拡声器の放送にこそ「そもそもお前は誰なんだ!」と応戦したい
 景観についてのエントリーを続けるつもり(まだまだ続く)なのですが、忙しくてじっくり書いている暇がありません。ちょっとしたネタ話でお茶を濁します。

 40歳過ぎのおっさんアイドルグループが組織の逆鱗に触れ公開処刑されたとか、おねいちゃんタレントが不義密通の罪で人民裁判にかけられて島流しにあったとか、そんなこと、どうでもええやん。

 あの人たちの世界の乱闘や椅子取りゲームが、なんで「国民的関心事」だの「私たち一人ひとりが考えるべき問題」になるのか。勝手におれを「国民」とか「私たち」の中に入れるなよ! と思うわけですが(そのわりに、いちいち内容を知っているのはなぜだ)、それよりも、たまたま見た芸能ニュースの「一言」が妙にツボにはまってしまいました。

──────

火種は10年前…鑑定団プロデューサー 初対面で石坂浩二を泥酔愚弄

 テレビ東京から「開運!なんでも鑑定団」の司会降板を通告された俳優石坂浩二(74)と、騒動の引き金になっているチーフプロデューサーとのトラブルの詳細が29日、分かった。

 《中略》当時の番組関係者によると、プロデューサーは石坂や鑑定士らにあいさつする機会がないまま、スタジオで業務を行っていたため、忘年会が実質の初対面の場だった。

 ひどく酔った状態で、石坂と当時のマネジャーの席に歩み寄ったプロデューサーは、《中略》石坂がメーンだったコーナー「鑑定ルーム」について「あれ、何でやってんのかな?」と話しかけ、「やめた方がいい」などとまくし立てた。

 《中略》石坂は静観。それでもプロデューサーが話しかけてきたため、しばらくすると石坂が「そもそもお前は誰なんだ!」などと応戦し、大勢が止めに入る騒ぎになった。

鑑定団プロデューサー初対面で石坂浩二を泥酔愚弄.jpg

──────

 「そもそもお前は誰なんだ!」

 ツボにはまった言葉は、これです。何度読んでも笑ってしまう。
 もう私は、この国のあらゆる場所で「そもそもお前は誰なんだ!」と応戦したいですね。

 エスカレーターからしつこく鳴り響く「手すりにつかまり、ステップの内側に立ち……」の幼稚なアナウンスに「そもそもお前は誰なんだ!」

 ひと駅ごとに「お忘れ物にご注意ください」と、他人を愚か者扱いし続ける自動アナウンスやねじ巻き車掌に「そもそもお前は誰なんだ!」

 商店街で「地元に愛されて40年。硬井布団店は3丁目交差点、追込信用金庫すぐ隣です」などと、人様の頭の上でけたたましくしゃべり続けるアナウンスに「そもそもお前は誰なんだ!」

 気が狂ったような大音響で「オレ様のCDを買え! イベントを見ろ!」と押しつけてくる街頭ビジョンの宣伝に「そもそもお前は誰なんだ!」

 歩行者など一人もいないと見ればわかる交差点で、「左に曲がります、ご注意ください!」と繰り返すバスやトラックのボイスアラームに「そもそもお前は誰なんだ!」

 「子供たちを見守りましょう」と、市民全員に同じ行動をしろと強制する防災無線の放送に「そもそもお前は誰なんだ!」

 「あと一歩、あと一歩でございます!」と、おもちゃをねだるガキのように叫び続けるウグイスババアや政治屋に「そもそもお前は誰なんだ!」

 「これが民主主義だ!」などと勝手に決めつけ、正義感に陶酔して雄叫びを上げるデモ連中に「そもそもお前は誰なんだ!」

 書いているとキリがなくなるほど、「どこの誰だかわからない奴から、ああしろ、こうしろと言われ続ける」この国は、全員が「なんでも鑑定団」のチーフプロデューサーみたいなものですね。誰も彼もが酩酊し、わけもわからずひたすら叫び続けている状態。言われている側も酩酊しているから、苦痛ひとつ感じないまま平気な顔で聞き流す。
 耐えかねたわずかな人間が「そもそもお前は誰なんだ!」と応戦すると罰を受けてしまうのも、世の中の仕組みとまったく同じです。
 スピーカー騒音や注意看板が当たり前のように蔓延するこの国は、1億2000万人の酔っ払いが徘徊する壮大な泥酔国家なんでしょう。

 本物の酒のように許容量というものがあり、限度を超えるとアル中になって死ぬか治療を受けることになるならまだいいのですが、拡声器放送の洪水に酩酊している人たち(放送する側も、それを聞いている側も)にはそれがない。そこが、最も恐ろしいところです。

 で、こんなブログを書いている「そもそもお前は誰なんだ!」
関連記事


カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
TOP PAGE

 <<(次)むやみにチャイムを鳴らし、アナウンスをする鉄道会社

注意看板の残骸を平気で放置する「自称善人」たち(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  騒音をめぐるあれこれ >  拡声器の放送にこそ「そもそもお前は誰なんだ!」と応戦したい

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad