路上ライブは広場や歌舞伎町でやればいい
 本日の朝日新聞夕刊に、また、路上ライブを賛美するコラムが載っていました。

――――――

(各駅停話)新宿駅 夢追い人が路上で歌う

 JR、京王、小田急、東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れ、1日平均300万人以上と日本一の乗降客数を誇る新宿駅。仕事や学校から解放された乗降客らで混み合う夜、南口や西口前の路上は、観客を求める若いアーティストたちのステージになる。

 CDに合わせた独唱や、ギターやキーボードの弾き語り、バンド演奏、ダンスのほか、言葉を書にして贈る若者もいる。

 無許可の道路使用は警察官から制止されるうえ、酔客に絡まれ、通行人から罵声を浴びることも。

 ♪信じられたら 強くなれるよ――。数人の前で、アコースティックギターを爪弾きながら歌う小柄の女性がいた。さいたま市出身のmarinaさん。「できるだけたくさんの人に聴いてほしい」と繰り返し新宿の駅前に立つ。ここで知り合い、ライブハウスに聴きに来てくれるようになったファンらが支えだという。

 ギターの弾き語りでバラードを熱唱していた田部井孝明さん(26)は「少しでも疲れた心を楽に感じてくれる人がいたら」。一晩に20曲歌うこともある。「立ち止まってくれる人が勇気をくれます」。メジャーデビューの夢を追っている。(上沢博之)

新宿路上ライブ.jpg

――――――

 本当は、これについていつものような「身勝手な路上ライブ賛美」批判をだらだら書こうと思ったのですが、どう考えても「ここまで書いたらちょっとね」という皮肉しか出てこないのでやめます。とにかく路上ライブについては、「違法に路上を占拠して、自分勝手に酔いしれて、通りかかる人様に無差別に、無理やり音楽を聞かせるな」と、同じことを繰り返すしかありません。
 酔っ払いが寿司折りか何かぶら下げながら「あ~なた~にぃぃぃささあげ~たあ~~~」なんて歌っているならほほえましいものですが、路上ライブなんてものは本来「しかるべき場所でやること」を、勝手に公道を占拠して繰り広げているだけの迷惑行為なのですから。

 しかし、夜の新宿の南口や西口には、もうずいぶん行っていないのですが、いつの間にかとんでもないことになってませんか。この記事の写真は南口の甲州街道でしょう。自称ミュージシャンやその周りを取り囲む連中が路上を占拠して、歩行者の通るスペースがほとんどなくなっているじゃないですか。しかも記事を読む限り、南口や西口にはこんな連中が何組も現れるようになっているということですか? ライブだけでなくダンスだのなんだのまで現れてるんですか? なんでそんなものが放置されてるの?

 私は思うのですが、こんな状況が続くなら、そのうち「場所を巡って自称ミュージシャン同士が乱闘」だの、「狭くなった歩道のせいで通行人同士が喧嘩、一人重傷」だの、何か事件が起こる可能性も十分にあるんじゃないですかね。そうなってはじめて「路上ライブは規制すべき」なんて言っても遅いと思うのですが、世の「良識派」のみなさんは何か事が起こらない限り、こういう迷惑行為を「すてきだわ」だの「元気をもらったよ!」だのと褒めそやすだけ(その代表が、この記事を書いた記者)。そのくせひとたび事件が起きると、とたんに「前から危険だと思ってたの!」「だからさっさと規制すべきなんだよ!」などと言い始めるものなのだから、何がなんだかよくわかりません。

 それにしても上沢博之という記者は、「無許可の道路使用は警察官から制止されるうえ、酔客に絡まれ、通行人から罵声を浴びることも」などと同情的に書いていますが、無許可なんだから警察官から制止されるのは当然のことですよ。それとも朝日新聞は「路上ライブのためなら、法を破ってもかまわない」という認識なんですかね。
 酔客に絡まれたり、罵声を浴びたりすることがあるのも、そうされて仕方のないことをしているから。ただそれだけのことです。私はむしろ、こういう迷惑行為に文句を言う人がいるということがうれしいですね。「うるさい!」「邪魔だ!」当然じゃないですか。

 こんなブログで前向きな提案なんかしてもしょうがないのですが、自称ミュージシャンたちがそういう目にあいたくないと言うのなら、新宿なら南口の甲州街道を渡ったところにある、サザンテラスってんでしょうか、あの長い広場を路上ライブ用に開放すればいいんじゃないでしょうか。駅前の歩道を勝手に占拠し、大音量を撒き散らして通行妨害をするより、そのほうがよほど合理的だと思うのですが。
 あの広場の周囲には店や企業のビルしかないのだから、別に誰からも文句は出ないでしょう。あれだけ長くてでかい広場なら路上ライブが100人来てもだいじょーぶ! 自称ミュージシャンが「あそこじゃ通る人が少ないよ!」などと文句を言ってもしょうがありません。そもそも「通行人が多いところで路上ライブをする」という行為のほうがおかしいのですから。

 西口なら、ミロード? モザイク通り? なんだかよくわかりませんが、小田急と京王の駅に挟まれたところにあるオサレな坂道の商店街を開放すればいい。あそこは狭いですが通勤客がわざわざ通る場所じゃないし、店舗が「営業の邪魔になる」などと言っても、そもそも路上ライブをしたり、見たりするような連中を顧客に儲けているのがサザンテラスやモザイク通りなどの店なのだから、「それくらい自己負担しろよ」と私は思いますけどね。

 あるいは、歌舞伎町の中でもいいでしょう。歌舞伎町なんてあんなこととかこんなこととか、スペシャルな目的のある人しか行かないところなんだから、コマ劇場前の広場あたりを路上ライブに開放すればいいんです。ああいう場所を「歌舞伎町浄化作戦」などと言って規制するのに、一般の道路での迷惑行為を平気で野放しにする警察や「善良な人々」の考え方が私にはよくわかりません。

 路上ライブをしている連中は、どうしてちゃんと警察や行政と話し合い、自分たちが演奏できる場所を確保するという努力をしようとしないのでしょうか。きっと彼らの頭の中には、「♪無神経になれたら 強くなれるよ――」なんて歌詞がうずまいてるんでしょう。
 大音量騒音と通行妨害のせいで「疲れた心がさらに疲れてしまい」、「耳を塞いで早足に立ち去るしかない」状況に「絶望をもらう」路上ライブの氾濫。大型ビジョンに加えこんな騒音もひどくなる一方じゃ、ますます都心に行きたくなくなります。
関連記事


カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
TOP PAGE

 <<(次)おガキ様は路上で「ギャー!」、ビンを「ガチャーン!」

廃品回収車への110番回数(2014年1月)(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  池袋・新宿・原宿・渋谷 >  路上ライブは広場や歌舞伎町でやればいい

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad