電車の利用は免許制にしてほしい
先日、JRの車内で「車内マナーにご協力いただき、ありがとうございます」というアナウンスを聞かされて「いったい何を言ってるんだ?」と思いました。
車内マナーなんて、全然守られてない。車内のどこを見ても「座席に座って足を投げ出している客」「奥は空いているのにドア付近に固まってテコでも動かない客」「混んだ車内で新聞を広げ、人の腕にガサガサ当てて平気な客」「両手でスマホをいじりまくるのに夢中でつり革にもつかまらず、隣の客にぶつかって平然としている客」「飯食う客」「化粧する客」など、「あんたはいったいいくつになったらマナーが理解できるんでちゅか?」と言いたくなるようなバカばかりです。

そんなバカ客ばかりなことをJRは知っていて、それを注意するためにこんな放送を流しているのですから、それなら初めから「おまえらマナー守らないと電車に乗せねえぞ!」とハッキリ言えばいいのです。
それをしないで、守られてもいないマナーを「守っていただきありがとう」などと、いかにも日本的な回りくどい放送をどれだけ繰り返しても、誰も聞きもしてないし理解すらしてないです。うるさいだけでなんの意味もないこんな放送からは、むしろ悪意しか感じられないですね。

いっそ、電車に乗るのも車の運転と同じで免許制にしてほしいです。
正しい電車の乗り方を教習所で教えて「鉄道乗車免許試験」を実施して、それにパスして免許を交付された者しか電車に乗ることができない。これが実現できれば、今のやかましい鉄道アナウンスは8割方必要がなくなるはずですから、本気で実施してほしい。そう思います。
関連記事


カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 <<(次)茗荷谷駅は静か

スーパーが地球に成り代わってお礼?(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  駅・車内 >  電車の利用は免許制にしてほしい

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad