スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
廃品回収車への110番回数(2013年10月)
2013年10月の廃品回収車(不用品回収車)に対する110番通報は、3回でした。

やっぱり10月も、1カ月間に現れた業者はここ最近と変わらず6~7台くらい。そのうち通報した3台はうちの前の道路にまで入り込んできた業者。その他はうちから見えない場所をうろうろして、音だけ聞こえてくるような状態だったので、とりあえず通報はしませんでした。

廃品回収業者の騒音で110番して、警察を呼ぶのは簡単です。

通報者「うちの町内を、もう30分以上、廃品回収業者が大音量でスピーカーを鳴らしながら走り回っていて、うるさくてたまりません。迷惑騒音なので警察に来てもらいたいのですが」
オペレーター「わかりました。住所をお願いします」
通報者「●●市●●町●-●-●です」
オペレーター「業者の車はどんな車ですか」
通報者「普通の白い軽トラです。ちなみにナンバーもわかります。横浜480 あ ●●-●●です」
オペレーター「わかりました。向かわせます」
通報者「よろしくお願いします」

これだけ。ポイントは、

・業者の音が聞こえてから5分であっても、「もう30分も聞こえてきて、うるさくてたまりません。死にそうですぅ(泣)」などと、わざと大げさに神経が参っている様子で言う(と効果的かも。逆に、業者がうるさいのはオペレーターのせいではないのだから、決して「イライラしながら」言ってはいけない)。

・できれば、目の前を業者が走っているときなど、やかましい音が電話越しにオペレーターにも聞こえるタイミングで言うと説得力が増す(ような気がする)。

・ナンバーはわかれば伝えたほうがいいが、わからなければ伝えなくても問題はない。「どんな車か」はほぼ間違いなく質問されるが、「白の軽トラ」など当たり前の特徴を伝えるだけでよい(車体に屋号が書いてあったりしたら、もちろん伝えたほうがよい)。もし音が聞こえるだけで車は見えないなら、そのまま「見えないのでわかりません。とにかく音がひどいんですよ」と言えばOK。

・オペレーターは現場の「住所」を聞いてくるので、「●●市●●町なんですけど」などとあいまいに伝えるのではなく、「●●市●●町●丁目●番地●号です」とピンポイントで伝える(中途半端に伝えても、オペレーターは困って何度でも「何番地ですか」と聞いてくるだけ)。このとき、わざわざ自宅の住所を言う必要はないので、そのときどきで適当に家の周囲の(実在する)住所を伝えれば大丈夫。警察はだいたい110番から10分前後で現場に来ることがほとんどなので、可能なら、業者が走る方向とスピードから「10分後、だいたいどのあたりにいそうか」を予想して、その住所を伝えるとさらに効果的。

・オペレーターによっては、「あなたのお名前は? 報告は必要ですか?」などと聞いてくる場合もあるが、そのときは「今回は匿名でお願いします。別に報告もいりません。とにかく業者を注意して、音をやめさせてもらえればそれでいいです」などと言えばOK(もちろん、名前を告げたり、報告をもらったり、自ら現場に立ち会ったりするのも、そうしたければしてもかまわない)。

・中には、こちらが「うるさいんです」と言っても「え? 廃品回収がどうしました?」などと繰り返し、通報内容が「廃品回収車の騒音」であることを、なかなか認識しないオペレーターもいるが、別にひるむ必要はないのできちんと「業者の騒音で来て欲しいんです」と言えば伝わる。それに、この手の「なんで廃品回収の音がうるさいんだ? 警察がそんなことで出動しなきゃならないんだ?」と思っているようなオペレーターは、数年前と比べばずっと減りました。

現場に警官が来て業者に注意をすれば、90%くらいの業者は音を消してどこかに消え去ります。たまに警官が引き上げたとたん、また音を鳴らしてうろうろし始める業者もいますが、そのときは何度でも110番すればいいことです。

●2010年6月以降の110番回数

2010年6月  2回
2010年7月  5回
2010年8月  8回
2010年9月  7回
2010年10月  8回
2010年11月 14回
2010年12月  6回
2011年1月  4回
2011年2月  2回
2011年3月  1回
2011年4月  0回
2011年5月  1回
2011年6月  5回
2011年7月  5回
2011年8月  1回
2011年9月  5回
2011年10月  1回
2011年11月  7回
2011年12月  4回
2012年1月  3回
2012年2月  1回
2012年3月  1回
2012年4月  3回
2012年5月  2回
2012年6月  1回
2012年7月  2回
2012年8月  1回
2012年9月  2回
2012年10月  5回
2012年11月  3回
2012年12月  5回
2013年1月  1回
2013年2月  2回
2013年3月  4回
2013年4月  4回
2013年5月  0回
2013年6月  1回
2013年7月  2回
2013年8月  4回
2013年9月  0回
2013年10月  3回
関連記事


カテゴリ:廃品回収・移動販売
TOP PAGE

 <<(次)「都心の下町」もスピーカー騒音だらけ

女子大生の靴音が悩ましい~(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  廃品回収・移動販売 >  廃品回収車への110番回数(2013年10月)

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。