スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
「祭りの苦情」に苦情を言う身勝手な主婦
 そろそろ、「祭りの音がうるさい」という声が上がる季節になりました。

 私自身がどんな祭りの音に不愉快な思いをしているか。それはこれまでのエントリーに書いているので繰り返しません。
 それにしても「祭りの音がうるさいなんて、なんという世の中だ!」などと一方的に嘆き、「正義の拳」を振り上げる人が世の中にはたくさんいるもの。これこそ「厚顔無恥」と言うんだろうなあと思わせる新聞の読者投稿があります。
 朝日新聞の「声」欄に、2年ほど前に掲載された投稿です。

――――――

帰る前に片付けられた灯籠

主婦 ××××(神奈川県 34)

 先日、近所の公園でお祭りがありました。夕方から夜にかけて子どもたちが将来の夢などを描いた灯籠(とうろう)を池に放します。夜の水面にたくさんの夢が光を放ち、神秘的でした。

 しかし、最後の舞台演奏が終わった頃、「もっと楽しみたいところですが、ご近所から苦情がきています」というアナウンスとともに終了。さらに灯籠は来場者の帰りを待たずに引き上げられ、池のほとりに無造作に山積みされました。

 それを目にした6歳の長男は苦笑いし、4歳の娘は「大人はお祭り楽しくないのかな」と言いました。

 人との関わりが希薄になりつつある中、私には騒音に苦情を言う人も、早々に灯籠を片づけたスタッフも、地域の行事を「自分とは関係ないもの」と考えているように映りました。このような態度は、子どもたちに「自分さえよければ」と思わせてしまわないでしょうか。お祭りは子どもが他人を尊重することを学ぶいい機会でもあるのに、とても残念に思いました。

帰る前に片付けられた灯籠.jpg

――――――

 やれやれ、としか言いようがありません。スクラップしてある新聞の読者投稿の中でも、不快指数ベストテンにランクインする内容です。

 <灯籠を池に放します>とあるからには、この祭りはいわゆる「灯籠流し」なんでしょう。
 お盆の時期に先祖の霊を弔って、灯りを点けた灯籠を川に流す。灯籠流しはそういうものだと思うのですが、それが<子どもたちが将来の夢などを描いた灯籠を池に放>すことになっているのは、まあいい。どちらにしろ、灯籠流し自体はこの主婦が言うとおり神秘的で、おごそかな、すばらしい伝統行事だと思います。

 しかし、それならなおのこと、なぜ<舞台演奏>が必要なのか――。まず、ここがわからない。

 先祖の霊を弔うにしろ、子供が将来の夢を願うにしろ、音楽があるかどうかなんて関係なく、親子でしんみり語り合えばいいじゃないか。
 そのとき、バックに流れるのは「リンリンリン」と鳴く虫の音や、風が水面を揺らす「さらさらさら」という音こそふさわしいでしょう。周囲の人たちのざわめきや、(どうせあるんでしょうが)屋台で焼きそばを焼く「ジュージュー」という音も悪くない。遠くからかすかに聞こえてくる電車の音なんかを加えたっていい。あ、向こうの草むらから「アン、アン、ア~ン」と甲高い音がするぞ。新種の虫かな見に行こう!

 そういう「自然の音」に耳を傾けることなく、「舞台の演奏がないと物足りない! 音楽がないと情緒も何も感じられないのよワタシ!」と主張する、この主婦の不感症的ワガママ口調はなんなんだろうか。

 <灯籠は来場者の帰りを待たずに引き上げられ、池のほとりに無造作に山積みされました>
 この灯籠流しが、どのような場所で、どれくらいの規模でおこなわれたのかわかりませんが、いろいろと想像することはできます。なぜ、スタッフは祭りが終わった途端、灯籠を回収したのか。

 ●時間が経つと灯籠が池に沈み、引き上げるのが難しくなるから。
 ●灯籠が川に流れ込むと、回収できなくなるから。
 ●池は川にはつながってないが、排水口(?)に詰まるとまずいから。
 ●池とはいえ、火の点いた灯籠をそのままにしておくわけにいかないから。
 ●この日は日曜日でスタッフは翌日も仕事がある。当日のうちに灯籠を引き上げるしかないから。

 もちろん、本当はどんな理由だったのかわかりません。単に「終わったらさっさと引き上げよーぜ。あーめんどくせー」というだけだった、という可能性もあるでしょう。近所から苦情がくるほどの音楽を流すスタッフをかばう気は私にはないし、この主婦が<無造作に山積みされ>た灯籠を見て、スタッフを非難したくなる気持ちもわからないでもありません。

 でも、灯籠をすぐに回収した理由は何かしらあるはずで、疑問に思うなら「どうして、すぐに引き上げてしまうんですか」と聞けばいい。そして納得がいかなければ「おかしいと思います。もっとこうしたらどうでしょう」と、代案を出して話し合えばいいんです。

 それなのにこの主婦は、スタッフに何も聞かないまま<無造作に山積みされました>と嘆き、夜遅くまで流す音楽が近隣の住人にどんな影響を与えているか想像もせず、ただ、ぶうぶうと文句を垂れているだけ。
 そんなに不満があるなら、自分がスタッフの一員になって「もっと良い祭りにするには、どうすればいいんだろう」と考える選択肢もあるのに、そうした主体的な行動をとる気はさらさらないようです。
 6歳と4歳の子供が<苦笑い>したり、<大人はお祭り楽しくないのかな>とイヤミなことを言うのを誇ったり(しかしこれ、本当かね。話を“盛って”ねぇか?)。ここまでくると「なんてひねこびた親子なんだ」と<苦笑い>するしかありません。

 納得のいかないことがあったら相手と話してみればいいのに、自分は何もせず、子供をダシにまでして苛立ちを新聞に投稿する「正義の味方」もどき。こういう人が最も始末に負えません。
 この投稿の締めは、こんなふうに書き換えたほうがしっくりきます。

 『人との関わりが希薄になりつつある中、私には騒音に苦情を言われたことに文句を言う人も、早々に灯籠を片づけたスタッフに不満をぶつける人も、周囲への配慮を「自分とは関係ないもの」と考えているように映りました。このような態度は、子どもたちに「自分さえよければ」と思わせてしまわないでしょうか。お祭りは子どもが他人を尊重することを学ぶいい機会でもあるのに、とても残念に思いました。』

 自分の言葉が自分自身に返ってくることを、こういう人は気付きもしないんでしょう。

 しかしまあ、このエントリーはイヤミったらしい内容だな。私の頭の中も4歳児並みってことなんでしょう。
関連記事


カテゴリ:祭り・路上ライブ
TOP PAGE

 <<(次)掃除をするが轟音は撒き散らすビックカメラの矛盾

「環境の専門家」も音にはまったく無頓着(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  祭り・路上ライブ >  「祭りの苦情」に苦情を言う身勝手な主婦

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。