スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
防災無線「終戦の日」放送
どこの自治体でも防災無線から流している、8月15日の黙祷放送。
本気で黙祷をしたいなら、公民館でもどこでもいいから慰霊集会でも開いて希望者が集まったほうが、よほど真摯な黙祷ができると思うのですが、誰がどこで何をしているのかをまったく斟酌せず、防災無線を使って安易に「黙祷しろ」と一斉命令。しかもその命令が「しょせん誰もまともに聞いちゃいない」ことなどあらかじめわかっているのですから、そんな放送を流す側も、流されて平然としている側も、どちらも始末に負えない。
「お足元にご注意ください」「よい子は手すりにつかまりましょう」などの無意味なバカ放送と一緒ですね。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)誰かを救うためなら我慢しろ?

Jアラート大失敗の詳報(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  防災無線・広報車・夜回り >  防災無線「終戦の日」放送

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。