スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
吉祥寺の終わりを告げる街頭ビジョン
 以前のエントリーで「吉祥寺は、あの規模の繁華街にしては街頭ビジョンがないのは取り柄だけど、どうせそのうちできるんだろうな」と書いたことがあります。で、やっぱりできてしまいました。設置したのは映画館兼パチンコ屋です。

吉祥寺の街頭ビジョン

 バスの中から撮影したので少し見づらいですが、場所は吉祥寺駅のすぐ東側。中央線のガード横にある1階がパチンコ屋、2階から上が「オデヲン座」などの映画館になっている「吉祥寺東亜会館」です。街頭ビジョンはこのビルの壁面ではなく、2階の張り出し部分に設置したようです。

 なんとなく、そろそろできてしまうんだろうな、という気はしていました。吉祥寺は数年前にJRの駅ビルが新しくなり、今年のGW前には井の頭線のビルも改築され、派手派手しい商業ビルになってしまいました。いかにも街頭ビジョンがあって当たり前の街――という雰囲気はむんむん充満していたので。
 ただ、できるとすれば今後もいろいろなチェーン店の進出が予定されているらしいので、それらが新築のビルを建てたときに仰々しい大型ビジョンが付いてくるんだろうな、と思っていたのですが、第1号が昔からあるパチンコ屋だったとはねえ。目の前にある井の頭線のビルの開業に便乗した、というところなんでしょう。

 バスの中からこの街頭ビジョンが見えたとき、「ああ、やっぱりか」とがっかりすると同時に「映像を流しているだけで、音を出していなければいいのに」と思いましたが、そんな甘い期待はするだけ無駄でした。すぐ、バスの中にいてもかすかに聞こえてくるくらいの音量で、音楽が聞こえてきたからです。

 都心なら新宿や渋谷、多摩地区なら立川のような大繁華街にある大型ビジョンは、どこもガンガンガンガンやかましい音を鳴らしていますが、例えば西武池袋線ひばりヶ丘駅前のパチンコ屋のビジョンは、映像は流しているものの音は出していません。
 吉祥寺でも、せめてそれくらいの配慮をしてくれればいいのですが、このパチンコ屋の経営者には、そんな気持ちはさらさらなかったようです。

 率直に言えば、写真を見ればわかる通り、この街頭ビジョンのサイズは「大型」ではなく「中型」くらいです。また、バスを降りて(停留所がこのビジョンの目の前だった……)音を聞いた(聞かされた)ところ、新宿や渋谷のビジョンほど大音量というわけではありませんでした。
 でも、道行く人に「この放送を聞け!」と、誰彼かまわず強制する街頭ビジョンができてしまったことは事実。どうせこれをきっかけに、吉祥寺の街はますますやかましくなるんでしょう。

 街頭ビジョンがなかったとはいえ、吉祥寺は今までだって十分「うるさい街」でした。

 駅前の「平和通り」はスピーカーからBGMを流し、ヤマダ電機やマツモトキヨシの絶叫呼び込みは常軌を逸し、この二つの店舗がある商店街「ダイヤ街」はエンドレスで音楽を流し続けています。ヨドバシカメラの呼び込み、東急横の宝くじ売り場の宣伝放送、駅西側の信号の「左右をよく見て渡りましょう!」という、私の行動範囲の中で最も「人をバカにした」大音量のご注意放送には気が狂いそうになります。この信号の横にある靴屋「SteP IN SteP」が店頭で流しているやかましい音楽は、もはや暴力です。

 丸井の前では必ずと言っていいほど、何かを売るためにキーキーギャーギャー放送しているし、「オッサレーな街」なんて言われる東急裏にも、店頭でガンガンガンガン大音量の音楽を流す下品な店がいくつもあります。サンロードの入口や元伊勢丹のコピス前、南口のバスが入ってくる狭い商店街あたりは、客引きやビラ配りの絶叫と通行妨害ばかりでまともに歩けないし、それらの状況は年々ひどくなる一方です。

 そこに街頭ビジョンができてしまったということは、もう歯止めがきかないでしょうね。どうせ今後、南口の商店街や北口のハモニカ横丁の再開発が進むんでしょうから、そのたびにスピーカーからの放送や絶叫宣伝が増え続けるのは間違いなさそうです。

 吉祥寺は、すぐ近くに井の頭公園があるという恵まれた環境です。そういう立地だからこそ、「モノを売るためなら、絶叫しようが大音量で宣伝を流そうが、何したっていいんだよ!」なんて幼稚な考えはやめて、もう少し落ち着きのある大人の街を目指して他の繁華街と差別化する、そんな発想はできないものなんでしょうか。
 いくら箱を変えたって、ただやかましいだけのどこにでもある街に成り下がるだけじゃ、何も新しい魅力は生まれません。
 ま、別にどーでもいいですけど。
関連記事


カテゴリ:武蔵野市
TOP PAGE

 <<(次)街頭ビジョンについて武蔵野市役所へ問い合わせ

ここまできたか回転寿司の絶叫大合唱(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  武蔵野市 >  吉祥寺の終わりを告げる街頭ビジョン

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。