「子供騒音裁判」ただいま3件係争中?
 基本的に自分のためのメモ。

 神戸市の保育園騒音裁判で、原告(騒音被害者)の弁護人をされている蔭山文夫弁護士の「ツンデレblog」に、「同様の騒音訴訟はいくつかあるけど、すべて現在進行中なので判例はない」というようなことが書いてあったので、できる範囲で調べてみた。ネットで検索したのと「裁判所」のホームページで過去の判例を調べただけだが、確かにそのようだ。

 保育園の騒音裁判は、まず、この神戸市の訴訟が今年提訴され係争中。

 それより前、2012年に東京都練馬区でも同じ構図の裁判が始まり、これも現在係争中。2年も経っているのにまだ判決が出ないなんて、日本の裁判は本当にどうしようもないな。

 似たような事例では、東京都西東京市の「いこいの森公園」騒音問題がある。
 これは07年に公園の隣に住む女性が騒音差し止めの仮処分を申し立て、地裁で認められたので市が噴水など一部施設の使用を中止。しかし、女性が亡くなると差し止めが無効になり元通りの状況になってしまった――というところまでは知っていたけど、その後、女性の親族が再度仮処分を申し立て、話し合いが進まないものだから12年になって<本訴の準備を進めている>――という話は初耳だった。
 それ以後の経緯は検索しても見つからないけど、どうなったんだろう。去年の6月にこの公園の近くを通ったので様子を見たときは、それは凄まじい騒音だったけど。
 この公園は明らかに設計ミスと指摘している建築家のブログ。
 「西東京いこいの森公園」に行ってきた。
 「西東京いこいの森公園」について
 ミス以前の問題でした…。

 この三つの訴訟に揃って触れている産経新聞の記事。内容は「子供の声がうるさいなんて言う奴は異常者だ、社会から排除してやる!」と息巻いている偏ったものなので読む価値はないが。

子供の声は「騒音」か01.jpg

子供の声は「騒音」か02.jpg

子供の声は「騒音」か03.jpg

子供の声は「騒音」か04.jpg

子供の声は「騒音」か05.jpg

http://www.sankei.com/premium/news/141018/prm1410180003-n1.html

 西東京市の公園問題は、このタウン誌の記事に詳しいが続報は見当たらない。

いこいの森公園騒音記事.jpg

http://www.town-t.com/article.php?i=61

 どこのどんな人が書いているのか、プロフィールがないからわからないけど、子供の騒音について考察しているブログ「考え事」。参考になる。特に、
 「マスクをして遊ぶサイレントキッズ」は実在しない
 には驚いた。目的のためなら平気でデマゴギーに走る世田谷区長・保坂展人は、ちょっとヤバ過ぎる。

 明治大学で哲学を教えている清水真木教授のブログから、「静穏な環境で生活する権利」。ほかにも、
 「おもてなし」の嘘
 「言論」の再定義
 とか、読んで頷ける内容がいろいろ。

 それにしても、蔭山弁護士というのはぶっちゃけた人みたいで面白い。ブログにこんな画像を載せる弁護士って(笑)。

「がもる」メルモちゃん.jpg
「がもる」メルモちゃん
関連記事


カテゴリ:子供・学校・保育園
TOP PAGE

 <<(次)みずほ銀行の店舗はやっぱりカオス

刑務所と変わらない「戸別受信機」のある町(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  子供・学校・保育園 >  「子供騒音裁判」ただいま3件係争中?

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad