スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
日本だって、イスラム国家と変わらんでしょ
 朝日新聞の「特派員メモ」という連載記事に、たまに世界各国の「音」に関する話題が掲載されます。そのうちの一つ。

――――――

(特派員メモ コペンハーゲン)親切の反比例

 ロンドンから北欧デンマークに里帰りした知人がしきりにぼやく。「階段で乳母車を下ろしてもみな知らんぷり。ロンドンならわれ先に手を貸すのに」。一見、無愛想な紳士が「道に迷ったのか」と声をかける。ちょい悪風の少年が荷物を抱えたお年寄りを手助けする――。英国ではおなじみの風景だ。

 福祉国家で名高いデンマークだが、知人は「弊害」を嘆く。国家が何かと面倒を見てくれるので個人が助け合う必要を感じなくなった、と。

 私も日本に戻ると「閉まるドアにご注意」「バックします」といったアナウンスの洪水に面食らう。それで助かる人がいるのは理解しつつ、直接、声をかけ合ったり助け合ったりする必要を感じなくなってはいないか。かゆいところに手がとどく「安心国家」の弊害がなければいいが(後略)。

(沢村亙)

特派員メモ_コペンハーゲン.jpg

――――――

 ――『「閉まるドアにご注意」「バックします」といったアナウンスの洪水に面食らう。それで助かる人がいるのは理解しつつ、直接、声をかけ合ったり助け合ったりする必要を感じなくなってはいないか。』

 「必要を感じなくなってはいないか。」ではなくて、まさにそういう状況になっていると思いますよ。

 ――『かゆいところに手がとどく「安心国家」の弊害がなければいいが。』

 いや、「弊害がなければいいが。」どころの話じゃないです。実際に弊害ばかりです。誰も彼もが押し黙ったまま、自分の口は絶対に開こうとせず、ただスピーカーから流れてくる「ああしましょう! こうしましょう!」という怒濤のような管理放送を「聞き流すだけ」なのが、日本という国の人々なのですから(しかもスマホで目、iPodで耳まで塞いで!)。
 そのバカバカしさに、うっすらとでも気づくことができたのなら、ぜひもう一歩踏み込んで、こうした日本社会のおかしさを、紙面でしっかり考察してみてほしいものです。お願いだから。

 もう一つの記事。

――――――

(特派員メモ)モスクの音の秘密 @ジャカルタ

 【郷富佐子】

 (前略)今月10日からイスラム教の断食月(ラマダン)が始まり、モスクが流す礼拝の呼びかけも音量を増した。このスピーカーの多くが「TOA」という日本企業製だと聞き、ジャカルタ郊外にある工場を訪ねた。現地生産している合弁企業の本田敦雄社長によると、インドネシアに20万あるとされるモスクの8~9割が同社製のスピーカーを使っているという。高いシェアだ。
 (中略)
 ラマダン中は、早朝から礼拝の呼びかけが大音量で鳴り響くため、毎年寝不足になる。でも、これが日本のスピーカーから流れていると思うと、今年は少し違って聞こえるような気がする。

特派員メモ_ジャカルタ.jpg

――――――

 うーん、こっちの記者はのんきだなあ。『早朝から礼拝の呼びかけが大音量で鳴り響くため、毎年寝不足になる。』ほど鬱陶しいのに、『これが日本のスピーカーから流れていると思うと、今年は少し違って聞こえるような気がする。』わけですか。まあ、それくらい図太い神経でなければ、海外特派員なんてできないんでしょうけれども。

 イスラム国家で礼拝の呼びかけが大音量で鳴り響くことや、それをその国の人々がどう受け止め、どう考えているのかについて、いちいち他国の人間があれこれ言う必要はないでしょう。でも、「常に『ああしろ、こうしろ』という放送が流れ続け、嫌だろうがなんだろうが聞かざるを得ない国である」という状況は、イスラム国家だって日本だってたいして変わりませんよ。

 私の住んでいる市では原則として、防災無線から流れるのは毎日、夕方の鬱陶しい音楽だけですが(自慢じゃありませんが、その他の放送は、私が苦情を言ってやめさせたのです。私が黙っていたら、今でも鳴り続けていたでしょうね)、日本には「おはようございます!」だの、「本日は公民館で映画の上映会を行います!」だの、「狂犬病の予防注射を忘れずに!」だの、「子どもたちを見守りましょう!」だの、「行方不明の老人を捜しましょう!」だの、朝から夜まで幾度となく、防災無線から「ああしろ、こうしろ管理放送」が大音量で鳴り響く町がたくさんあるのです。

 そんな放送が流れるのは防災無線に限りません。日本という国はイスラム国家で1日中「礼拝をしろ」とスピーカーから言われ続けるのと同様に、駅や、店や、路上など、ありとあらゆる場所で、いちいち「ああしろ、こうしろ」と命令され続けなければならない国なのです。
 そのことのおかしさに、この記者も少しでいいから気づいてほしいものです。『日本のスピーカーから流れていると思うと、今年は少し違って聞こえる』などと、あまりにもお気楽なことを言ってないでさ。
関連記事


カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
TOP PAGE

 <<(次)お笑い車掌の箱根登山鉄道には、絶対乗りません

ヨーカドーで受けた応援歌という「拷問」(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  騒音をめぐるあれこれ >  日本だって、イスラム国家と変わらんでしょ

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。