で流される「挨拶」の車内放送など、ありがたくもなんともない。日本特有の駅名の2回放送も、「どうせ繰り返される」と真剣に聞く人を減らすだけだと指摘。

●増え続けるスピーカー騒音と「静かな街を考える会」の今後 C.J.ディーガン、吉田修一、大嶋良子、ジュリアン・ロング、岩永星路、安澤梨花、香山弘行……28
 初参加の会員を迎えた会のミーティング。救急車の過剰なサイレンや「お礼のアナウンス」、防災無線からの「子供を見守りましょう」、図書館での「飲食は禁止です」など、ありとあらゆる放送が増え続ける。そしてコンビニのように、人間の言葉すら機械的に「バカ丁寧化」していく現状にはうんざりする。

●日ごろの出来事 大嶋良子……38
 朝6時半からのラジオ体操、大音量の防災無線、夜10時頃まで続く広場で子供が遊ぶ声など、団地のさまざまな騒音について。

●背筋も凍る防犯対策に関する一考察 安澤梨花……40
 「不審者を見かけたら通報を」と繰り返す防災無線の放送や、乱立する「怪しいと思ったらすぐに110番」などの危険を煽る看板は、むしろ人々の不安感情を高め「不審者を捏造する」集団心理を生み出すようになる。

●聞こえているという神話 ウチダ サトシ……45
 さまざまな自治体や国の、防災無線に関する有効性の調査を分析。見えてきたのは「よく聞こえる」「なんとか聞こえる」を合わせても4割程度の結果を、驚くほどかさ上げし防災無線に「効果がある」と見せかけたい行政の思惑だった。

●防災無線騒音の被害者の叫び S.S.……50
 1日3回の音楽と、それ以上の回数で広報放送を流し続ける防災無線。市に相談しても対応を町内会に丸投げし、「大多数の賛成で立てたのだ」と言われる。やがてスピーカーの向きだけは変わったものの、「防災無線の音が聞こえない」という住民からの村八分が始まった。

●カルチャーショック 永井広……52
 語学の勉強会で日本人が「デパートの館内放送に感動した」と発表。しかし、ロシア人とドイツ人は口を揃えて「ああいうのはうるさい」「売り場のテープ音と重なって耳障りだ」と言う。知人のアメリカ人も、小学校の廃品回収車の放送を止めさせた。

●『うるさい日本の私』その後 中島義道……54
 『うるさい日本の私』の著者による現在の心境。拡声器騒音の原因の一つ「思いやりを」「優しさを」という掛け声がますます高まっている。もはや日本人にはまったく期待しない。「音」への抗議もほとんどせず、ただぼんやりと周囲を眺めているだけだ。

駅のアナウンスは過剰で不快! 旗本退屈爺……58
 駅にホームドアが設置されると、その説明のためにアナウンスが増える。過剰なアナウンスはひどくなる一方だ。こんな国は日本以外に知らない。喋りすぎは無言より情報が伝わらない。ブログからの転載。

●九州の片隅から 古賀知行……60
 九州の水害では「役に立たなかった防災無線」との報道があった。何を言っているのかわからずに戸を開けたら水が入ってきたという。幼稚園の騒音も「大きな声は元気な証拠」などという勘違いに無自覚だ。

『AMENITY』35号
関連記事


カテゴリ:「静かな街を考える会」について
TOP PAGE

 <<(次)選挙カーうるせえ、くだらねえ

NHK「球辞苑」の「音」の取り上げ方がピント外れ(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  「静かな街を考える会」について >  『AMENITY』35号発行のお知らせ

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター