千代田区の防災無線
千代田区は、昔から「こちらは防災千代田です」で始まる独特の防災無線を流しています(千代田区の会社に勤めていたこともあるので、そのときは毎日聞かされていました)。
この「防災千代田」というのが、どう耳をすませても「防災広場」と聞こえるので、実は「防災千代田」と言っているのだと知った人は、間違いなく「ええっ、マジすか?」と驚いて飲んでいたコーヒーを吹き出すというのが、千代田区ならではの風物詩の一つです。

コーヒー云々は冗談半分ですが、「千代田」という簡単な単語すら正確に伝えられていないのは事実ですから、防災無線というものがいかに情報伝達力の劣ったメディアか、これだけでもよくわかります。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)丸ノ内線の騒音にブチ切れ寸前

「中央フラワー」絶叫呼び込みへの苦情その1(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  千代田区の防災無線

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad