東京メトロのポスターも不愉快!
アナウンス以外にも、夏休みに入ったから特になのでしょうか。駅にやたらとマナーや注意についての張り紙がべたべた貼られていて不快ですね。しかも、それがすべて「いったいなんのギャグなの?」と言いたくなるようなものばかり(いずれも東京メトロ)。

「なぜそんなに大声なの? 楽しいのはわかるけど」
430466_1345180225.jpg
……これはものすごいギャグです。電車の中で一番やかましいのは鉄道会社の方々、あなたたちが放送しているアナウンスであって、今どき大声で非常識なほど騒ぎまくる乗客など、ほとんど見かけることはないんですが。「電車内での声の大きさにご配慮ください」って、自分たちの声の大きさにはまったく配慮するつもりもないくせに、どういうつもりでこんなことが言えるのでしょうか???

「STOP! 暴力」
430466_1345180593.jpg
……これもすごい。「どんな理由があろうとも、暴力に言い訳は許されない」。ああそうですか。それならあなた方鉄道会社がやっている「大音量でけたたましいアナウンス」こそ駅や車内における最大の「暴力行為」なのですから、一切の言い訳をせず即刻やめていただきたいのですが。
それにこのポスターは、「客同士の暴力」を抑制する目的を隠れ蓑にしつつ、実際は「駅員に暴力を振るうな」と伝えることに主眼を置いているのがみえみえで、それならそうとはっきり言えばいいのに客のことをダシにするなど、伝え方があまりにも姑息すぎます。

「危ない! と思ったらすぐに非常停止ボタン!」
430466_1345181136.jpg
……このポスターが最近はやたらとべたべた貼ってあるのですが、これはいったい何を言いたいのかまったくわかりません。
「危ない! と思ったらすぐに非常停止ボタン!」を押せ、と言っているかと思えば、「線路内の立ち入りは危険ですのでおやめください」。さらに「非常停止ボタンは、非常時以外には使用しないでください」「~(非常停止ボタンは)いたずらで使用すると罰せられます」
非常停止ボタンを押せということに主眼を置いているのか、線路に立ち入るなと言っているのか、勝手にボタンを押すと罰するぞと言っているのか。わけがわからないし、即物的で工夫もへったくれもないイラストやデザインもあって、とにかく「ああ、東京メトロはなんでもかんでも客を犯罪者扱いしたいんだな」という印象しか残りません。

なお、高田馬場駅で私がこれらの張り紙の写真を撮っていたら、いつの間にか警備員が二人やってきて、遠巻きに私のことをじとーっとした視線で見つめていました。
ただ公共物としての張り紙の写真を撮っているだけで即座に監視され、犯罪者予備軍扱いされてしまうのが東京メトロの駅なんですね!
関連記事


カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 <<(次)スーパーが地球に成り代わってお礼?

東京駅で朝っぱらからぐったり(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  駅・車内 >  東京メトロのポスターも不愉快!

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad