薬屋、うるさいぞ!静かにしなさい。
 「ドラッグストアがうるさい」といえば、少し古いですが2005年5月31日の東京新聞「言いたい放談」というコラムで、落語家の立川志らく師匠が「ドラッグストアは静粛に」と書いています。

――――――

 薬屋、うるさいぞ! 特に渋谷の薬屋、静かにしなさい。薬屋というと語弊があるといけないから、言い直そう。ドラッグストアだ。

 店頭で若い店員がメガホンでがなりたてている。さらにテープレコーダーから音楽が鳴り響き、早口で全く聞き取れない言葉が垂れ流しになっている。ドラッグストアよ、なんでそんなに慌てて売りたいのだ? 野菜や魚じゃないんだから、腐らないぞ、薬は。ゆっくり売りなさい。

 薬を買いに行くこちらの状態は、あまり調子のいい時ではないことが多い。頭痛の薬を買いに行って、余計、頭が痛くなったことがある。ほとんど魚河岸だ。いや、一緒にしたら魚河岸に失礼か。魚河岸の兄ちゃんはいなせで粋だから、言葉の響きが心地よい。ドラッグストアの兄ちゃんは口を開きっぱなしで、ただ怒鳴っているだけ。不愉快だ。おとなしくなる薬を飲みなさい。

 あれだけ「二割引き!」「三割引き!」と怒鳴られると、若者などは買わなくてはいけない、という強迫観念にさらされてしまう。元来、薬なんというものは、安いから買いだめしておこうという代物ではない。

 化粧品も売っているって? 同じだよ。化粧品は使用期限が、かなり長いではないか。いずれにしても、急いで売りたいというのは店側の気持ちで、客のそれではない。静かで、上品で、その上、品数がそろっていて、安いドラッグストアってないのかな。あったら、うるさい店は片っ端からつぶれるぞ。

 とにかく、もう少し静かにしていただけませんでしょうか。

――――――

 もうね、何も付け加える必要はありません。まったくもって仰るとおりです。

 それから、2004年8月4日の同コラムでは、女優の藤田弓子さんが「うるさい、うるさい」というタイトルで、子供の奇声や駅のアナウンスなど、いくつもの音の暴力に異議を唱えています。

――――――

 この時期、夏休みもお盆も関係なく仕事をする身にとって、尋常ならざる子供達の声は暴力と言い切ってしまいたいほどだ。街や電車の中やレストランにハイテンションな声が響く。子供は喉にストレスがかかっていないから実におおらかないい発声をする。私達役者は「赤ん坊の泣き声のような発声をしろ」と教わるくらいだ。しかし公共の場ではボリュームを下げて喋るという知的な教育をしてから外に連れだしてほしい。「子供はのびのび育てたいのよ」。はい、他人に迷惑をかけずにのびのび育ててください。

 若い女性達が立てる騒音はミュールをつっかけて歩く足音。カツン、カツン、カツン! そんなすごい音を立てていることを自覚していないようだ。そんなに目立ちたいのかと、逆に確信犯のような気もしてくる。ミュールはやめた方がいい。歩きにくいから膝は曲がるし背中は丸まる、ちっとも美しくない。「ミュールをはいている女性には、ハウマッチ?と聞いてもいいんだ」とニューヨーク帰りの男性が言っていた。

 駅員さんの過剰なアナウンスもうるさい。「電車が来ます下がってください! 危険ですから下がってください!」。特に東京駅の新幹線ホームのマイクで喋る声はすごい、興奮状態でがんがんがなり立てる。そのせいでホームに電車が入る音も聞こえない。確かにホームからの転落事故の危険性があるから注意を促しているのだが「うるさい」と思わせるより、品川駅のように転落防止柵をちゃんと設置した方が効果がある。

 「生ビール一丁!」「よろこんでェ!」。居酒屋で大流行した威勢のいいかけ声。その声を聞きたくてどんどん注文して、どんどん飲む。居酒屋だからいいのだ。普通のレストランでしかも昼間っからやられたのではたまらない。大好きだった中華料理屋さんのランチで「よろこんでェ!」をやられて、もう行く気を無くしてしまった。

 携帯電話のマナーはとてもよくなったと思う。中高年の方々、メールを打つ時もマナーを押して消音しましょうね。

――――――

 もうね、何も付け加える必要はありません。まったくもって仰るとおりです。

 ここにあげられた騒音のうち、少しはましになったと思えるのはミュールの音でしょうか。それだって、私があまり若い女性が行くような繁華街に出なくなったから、そう感じられるだけなのかもしれません。
 携帯電話に替わってスマホが普及したおかげで、ボタンを連打するときのカチカチ音や電子音、折りたたみタイプのやつを開いたり閉じたりするときの「カチャ、カチャ」という耳障りな音がほぼなくなったのも、数少ないうれしい変化です。

 でも、その他の音の暴力は、「2割3割増しは当たり前~!」というくらい、ますますひどくなっているように思います。
 とにかく、もう少し静かにしていただけませんでしょうか。
関連記事


カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
TOP PAGE

 <<(次)これからは「他人に自分の気分を決めてもらう時代」?

ドラッグストアに薬を買いに行って死ぬのは嫌~(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  騒音をめぐるあれこれ >  薬屋、うるさいぞ!静かにしなさい。

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad