スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
東京駅で朝っぱらからぐったり
JRの東京駅で朝っぱらからぐったりしたこと。
メトロの大手町駅から東京駅の八重洲口に抜ける通路を歩いていると、なんとかいう名前のショッピングエリアに入ったとたん、「君だけが~」的な白痴な内容のJ-POPが、天井のスピーカーから大音量で流されていました。なんで電車を乗り換えるために歩く通路で、こんなバカ音楽(音楽といえるのかどうかしりませんが)を強制的に聞かされなければならないのか(J-POPでなければいいというわけでなく、どのような音楽でも一切不要ですが)。
また、東京駅で清掃員が使用していた床磨きの機械から、キンキンやかましいオルゴールの音楽が絶え間なく流されているのに遭遇したのですが、あれは一体なんなんでしょう?
JRに問い合わせたら「清掃機にお客様がぶつかるのを防ぐために鳴らしているのです」と言われるのかもしれませんが、目の前にある清掃機にぶつからないように歩く、その程度のこともできない人間は、ぶつかってすっ転ぼうが足を折ろうが、どうなってもかまわないと思うんですけどねえ。
「目の不自由な人はどうするんだ」と言われたら「そのときは機械を操作している清掃員が『危ないですよ』と声をかければすむ」ただそれだけのことです。それが人間的なコミュニケーションのあり方というものであって、それをしなくてすむように人は黙ってオルゴールで警告を発していればいいという考など、人間不在のディスコミュニケーションを助長するだけで、これも非人間的な社会を作るテロ行為の一種でしかありません。
わざと過激な書き方をしている面もありますが、私は本気でこうした騒音は、ただうるさいという以前に社会を破壊するという意識がないまま行われている無自覚なテロ行為でしかないと思っていますので(防災無線の「振り込め詐欺注意放送」などと同じ)。
関連記事


カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 <<(次)東京メトロのポスターも不愉快!

最近の鉄道アナウンス騒音(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  駅・車内 >  東京駅で朝っぱらからぐったり

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。