10km先まで響いてきた大島優子コンサート
 昨夜、大島優子とかいう人のコンサートの音が、ものすごくうるさかったんですが。ちなみにうちは、そのコンサートが行われた味の素スタジアムから、直線距離で10kmは離れています……。

 夜6時頃、ズンズンズンズン耳障りな重低音が響いているのに気づきました。最初は、近所の誰かがステレオでも鳴らしているのかと思い「鬱陶しいな」と腹を立てていたのですが、それにしてはなんというか、音の伝わり方が「近所のステレオ」という感じではない。

 7時過ぎ、ベランダに出てみると、やっぱり「近所の音が響いている」というより、「そこら中の空気が、ズンズンズンズン振動している」という感じで、音源がものすごく大きく、しかも、かなり遠くにありそうでした。
 たまたま空を見たら味スタ方面でレーザー光線が光っていたので、もしやと思いホームページを見ると「大島優子コンサート」と書いてあったので納得。まず間違いないでしょう。

 間違いないと言っても、本当は「10kmも離れているのに」と半信半疑だったのですが、うちの近所にはイベント会場などないこと、レーザー光線の見える方向が味スタ方面だったこと、音とコンサートの時間帯がぴったり合っていたことなどを考えると、やはりこのコンサートが騒音の原因と判断して間違いないと思います。

 その後、重低音は8時過ぎに一旦収まったものの、9時前からまたうるさくなり、ようやく静かになったのは9時半頃。何考えてんだかまったく。

 私は以前、調布市の仙川という、味スタから5㎞ほどの町に住んでいたことがあります。当時も年に何度かコンサートの重低音が響いてきて、メロディーがはっきり聞き取れることもあったので、味スタからだとすぐにわかりました。
 今、住んでいる場所に引っ越してからも、「なんだ、この鬱陶しい重低音は」と思うことは何度もあったのですが、どこが音源なのかわからず、ずっともやもやしていました。
 うちから数㎞のところにある大学が、学園祭でもしているのかと思ったこともあるのですが、それにしては夜だし、学園祭でこんなところまで響く音を出すのもおかしいし、と考え込んだこともありましたが、全部、味スタからの音だったのか……。

 今回、レーザー光線が見えたので味スタからだとわかりましたが、それはたまたま空を見上げてレーザー光線が目に入ったからです。これに気づかなかったら、音源がどこなのかわからないままだったでしょう。

 市街地で、ここまで大きな音を鳴らしてコンサートを、しかも夜9時半まで続けることが許されてしまうなんて、どういうことなんだろう。今、いちいちコンサートやイベントなどの騒音規制について調べるつもりはありませんが、どうせなんの規制もないか、あっても「まあ、それはそれとしてですね」で処理してしまうんでしょうね、この騒音鈍感大国の人たちは。
 そんなに大音量でコンサートをしたいなら、どこか太平洋の無人島にでもイベント会場を建てて、そこで思いきり騒いでくれないものかね。

 それにしても、私なんかよりもっと味スタの近くに住んでいる人たちは、この音が平気なんでしょうか。ツイッターで検索してみたら、「今日の味スタは、いつもよりうるさい」という書き込みがいくつかありましたが、大量にというほどでもありませんでした。
 でも、10㎞離れたところにいる私が言っても信憑性がないかもしれませんが、昨日のコンサートは、やっぱり「いつもよりうるさかった」と思いますよ。

 で、大島優子って誰?
関連記事


カテゴリ:祭り・路上ライブ
TOP PAGE

 <<(次)椎名誠氏が本会の活動に言及

支離滅裂な反原発デモの(屁)理屈(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  祭り・路上ライブ >  10km先まで響いてきた大島優子コンサート

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad