深夜の救急車が撒き散らす「ゼロリスク症候群」
 以前のエントリーで、「最近は救急車やパトカー、消防車などの緊急自動車が、サイレンと同時に『救急車通ります! 救急車通ります!』といった自動アナウンスを鳴らしっ放しにしたり、運転手が『はい左に曲がります! 左に曲がります! 直進します! 直進します!』と、絶え間なく連呼しながら走ったりするようになって、とてつもなくうるさくなった」と書いたことが、何度かあります(カテゴリ「信号・車の警告音・緊急車両」)。
 そしてそのけたたましさは、どんどんひどくなっています。

 うちは幹線道路のすぐ近くにあるので、緊急自動車がよく通るのですが、今ではこの道路を走るすべての緊急車両が「サイレン+アナウンス」になってしまって、とてつもなくうるさい――ということはこれも以前、書きました。
 昼間はもちろん、夜中で人っ子一人歩いていない、ほかに走る車もない道路でも、けたたましいアナウンスを流したり運転手がスピーカーからがなり立てたり。「そのアナウンス、誰に向かって言ってんだ? サイレンだけで十分だろう」という状況でも、常に「何かを言い続けてないと気が済まない」らしいのですが、今まではこれが「幹線道路では」という限定で済んでいました。さすがの緊急自動車も住宅地に入るとサイレンだけになっていた……のですが、やはり(他のスピーカー騒音同様)、日本社会でのアナウンスの乱用ぶりは止まるところを知らないようです。
 先ほど夜中の3時に、ついに住宅地でも「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」の連呼が聞こえてきたからです。

 サイレンと一緒に「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」という自動アナウンスが聞こえてきて、普通なら幹線道路を走っているので一度近づいたら遠ざかっていくはずなのですが、このアナウンスはどんどんうちのほうに近づいてきました。
 「おかしいな」と思って窓から外を見ると、なんと、寝静まった住宅地の道路を走る救急車が、「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」と連呼し続けていたのです。

 その救急車は、うちから数十メートルほどのところにある家の前に止まったのですが、幹線道路からその家の前までは、いかにも住宅地という典型的な生活道路です。深夜3時ですから、誰一人歩いている人などいません。私の家は、幹線道路からその家の前までの道筋がほぼ見通せるのですが、朝刊を配達するバイクの音が聞こえるほかは、人がいる気配などどこにもありません。
 それなのに、救急車はまるで幽霊か野良猫に向かって叫ぶように「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」とノンストップでアナウンスしながら走ってくるのです。曲がり角で鳴らすだけでなく、直線の部分でもアナウンスを切ろうとはしません。
 本当に「いったい、そのアナウンスはなんの必要があって、誰に向かって流している」のでしょうか?

 緊急車両だから、夜中だろうがなんだろうがサイレンを鳴らすことに文句を言うつもりはありません。もちろん状況に応じて音量などは考えてもらわなければなりませんが、救急車の場合なら、呼んだ人間に「もう近くに来てるぞ」ということを知らせ安心させるため、夜中でもサイレンを鳴らして走るのだ、という理屈は納得します(本当にそういう理屈でサイレンを鳴らしているかどうか、ではなく、私の中でそういう理由なら納得できるということ)。
 でも、明らかに歩行者も、車も、まったくいないことが「目が見える人間なら誰にでもわかる」深夜の道路で、「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」とアナウンスし続ける必要がどこにあるんだろう。しかも救急車は無音で走っているわけでなく、サイレンを鳴らしてるんだから、こんなアナウンスを鳴らすことにどんな必要性があるのか、まったく理解できません。

 いくら「左に曲がります! 左に曲がります!」と連呼したって、耳が聞こえない人にはそもそも聞こえません。「もし歩行者がいて、曲がり角から突然、現れたら轢いてしまうかもしれないだろう!」なんて過剰な心配をする人がいるのかもしれませんが、何度も言うように救急車はサイレンを鳴らしてるんだし、ライトを点けウインカーも点けてるのだから、それに加えてわざわざ「左に曲がります! 左に曲がります!」なんて連呼する必要があるとはとても思えません。しかも夜中の3時に、静まりかえった住宅地の道路で。

 「お前は人の身になって考えてみろよお! 世の中にはほんの少しでも危険があったらいけないんだよおおおお!」なんて考える人が圧倒的多数なんでしょうが、夜中の住宅地で「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」と連呼しなければ気が済まないというのは、一種の「ゼロリスク症候群」なんじゃないでしょうかね。
 この「ゼロリスク症候群(ゼロリスク探求症候群)」は、災害や疫病などのリスクに対してあまりにも過剰に反応する社会状況や、ちょっとしたリスクに大騒ぎする人たちのことを指した病理の概念らしく、「世の中から、ありとあらゆるリスクを完全になくさないと気が済まないんだよお!」と考えたがる日本人の性質として最近、話題になっているようです。

 この症候群は主に災害や疫病、食物だの化学物質だのといった「大きな話題」との関連で語られたり、分析されたりすることが多いようですが、そもそも私に言わせりゃもっと身近なところ――まさにここで書いたような、緊急自動車の場所も時間も考えないけたたましいアナウンスや、エスカレーターの「手すりにつかまり!」の無意味な連呼、誰も危険な目になど合っていないのに、「子供たちを守りましょう!」と毎日毎日垂れ流される防災無線の放送など――つまり、もともと日本の日常生活のあらゆる場所に蔓延しているものです。
 そして「リスクゼロを求め、そのためにならどんな場所でも、どんな状況でもアナウンスを流さないと気が済まない」日本人の、抑制のきかない一種のパニックぶりは、どんどんひどくなる一方です。

 「ゼロリスク症候群」については、もっと本を読んだりしてどんな概念なのか勉強してみたいと思いますが、これをスピーカー騒音やアナウンス騒音、そして無意味な標語看板やご注意看板が氾濫する日本社会との関連で分析してくれる人って、いないものなのかな。
 まあ、「どんなにわずかなリスクでも回避するため、ご注意アナウンスを流そう! 看板を立てよう! それは当たり前のことなのだ!」と考えてしまう「日常生活におけるゼロリスク症候群」は、識者だの研究者だのと言われる人たち自身も気づかないほど、日本人の骨の髄まで染み込んでしまっている。きっと、そういうことなんでしょう。
関連記事


カテゴリ:信号・車の警告音・緊急自動車
TOP PAGE

 <<(次)廃品回収車への110番回数(2014年5月)

音楽聞くバカ聞かせるバカ、それに文句も言わぬバカ(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  信号・車の警告音・緊急自動車 >  深夜の救急車が撒き散らす「ゼロリスク症候群」

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad