スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
吉祥寺「平和通り」の音楽騒音
吉祥寺で、新たな商店街騒音を「発見」してしまいました。

10月の末頃に駅の北側、ロータリーからパルコ前へ続く通りを歩いていると、どこからかひときわ大きな音でジャズ風の音楽が聞こえてきました。「いったい、どこの店が鳴らしてるんだ」と思いながら周囲を見渡しても、音源がまったくわからない。心の中で「気にしない、気にしない」と念じながら歩いていたのですが、いつまでたっても追いかけてくるように耳に飛び込んでくるので気に障ります。「おかしい」「まさか」と思い上を見ると、案の定、商店街全体にスピーカーが設置されていて、ジャズはそこから流されていました。

私は2、3カ月に一度ぐらい吉祥寺に行くことがあり、この駅前の通りも今までに数え切れないほど歩いていますが、商店街全体でこんな音楽を流していることに気づいたのは、そのときが初めてでした。今までまったく気がつかなくて、この日だけ耳に入ってしまったとはちょっと思えない。イベントなどの理由があって、たまたまこの日だけ音楽を流していたということも考えにくいのですが……。

この通り(今回、「平和通り」という名前の商店街だということを知りました。そして商店街全体にスピーカーが設置されていたことにも、初めて気づきました)は、8月の下旬にも歩きました。そのときはこんな音楽が流されていなかったと思います。それから2カ月の間に、どこかの誰かが「通り全体に音楽を鳴らしてやろうぜ!」なんてよけいなことを決めたのでしょうか?

頼むから、やめてくれないかなあ。
私は飲食店や小売店などが「店の中」でBGMを流すこと、それ自体には反対しません。日本の「店」のBGMはあまりにも大音量でけたたましいものが多く、音楽以外にも平気で押しつけがましいCMを流したり、店員が絶叫したり、過剰な挨拶を繰り返したりするのでうんざりしていますが、それでも雰囲気作りのために店が音楽を流すことそれ自体をやめろとは言いません。
ただ、「商店街全体で」となると話は別です。

「店の中で音楽を鳴らすのは、基本的には経営者の好きにすればいいと思うよ。その音が嫌なお客さんは、ほかの店で買い物をすることもできるんだから。でも、商店街そのものっていうのは特定の店のお客さんだけじゃなくて、通勤のためとか買い物以外の用事とか、いろんな目的を持った人が通る公共の空間だよ。そこで音楽を流すなんて、人様に『この曲を聞け』と強制してるだけじゃん。聞きたくない人にも音楽を無理強いするような野蛮な行為はやめようよ。それが大人の街ってもんじゃないかな」

平和通り商店街の関係者には、こんな「まっとう」な考えを持つ人が一人もいないんでしょうか。
この通りを日常的に歩いている人にも、こんな音楽が始まってしまったことを「おかしい」とは思う人は一人もいないのでしょうか……。

吉祥寺は、今、井の頭線の駅ビルを改装中で、さらにユニクロやヤマダ電機の新店舗など、「騒音上等!」な店が続々と進出してくるそうです。
私は吉祥寺の唯一の取り柄として、以前のエントリーで「この規模の街にしては、大型ビジョンがないこと」と書きましたが、この様子ではそれもどうなることやらという感じです。きっとこれからは、街全体の「騒音合戦」がますますエスカレートする一方なんでしょう。本当に先が思いやられます。

追記

このエントリーを書いて1カ月後、また吉祥寺に行ったのですが、そのときはこの「平和通り」から、小さめの音でイージーリスニングのBGMが流れていました。

それで気づいたのですが、もともとこの通りには、なんらかのBGMが常に流されていたと思います。ただ、ここはバスのエンジン音や走行音、各商店の音楽や店員の絶叫呼び込み、宝くじ売り場のけたたましいアナウンス、もちろん歩く人たちの話し声などが入り交じって、それでなくても暗騒音の高い通りなので、「普段からBGMが流れていた」ことに、私自身が気づかなかったんでしょう。
その暗騒音の中から、たまにイージーリスニングが聞こえてきて、「いったい、どの店の音楽だろう」と不思議に思ったことが、今までにも何度かあったのを思い出しました。

この10月の下旬の日だけ、ひときわ大きな音でジャズが流れていたのがなぜなのかはわかりませんが、これ以上、あの通りで「音楽騒音」を垂れ流さないでほしい。
まあ、そうは言っても、今(11月下旬)、駅前のロータリーにはクリスマスの大きなモニュメントが建てられていて、そこからかなり大きな音で「なんだか変なポップス」が流されています。
これが毎年のことだったかどうかは覚えてませんが、こういうことは本当にやめてくれないかなあ。どうして日本人って「音を押しつけること」が、こんなに好きで好きでたまらないんでしょうか……。

私が今、一番願っているのは、吉祥寺のメイン商店街である「サンロード」だけは、頼むからこのまま音楽やアナウンスなどを流さない場所でいてくれ、ということです。
あの商店街はただでさえ、それぞれの店から漏れてくる音楽や店員の呼び込み、客引きなどでうるさい通りですが、商店街全体で音楽やアナウンスを流していないことだけが取り柄。そこによけいな「音」まで加わったら、もう吉祥寺で歩ける商店街がなくなってしまいますから。
商店街騒音の中でも、音が反響しやすいアーケードの商店街で音楽やアナウンスを流されたら、もう最悪です。
関連記事


カテゴリ:武蔵野市
TOP PAGE

 <<(次)本会が新聞に意見広告を出しました

「お前も子どもの頃はうるさかった」と言われてもね(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  武蔵野市 >  吉祥寺「平和通り」の音楽騒音

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。