ここまできたか回転寿司の絶叫大合唱
 朝日新聞の別刷り『be』に連載されている「作家の口福」というコラムで、昨日、柚木麻子という人がこんなことを書いていました。

――――――

 私が一番よく行くのが「すし銚子丸」。自動ドアが開くやいなや、従業員総出の「ようこそ! 銚子丸へ! 美味しい舞台にいらっしゃいませえっ!」と瞳をギラギラさせた大合唱、店員さんを「劇団員」と呼ばせる独特のセンスに腰が引けてしまうが、そこさえ乗り越えれば、マグロの解体ショーや旬のネタフェア、珍しいフレッシュフルーツお披露目など、訪れる度に新しい発見のある飽きさせないお店である。

――――――

 ……これは、本当のことなのかと思って調べたら本当なんですね。日本の絶叫雄叫び乱痴気騒ぎ商法も、ここまでひどくなってるのか。
 銚子丸って、確か7~8年くらい前に一度だけ行った記憶があるのですが、そのときは、こんなことはしていなかったはず。その後、どうにかなってしまったんでしょうか。

 それにしても、こんなキチガイ沙汰としか言いようのない店に行くほうも行くほうだよ。この作家は店員の大合唱にとまどいつつ「そこさえ乗り越えれば」なんて書いてますが、私にはなんで腰が引けるようなことを、わざわざ我慢して乗り切る必要があるのかさっぱりわかりません。

 日本人は何事につけ、こういうふうに「苦難を乗り越えてこそ価値がある!」なんて考えるのが大好きですが、「乗り越えなければならない苦難」なんて、あるよりもないほうがいいに決まってるじゃん。わざわざ自ら苦難を作り出したり飛び込んだりして、「それを乗り越えた!」って感動したって、ただの安っぽい自己満足でしょ。
 大げさに言えばそういう考え方をすることが、わけのわからない軍事教練みたいな社員教育とか、流行のブラック企業を生んだりする下地にだってなっているんだから、こういう「苦労してこそバラ色が!」みたいな発言は、もう少し考えてからにしてほしいなあ。
 いいかげん『巨人の星』は卒業して、日本人、もう少しスマートになろうよぉ。

 まあ、別にこの作家が自分で絶叫しているわけじゃないし、このコラムをだしにこの作家のことを批判するつもりはありません。なんといっても問題なのは、ますます世の中にこういう「うるさい店」「押しつけがましい店」ばかりが氾濫することです。

 回転寿司なんて、だいたいどの店も何かボタンを押すたびにピッピッピッピッと電子音が鳴ったり、テーブルの横の液晶モニターで無理やり宣伝を見せられ(聞かせられ)たりするし、もちろんBGMは大音量でやかましいし、店員が大声を張り上げるしで、ろくなもんじゃありません。
 店員が大声を出すのは、まだ「威勢がいい」の範疇として受け止めることもできますが、回転寿司の絶叫なんて威勢がいいというよりも、このコラムにあるように、ただ決められた通りの紋切り型絶叫を繰り返しているだけだもんなあ。
 いなせな店員が「えらっしゃい!」と短く、すっきりと、本当に「粋だねえ」と言いたくなるような声で出迎えてくれるならともかく、『「ようこそ! 銚子丸へ! 美味しい舞台にいらっしゃいませえっ!」と瞳をギラギラさせた大合唱』なんて、そんなわざとらしい説明絶叫を聞かされて何がうれしいのよ?

 『日経ビジネス』のサイトには、こんな記事がありました。

――――――

 銚子丸は「舞台」の雰囲気を感じさせる店である。銚子丸ではスタッフを「劇団員」と位置づけている。団員たちは「銚子丸一座」の舞台で “観客”を精いっぱいもてなすのだ。そして芝居小屋よろしく、店内には経営理念が染め抜かれたのぼりが立つ。そこには「お客様の満足が私達の喜びです」で始まり、最後は「どうかご叱責ください」で締めくくられている。

――――――

 ああ、嫌だ嫌だ。別に「精いっぱい」もてなしてくれなくても、「普通」にしてくれりゃいいですよ。「経営理念」なんて客にわざわざ見せつけるものじゃなくて、料理や接客の中から自然に感じ取れるものであるべきじゃないのかね。
 「お客様の満足が私達の喜びです」? 「どうかご叱責ください」? こういうことをわざとらしくアピールするが大好きな企業に限って、自分たちが盲信する価値観以外のものが世の中にあるとは考えようともしないから、もし「もうちょっと、静かに食べさせてもらえませんかね」なんて言っても、「ハイモーシワケゴザイマセエエエーーーン!」と、ロボットみたいな口調の返事(しかも、それがまたわざとらしい絶叫)が返ってくるだけなんですよ。
 私は、日本人のこういう「卑屈な言葉や態度の裏側に込められた徹底した他者への無関心と、一見、防御の姿勢を装ったとてつもない攻撃性」が大嫌いです。

 まあ、回転寿司なんて行かなければ行かないで済む店だから、そこまで目くじら立てなくてもいいんですけどね。でも、こういう店がますます世間でもてはやされるからこそ、スーパーでもコンビニでもどこでも絶叫ばかりするようになっていくんだなあと思うと、あらためてうんざりしてしまいます。

 あ、それから、寿司ってヘルシーな食い物だと思っている人は多いですが、実は案外そうでもないのです。確かにカロリーは低めかもしれませんが、酢飯には砂糖がたっぷり入っています。炭水化物の米に砂糖を加えた「糖質の塊」が寿司というわけで、あんまり銚子に乗って食っていると、丸まる太って糖尿病になりかねないので注意が必要です。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)吉祥寺の終わりを告げる街頭ビジョン

廃品回収車への110番回数(2014年4月)(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  店・施設・商店街 >  ここまできたか回転寿司の絶叫大合唱

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad