警備そっちのけで呼び込みをする警備員
 前回、JR原宿駅での出来事を書いていて思い出したのですが、同じ日に原宿で、首を傾げたくなる場面に出くわしました。大した話じゃありませんが。

 明治通りを歩いていると、前の方で人の叫び声が聞こえました。どうやら何かの店の呼び込みらしい。そんなものは繁華街や駅前に行けば珍しくもないので「ああ、鬱陶しい」と思いながら通り過ぎようとしたのですが、ふと声のするほうを目にして驚きました。ビルの前に制服を着た警備員が立っていて、その警備員が呼び込みをしていたからです。

 夏真っ盛りの暑い日だったので、呼び込みの文句は「ただいま店内エアコンが効いております! どうぞお立ち寄りください、涼んでいってください!」というようなものでした。そんな呼び込みをしている先にあるのは、飲食店などではなく雑貨屋のような店。雑貨屋が「涼んでいってください!」と呼び込みをするのもよくわかりませんが、もちろん、最も腑に落ちないのは「警備員が呼び込みをしている」ことです。

 その店はビルの1階にありました。雑貨屋が単独で警備員を雇うとも思えないので、ビル全体の警備員なのか? でも、制服を着た警備員が店先をうろうろしながら「お立ち寄りください、涼んでいってください!」と叫ぶ(叫ばせる)というのは、いったいなんなんだろう。

 店員が呼び込みをするなら、まだ理解できるのだけど(迷惑だが、敷地内でやっているぶんには「やめろ」と言う根拠がないし)、警備員が「警備」そっちのけで客引きをして(させて)いたら、それはもう警備じゃないだろう。
 別にそのビルの警備が薄くなって何がどうなろうが知ったことじゃありませんが、暑そうな制服を着た「警備員」が怒鳴るように叫び、よけいに暑苦しさを撒き散らす異様な光景には閉口してしまいました。

 そういえば、これは新聞で読んだ「小ネタ」で内容はうろ覚えなのですが、JR中央線の東小金井駅では、駅舎の改装をきっかけにショッピングモール部分の管理もJR東日本本体がすることになった。そしてテストケースとして、バーゲンだのキャンペーンだののお知らせを「駅構内」でも流すようになったらしいです。
 そのことを書いた記事は、利用者が「駅の中でもお知らせが聞けて便利ですね!」だの、駅員が「この取り組みを続けて売り上げ増につなげたい!」だのと話しているのを、(案の定)何も考えず好意的に紹介していました。

 警備員が呼び込みをする店や、改札の中でまでショッピングモールのお知らせを流す駅、そして、そういう「ヘンな」絶叫やアナウンスを聞かされてもおかしいと思わない無数の人たち。不思議だなあ。
 この記事を読んで、東小金井駅は「絶対行きたくない駅」の一つになりました。
関連記事


カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
TOP PAGE

 <<(次)アウトサイダーが告発する「叫び声公害」

「思い」を押しつけるJRの旅行案内放送(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  池袋・新宿・原宿・渋谷 >  警備そっちのけで呼び込みをする警備員

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad