「情報」に頼り「現実」の確認を後回しにする老人
 9月18日の朝日新聞朝刊に、神里達博(客員論説委員)というエラーイ人のコラムが掲載されています。先日の集中豪雨による水害に関する内容です。一部抜粋。

──────

「月刊 安心新聞」
繰り返す豪雨災害 力づくの治水の限界

 《註:近代国家という》巨大な集権システムに河川管理が委任されたことで、それを自らの共同体の問題と見なす意識が希薄になっていき、逆に「お上任せ」の傾向が強まったのである。本来、川には個性があり、長い歴史に基づく地域の「つきあい方」がある。そのようなノウハウは、ローカルな知として蓄積されていることも多い。集権的なシステムは、専門主義の名の下に、これらを軽視することも少なくない。

力ずくの治水の限界.jpg

──────

 ここに抜粋した内容は、私も「その通りなんだろうなあ」と思います。「月刊 安心新聞」というタイトルは気に入らないけれども、それは今はどうでもいいや。

 それでは、このコラムで指摘されているような視点から、次の読者投稿を読んでみると、どうでしょうか。同じ朝日新聞の13日付朝刊「声」から。

──────

災害時にどう行動するか再認識

民生児童委員 ××××(福島県 73)

 鬼怒川の堤防が決壊して街ごと水につかる惨状、ヘリで救出される光景をかたずをのみながらテレビで見た。東日本大震災の惨状を思い出した。我が家は海岸から約1キロ、2級河川から300メートル。住んでいる自治体からは、ひっきりなしに緊急情報が携帯電話や緊急情報受信専用ラジオに入った。心配になって家の裏を見ると、道路は川の様相を呈していた。

 出かけていた妻に状況を連絡し、帰宅の際のルートを指示した。軽自動車のため、いつものルートを使うと途中で身動きができなくなると警告した。

 もし堤防が決壊していたら、鬼怒川と同様の被害を受けたはずだ。日ごろからどのような行動を取るべきか考えておくこと、情報を丁寧に聴くことの大切さを、改めて認識した。

災害時にどう行動するか再認識.jpg

──────

 最初にこの投稿を読んだとき、3日目のパンツを前後逆に履いてしまったような気持ち悪さを感じたのですが、しばらく考えてわかりました。この人の行動が「テレビや自治体の緊急情報を聞いて心配になった→家の裏を見た(すると、道路が川のようになっていた)」という順番になっていることが、その理由です。

 この人は、外が豪雨であることを「知って」いる。現実にざあざあ雨が降り続いているんだから、それは当たり前のことでしょう。
 それなら、テレビ中継に固唾をのんで囓りついたり、自治体からの情報を聞き取ったりという行為に熱中するより、自分の家の周りがどうなっているかを、もっと早くからたびたび見ていればいいじゃないか。
 緊急情報を聞くのが先で、実際に家の周囲がどうなっているかを見るという「実感を伴った」行為を後回しにしておいて、〈日ごろからどのような行動を取るべきか考えておくこと、情報を丁寧に聴くことの大切さを、改めて認識した〉と本当に言えるんでしょうか。これが「情報に頼るより(情報に頼ると同時に)、自分自身の目で確認することが大事だとあらためて認識した」という教訓につながるのならわかるのですが。

 もちろん、今のアスファルトでガチガチに固められた道路は、少し大雨が降ればあっという間に川のようになってしまいます。この人もそんな常識ぐらい知っていて、何度か外を見ていたのかもしれません。数分前に見たときは何も起きていなかったのに、急に道路が水浸しになっていて驚いたという可能性はあるでしょう。
 また、この人が心配になったのは、緊急情報を聞いたからというより、実際に降り続く雨の様子や周囲の雰囲気によってなのかもしれません。「緊急情報を聞いて心配になったから家の裏を見た」という表現は、文章の構成上そうなっただけなのかもしれません。

 しかし、いずれにせよ、この出来事から得られる教訓は「アスファルトの道路は、すぐに水があふれるなあ。大雨のときはテレビのニュースや緊急情報に関係なく、自分の家の周りぐらい自分の目で見て注意しなければ」ということであって、〈情報を丁寧に聴くことの大切さ〉ではないでしょう。
 むしろ〈情報を丁寧に聴くこと〉に熱中すればするほど、この人のように実際に身の回りで起きていることへの関心が後回しになり、現実というリアルな世界と、情報というバーチャルなものへの依存度が逆転してしまう可能性すらある。

 たとえば、日本では殺人事件などの重大犯罪はほぼ一貫して減り続けているのに、自分の生活圏からかけ離れた場所で事件が起きてメディアが大騒ぎすると、すぐそれに影響されて「この国はなんて危険なんだあああ、もっと監視カメラを取り付けろ! 防犯パトロールを強化しろ! 不審者情報を放送しろ! 怪しい奴はいねが~!」と叫び出すのがそういう人たち、つまり「バーチャルな情報に依存してしまった人たち」です。
 この投書から読み取れるのは、「最近の若者は、ゲームやアニメなどのバーチャルな世界と現実の世界との区別がついておらん!」などと偉そうなことを言う高齢者自身が、情報というバーチャルなものに頼りきって、身の回りのリアルな世界を把握しようとしない──という問題じゃないでしょうか。

 防災無線を初め、放送や看板など使えるものはなんでも使い、至る所でああしろ、こうしろ、これはするな、あれに注意しろという情報(しかも、そのほとんどは完全に無意味)を撒き散らすことに夢中になったり、それをおかしいとも思わずにただ聞き流したりしている人たちばかり──というこの国の「現実」にうんざりしている身としては、こんな小さな投書にすら違和感を覚えてしまいます。
 まあ、私自身も、たまたま目にした新聞の投書という、どうでもいいバーチャルな情報に振り回されているだけなのかもしれませんが。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)駅・車内のアナウンスは現代の「無用物」

「日本人の行動様式」とスピーカー騒音(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  「情報」に頼り「現実」の確認を後回しにする老人

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad