スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
当事者意識のない西武鉄道駅員
本日は、西武新宿線の某駅に「テナントの絶叫呼び込みがうるさい」と苦情を言いました。
高田馬場駅でうるさいのはとりあえず「神戸屋」だけなのですが、この駅では「神戸屋」に加えほかに3店、計4店舗ほどが競うように絶叫呼び込みを繰り返しており、これについて駅の事務所で苦情を言いました。

しかし結果は、高田馬場の駅員と比べるとはるかに物足りないものでした。
「店は駅が経営しているわけではないので、苦情があったことは伝えますが、それ以上は何もできません」
という、なんとも当事者意識に欠けた対応が返事の要約。
高田馬場駅の駅員のように、その場ですぐ注意に行ってくれるわけでもなく、管轄の営業所に必ずその意見を上げますと返事をしてくれるわけでもありませんでした。
いずれ、もっと正式な形で苦情を申し入れるつもりです。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)渋谷、新宿、原宿で騒音測定をしました、その1

歩行者に「注意しろ」はおかしいぞ(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  店・施設・商店街 >  当事者意識のない西武鉄道駅員

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。