今はなんとか小康状態を保っている「子供の騒音」
 本当は「景観」の話の続きを書くつもりだったのですが、かなり面倒臭いので一度休み、「子供の騒音」について記録中心のエントリーを書いておきます。

 このブログでは、しばらく子供の騒音について何も書いていませんでしたが、これは私の家の周囲では状況が小康状態を保っているから。理由はただそれだけです。

 いわゆる「道路族」については、確か前にも書いたとおり、うちの目の前の道路で叫び狂っていた子供の集団は、いつの間にか現れなくなりました。別に私が対策を講じたからというわけではなく、子供たちの年齢が上がり、毎日同じ道路で遊ぶのに飽きたから現れなくなっただけでしょう。
 キーキー奇声を発しながらバドミントンを始めた小学生女児の集団が出現したとき、すぐ「ここは車も通る道なんだから、バドミントンをしてはいけない。公園に行きなさい」と注意するなど、やってきたことの効果が多少はあったような気もしますが。

 うちのすぐ横にある児童公園からは、毎日、夕方になると幼児から中学生までの子供の絶叫が響きますが、これも少し落ち着いたような感じです。こちらも特に理由があるわけでなく、たまたまそうなっただけですね。
 以前、中学生の集団が本格的なサッカーをしていた時期は、野太い雄叫びやボールを蹴るときの「ダン! ダン!」という低音の響きに頭を抱えたものですが、今のところは幼児が走り回ったり、小学生がボールを投げて遊んだりしているのが中心。
 もちろん「ただブランコを漕いでいるだけなのに、なんでそんなに」と言いたくなるような、喉も裂けよという奇声は張り上げます。それでも声量が大きい中学生の集団よりましだし、そもそも公園がすぐ横にあることを知っていて住み始めた家なので、あまりにもひどい状況でなければ、ある程度は我慢するのが筋だろうと考えているので何も言いません。

 うちから70mほど離れたところにある保育園の騒音は、あいかわらずと言えばあいかわらず。どんなふうにあいかわらずかは以前のエントリーの繰り返しになるので書きませんが、今年は秋の運動会の練習でも大音量の音楽は聞こえてこなかったし、今のところ何かを言うべき状況ではないので黙っています。
 本当は、週に2日ぐらいやって来る男の保育士の絶叫がなければもっといいのですが。
 この保育士は園庭で、「ほーら、ボールがあっち行ったぞ、わーはっはっはっはっ、わーっはっはっはっはっはっ!」、「鬼さんこちら、手の鳴るほうへ、うほほほほほー、ぬぅおおおおおおおーーーー!」などと、口から内臓が飛び出るんじゃないかというような絶叫を常に上げ続けています。
 数十人いる園児たちのはしゃぐ声より、この保育士一人の絶叫のほうが、はるかにやかましいのだからたまりません。
 別に保育園で子供たちを「黙らせる」必要なんかないけれど、子供を「煽る」必要はもっとないはずです。こういう保育士を見ていると、つくづく「子供の騒音というのは子供自身の問題じゃない。子供を教育する大人の問題なんだ」と感じます。

 保育園の騒音については、今年、東京都が環境確保条例の規制から外してまで「子供の騒音問題なんてないことにする」という、いかにも役人の考えそうな「ごまかし」に乗り出しました。
 この条例「改悪」を前に、都は都民からの意見を募集しましたが、その結果は「『子供の声等に関する規制の見直し』に関する意見募集の結果について」というページにまとめられています。
 もともと、役所の「皆様からのご意見をお聞きします」というのは、ただのアリバイ作り。最初から条例を改悪するつもりなのは見え見えでした。それでも私は意見を送ったし(もちろん反対意見)、それはまとめられた資料の中にも含まれています。

 この条例が改悪される前後、つまり去年の後半から今年の前半あたりは、新聞や週刊誌に「子供の声は騒音か」という記事がよく出ていたようです。
 雑誌についてはいちいち読まないので(読んでも不愉快になるだけだし)、どんな記事が出ていたのかよくわかりませんが、新聞(朝日新聞)を読む限り「子供の声だって、程度と環境によっては騒音になる」という当たり前の論調を見たことは、たった一度しかありません。
 それが、以下で紹介する北海道大学工学研究院教授・松井利仁氏の寄稿(5月13日朝刊)です。

──────

(私の視点)子どもの声 特別視せず騒音規制対象に 松井利仁

 東京都は3月、環境確保条例を改定し、保育所などから上がる小学校就学前の子どもの声を、「音の大きさ」に基づく数値規制の対象から外した。

 背景には、子どもの声が騒音基準の数値を上回り、被害を訴える住民が法廷で争うようになったことがある。都議会では、条例の数値規制が「新たな保育所開設の障害になっている」「子どもの健全な育成を妨げる」といった意見が述べられ、報道でも「子どもの声を騒音とするのはおかしい」といった声が多く見受けられた。

 しかし、保育所周辺で生じている騒音被害は広く認識されているだろうか。保育所の設計・運用によっては、隣接する住居で毎日長時間、テレビの聴取や会話もままならない生活環境となり得る。実際にそこで暮らしてみないと被害は分からない。被害を経験していれば、「子どもの声を騒音とするのはおかしい」とは言えないだろう。

 都条例の数値規制はどういうものか。通常、環境騒音の規制値は、昼間の聴取妨害、夜間の睡眠妨害を防ぐことを主な目的とし、科学的根拠に基づいて定められている。重要なのは、自動車の走行音でも子どもの声でも聴取妨害や睡眠妨害は生じるという当たり前の科学的知見だ。

 都は今後、住民の「受忍限度」を超えるほどなら事業者に勧告や命令を出すという。しかし科学的根拠を欠いた条例で、保育所開設の際の十分な住民への説明や、適切な設計を行わない事業者への指導ができるのか。子どもの声を特別視した条例改定は、「子どもの声は受忍すべき特別な音」との誤ったメッセージを与えるのではないか。

 最も危惧するのは、「子どもの健全な成長」という美辞によって少数の被害者が「受忍」を強いられ、声も上げられなくなる事態だ。かつて「経済の健全な発展との調和」との美辞を伴う環境政策で多くの被害者が生まれ、今も大気汚染や騒音被害が生じている。

 行政には少数派であり弱者であるこのような被害者を保護する義務があり、そのために科学的根拠に基づいた各種規制値が定められている。数値規制は、行政の指導に従わない事業者に対する切り札として残しておくべきではなかったか。

(まついとしひと 北海道大学工学研究院教授〈環境衛生学〉)

(私の視点)子どもの声 特別視せず騒音規制対象に.jpg

──────

 これと正反対なのが、同じ朝日新聞1月17日朝刊の紙面に載った、梅田聡(心理学者)・宇野常寛(評論家)・斎藤慈子(行動生物学者)という、とんちんかんな連中による「(耕論)子どもの声は騒音か」です(不快なので転載はしません。リンクと画像を貼るのみ)。

(耕論)子どもの声は騒音か.jpg

 神戸市の保育園騒音訴訟に関わっているツンデレ弁護士もブログで書いているとおり、これはちょっとひどすぎますね。「共感する心が大切だ!」と言っておきながら、自分たちは騒音に苦しんでいる人たちへの共感ができないこの手の連中の頭の中は、いったい何がどうなっているのかじつに不思議です。
 そもそもこのページでは、「耕論」と言うわりに3人が3人とも「子供の声が騒音なわけねえだろ」、「子供がうるさいなんて言う奴は我慢が足りないんだ」などと決めつけています。一人くらい「子供の声が騒音になる場合もあり得る」という意見の人間を入れなければ、「論を耕す」とは言えないはずなのですが、いったい新聞の「バランス感覚」とやらはどこへ行ってしまったのでしょう。

 特に宇野常寛というひょーろんか様は、「子供の声がうるさいという奴は原発に反対しない奴」などと意味不明な方向に話を広げるだけで、最後は自分でも何を言っているのかわかっていないんじゃないでしょうか。「今日はこのお題でひとつ」と言われ、その場で思いついたことを適当にしゃべるだけのいいかげんな商売は、やめてほしいですね。もっと自らが苦しんで苦しんで、考え抜いたことだけ発言しろ。
 私は「あ、これは読まなきゃ」という本を忘れないようリストにしているのですが、この記事を読んで、何冊か含まれていた宇野常寛の本はすべて外しました。

 最後に。これはネタとして読んでもらえればいいのですが、私の家の前の道路で毎日毎日何時間も叫び狂っていた「道路族」の母親が、こんなTシャツを着ているのを見たことがあります。書いてある文字をネットで検索したら商品画像を見つけました。

もう知らにゃい。Tシャツ.jpg

 さもありなん、というところです。
関連記事


カテゴリ:子供・学校・保育園
TOP PAGE

 <<(次)何を注意したいのかわからない「出会い事故多し」看板

たった一人の要求で立てられた「スリップ注意」のバカ看板(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  子供・学校・保育園 >  今はなんとか小康状態を保っている「子供の騒音」

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad