拡声器の「いしや~きいも~」が冬のメロディーねえ
 今日の朝日新聞夕刊が、また拡声器騒音を賛美してます。ニュースがなくなり暇になると必ずこれをやるマスコミには、もううんざりなんだけど。

――――――

デコトラ、石焼きイモを売る 見てもおいしい現代アート

2015年1月27日13時32分

 「いしや~きいも~」。聞き慣れた冬のメロディーに振り返ると、ど派手な改造車が――。城の天守閣のような飾りに極彩色の電飾、イモを焼く窯からは8本のとがった筒が伸びている。その正体は、れっきとした「アート作品」だ。

 手がけたのはアートユニットYottaの木崎公隆さんと山脇弘道さん。京都造形芸術大学で講師を務めながら、授業のない日には東京都内各地で石焼きイモ屋を営む。最近では見かけなくなった日本独特の文化や美意識を作品化し、その魅力を改めて発信するのが狙いだという。

 作品のテーマは「デコトラ」。陸運局に通って法規を学び、トヨタ自動車の高級車「センチュリー」を中古で購入し改造。実際に公道を走行できる車両に仕上げた。飾りも窯も、すべて積載物扱いだ。「六本木アートナイト2010」の出展作品として制作したのが始まりで、毎年冬になるとイベントや街頭で石焼きイモを販売してきた。

 なぜ現代美術作家がイモを売るのか。木崎さんは「現代美術ってどうしても小難しいイメージなので、遠目に見るだけじゃなく、近くに寄ってきてほしい」と話す。

 昨年は若手の登竜門として知られる「岡本太郎現代芸術賞」に入選。2月からは川崎市の岡本太郎美術館に展示されるが、平日は街に出て営業する予定だ。(内田光)

デコトラ石焼き芋屋

http://www.asahi.com/articles/ASH1W36JBH1WUQIP007.html?iref=comtop_list_nat_n04

――――――

 ふ~ん。

 うちの近所には、4年ほど前から3年前にかけて、たびたび軽トラの焼き芋屋が現れて、そのうるささに閉口しました。いくつかの業者が入れ替わり立ち替わり来ていたようで、警察に立ち会ってもらい「都の環境確保条例違反、および道路交通法違反」と苦情を言い追い払ったこともあります。
 当時は同時にラーメン屋の軽トラも徘徊していて(なんと深夜2時まで!)、移動販売業者の騒音に悩まされたものです。

 結局、焼き芋屋もラーメン屋も、いつの間にか河岸を変えたらしく現れなくなりましたが、それでも今も一冬に2、3回は姿を見せます。一昨日の日曜日も夜7時ごろ「おいも~おいも~おいもだよ~ほっかほか~のおいもだよ~」と間の抜けたスピーカー音が聞こえてきて、近づいてくるかとイライラしていたらどこかに消えていったので、胸をなで下ろしたばかりです。

 この記事の冒頭の<「いしや~きいも~」。聞き慣れた冬のメロディー>という、スピーカーから垂れ流される音を季節の風物詩のように受け止める感受性が、私には理解できません。
 本当の季節の音というのは、冬ならびゅーびゅー吹き荒ぶ北風の音、その中を歩く人たちが口々に交わす「寒いね」というざわめき、テーブルの上で鍋がぐつぐつ煮える音、そういう音のことを言うんじゃないでしょうか。
 拡声器で増幅され、誰が何をしていようが無理やり聞かされる<いしや~きいも~>の濁声が<冬のメロディー>だなどと、少なくとも私はちっとも思いません。
 デコトラの石焼き芋がアートだか現代美術だかなんだか知らないけど、頼むからうちの<近くに寄って>こないでくれよ。

 そもそも、このアートユニットとやらは<最近では見かけなくなった日本独特の文化や美意識を作品化し、その魅力を改めて発信するのが狙い>なんて言っているようですが、<最近では見かけなくなった日本独特の文化や美意識>ってなんのこと?
 それがこのデコトラ石焼き芋のような、日本文化の一面を確かに表している「婆娑羅」な美意識を指しているなら、原色ギトギトの看板やのぼり、あらゆる場所から錯乱炸裂するスピーカー音に埋め尽くされた日本の町に、相変わらず健在じゃないか。というよりも、そのドギツサは酷くなる一方です。それを<見かけなくなった>と感じるのがアートな感性っちゅーんですか? けっ。

 もう一つ、指摘しておきたいのは、この焼き芋屋がスピーカー音については東京都の環境確保条例、路上での商売については道路交通法を守っているかどうかという点です。

 動画を見る限りでは、実際にどんな<いしや~きいも~>のメロディーを流してるのかよくわかりませんが(冒頭のテクノっぽい音楽?)、環境確保条例で定められた「拡声器の音量は(区域によって異なるが住居専用地域では)55dB以下」(55dBは人間の話し声程度)や、「スピーカーの使用は午後7時まで」という規則は守ってるんでしょうか。
 道路交通法の第七十七条「場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出そうとする者は、管轄する警察署長の許可を受けなければならない」は遵守してるのかな? 動画では明らかに路上(しかも見通しの悪いトンネル内のカーブ)に車を停めて営業しているようですが、いくらなんでも危険過ぎるんじゃないのかね。

 そもそも、車の改造については<陸運局に通って>まで、違法にならないよう神経を使っている(と、わざわざ強調している)のに、その車を使った商売の方法については無神経さしか感じられないバランスの悪さは、いったいなんなんでしょうか。
 以前のエントリー『「静かに笑顔で」商売するアイスクリーム屋』で紹介した、ロンドンのスマートなアイスクリーム屋台と比べると、あまりの違いに涙がちょちょ切れそうです。
関連記事


カテゴリ:廃品回収・移動販売
TOP PAGE

 <<(次)タマにはマツモトキヨシをほめるゾ!

道路標識の改竄は逮捕するのに、捨て看板はいいのか?(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  廃品回収・移動販売 >  拡声器の「いしや~きいも~」が冬のメロディーねえ

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad