保育園児奇声&小学生全力サッカーの時間差攻撃
 大した内容はありません。この時間帯(夕方3時半頃から)は、子供の奇声がうるさくて仕事にならないので、憂さ晴らしも兼ねて更新します。
 本当はどこかへ避難したいけど、静かになったらすぐ仕事を再開したいし、東京は今にも雨が降りそうなので、外出するのもおっくうです。

 今日、うちの真横にある児童公園には、今のところガキは集まっていないようです。もしかするといるのかもしれませんが、これといった奇声は聞こえてきません。
 この公園でどんな子供が奇声や絶叫を上げるかは、刻々と状況が変わっていくのですが、最近は「全力サッカーガキ」がひどいです。
 猫の額ほどの公園で力一杯サッカーをして、腹の底から「ドゥオオオオオオオオガアアアアアアアア!」「ギョゲエエエエエエエエ!」と雄叫びを上げ続けます。

 私は何度かガキどもが、その公園に面した家の壁(塀ではなく家そのもの)に、サッカーボールをガンガン蹴りつけているのを見たことがあります。
 私の家は公園を挟んだ反対側なので、その音自体は大して響いてこないのですが、不思議なのはボールをぶつけられている家の住人が、ガキどもに「やめろ」と言った形跡がないことです。防御のためにネットを張るとか、そういう気配もまったくありません。

 まあ、昼間は誰もいなくなる家かもしれないし、本人たちがなんとも思っていない(気づいていない)のならどうでもいいんですが(自分のこと以外に口出しする気もないし)、それにしても、人様の家にボールをぶつけてキーキーうれしそうに騒いでいるガキどもの憎たらしいこと。
 小学校中学年にもなって、やっていいことと悪いことの区別ぐらいつけられんのかねえ。

 今日、今の時点でうるさいのはそれとは別で、うちから70mほど離れた保育園からの奇声です。

 何度か書いたことがありますが、この保育園はうちからそれなりに距離があるので、窓を閉めていれば園児の奇声はあまり気にならない……はずなのです。
 でも、なんだか今日は凄い。
 キィーーーーー! ギャアアアアアアーーーーー! という凄まじい奇声が先ほどから続き、今も周囲の空気を切り裂いています。

 エヴァンゲリオンの最初の映画で、ネルフ本部が誰だか(誰だっけ?)の侵入攻撃を受け、火炎放射器で火だるまにされた職員が「ギャーーーーーー! ギャアアアアアアア!」と悲鳴を上げるシーンがあるのですが、あんな感じ。
 私は子供の奇声、絶叫を聞かされると反射的にそのシーンが頭に浮かんでくるほど。まさに「火だるまになって殺される断末魔の悲鳴」としか言いようのない凄まじさです。

 保育園は私の家から少し離れているし、今の季節は周囲に木が生い茂っていて、園庭の様子がよく見えません。それでも「いったい、どうなってるんだ」と思って目を懲らすと、見えるのはブランコで遊んでいる数人の子供だけ。保育の時間はほぼ終わりかけているので、親が迎えに来た子供は帰っていっているようです。
 そんな状況なのに、この凄まじい奇声。ブランコに乗っているほんの4、5人の園児だけで、「誰が殺されかけてるんだ!」と思わずにいられない絶叫が響いてきます。

 保育だの教育だの行政だのの関係者は、「子供が昔よりうるさくなったわけないだろ」などと平然と言ってのけますが、いやー、私は明らかにうるさくなった気がするなあ。数値で示すことなんかできないけど、そうとしか思えません。
 私の実家はすぐ裏が神社で、昔から子供たちの遊び場になっているのですが、そこから聞こえる子供の声をうるさいと感じたことはありませんでした。
 それなのに今は、70m先の子供の奇声がガンガンガンガン響いてくる。
 やっぱり最近の子供は声が大きくなったし、あまりにもヒステリックで、なんでもない遊びをしているだけなのにやたらとテンションを上げ、「キィィィィィー! キィィィィィー!」と叫びますよ。

 うー、まだうるさい。

 先日は、午後1時半くらいに小学生の「グォーーーー! ギェーーー! ヴァ゛ーーーー!」が聞こえてきたので、最寄りの小学校のホームページを見ると、日程一覧に「●月●日 教師の研修で授業は午前中のみ」と書いてありました。

 ……最近は、こういう日がやたらと多い。
 教師の研修というのが、月に一度か二度ぐらいあります。そのほかにも保護者会だの進路指導だの、子供のいない私にはなんだかよくわかりませんが、「授業は午前中のみ」となっている日が月に数回はあります。
 「うわ、なんでこんな早い時間に小学生の絶叫が」と思ってホームページを見ると、そういう日。そんなときは暗くなるまで憂鬱です。
 私が小学校に通っていたのは遠い昔のことなので忘れてしまいましたが、そんなに「授業は午前中のみ」って多かったかなあと不思議な気がします。
 もっとちゃんと勉強しないと、おじさんみたいなスカポンタンになってしまうぞガキどもよ。

 ようやく保育園は静かになりましたが、今度は児童公園にいつもの全力サッカーガキが現れた……。
 「ハウ! ハウ! ハウ! ハウ!」「ディーイイイイイイイヤッ! ディーイイイイイイイヤアアアアアアア!」って……お前らはハンセン&ブロディの超獣コンビか! しかもそれが集団で!
 うー。

 先日のエントリーで「最近は、ピヨピヨサンダルを見かけることが少なくなった」と書きましたが、そんなことを書いたからでしょうか、昨日、こともあろうに図書館でピヨピヨ攻撃を受けてしまいました。
 30歳くらいの母親が、幼稚園児と2、3歳くらいの子供を二人連れて図書館へ。サンダルを履いた下の子供が歩くたび「ピヨ! ピヨ! ピヨ! ピヨ!」という音が、静かな図書館の中に響きます。
 母親は、その音を気にしている様子がまったくなかったなあ。

 図書館に幼児連れでくるのはかまわないし、年齢が年齢だから子供が多少むずかったり、「ママー、あのねー」なんて話をしたりするのは全然気になりませんが、「図書館に行くんだから、ピヨピヨサンダルはやめておこう」という配慮ぐらいしてほしかった。

 私はちょうど調べものを終え、帰ろうとしていたので、何も言わずに出ましたが、もし長時間、あの「ピヨ! ピヨ! ピヨ! ピヨ!」を聞かされることになったら、「周囲の迷惑になるので、今度来るときはそのサンダルはやめてくださいね」と言いますね。たとえ職員が何も言わなくても、私は直接注意します。
 その場でサンダルを脱がすわけにいかないし、「子供を歩かせず抱っこしてください」と無茶なことを言うつもりはありませんが、「次は気をつけて」ぐらいのことは誰かが言わなきゃ駄目でしょう。
 図書館の職員は、私が帰るまでに一切注意しなかったようですが、それもなんだかなあ。
 
 まだまだ、全力サッカー獣の咆哮が続いてます。 
関連記事


カテゴリ:子供・学校・保育園
TOP PAGE

 <<(次)打席で音楽を聞かせる応援が「心地よい」?

廃品回収車への110番回数(2014年6月)(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  子供・学校・保育園 >  保育園児奇声&小学生全力サッカーの時間差攻撃

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad