やっぱりあった「震災黙祷放送」その2
報道によると、今日は防災訓練などをした町が多く、その連絡を朝っぱらから防災無線で放送した町もたくさんあるようですね。
私の住んでいる市でも確か防災訓練(というかイベントみたいなもの)をやっていたはずですが、その連絡に防災無線を使わなかっただけマシかもしれません。
「振り込め詐欺注意放送」をやめ、夕方の音楽を鳴らさなければ完璧なのですが。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)音に対する配慮がなさすぎる日本

やっぱりあった「震災黙祷放送」その1(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  やっぱりあった「震災黙祷放送」その2

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad