12時だから、なんだってんだ?
数カ月前に、千葉県の印西市をうろうろしてきました。

どこもかしこも同じですが、日本の町は本当にうるさい。しかも「どうしても必要なうるささ」ならいくらでも我慢するけど、「そんな音、なんで出す必要があるんだ!」と言いたいスピーカー騒音ばかりなのだから腹が立つ。
印西市では、町を歩いていたとき、突然、防災無線から音楽(だったかチャイムだったか、そこは記憶がおぼろげ)が流れ始めました。時計を見るとちょうど12時。昼を知らせる音だったようです。

私が住んでいる市では、幸いなことに防災無線が時間を知らせる放送をするのは、夕方の一度のみです。
もちろん、たった一度でも迷惑だからやめてほしいのですが、夕方になると音楽やチャイムを鳴らすというのは、日本の「防災無線教」を象徴する行為ですから、やっていない町を探すほうが難しいでしょう。これをやめろと言っても実現するとは思えない。だからしょうがなく黙っています(以前、市の防災課に言ったことはあるが、まともに話が通じない)。

そんなわけで、印西市ではじめて「12時を知らせる音」を聞いて、「これがそうなのか」と腹が立つやら笑ってしまうやら不思議な気持ちになりましたが、とにかくわからないのは、「これはいったい、なんのために鳴らしているのか」という理由です。

夕方になると「七つの子」だのなんだのといった、よけいな音楽を鳴らす行為には、「子どもに帰宅をうながす」という理由が付けられるものです。
それに対して私たちが、
「そんな放送をしなくても、周りが暗くなってきたら帰ろうと、ちゃんと子どもをしつければいいことだ」
「そのほうが、音楽を合図に一斉に帰宅させるというパブロフの犬のような条件付けをするより、よほど教育的じゃないか」
「だいたい、防災無線の音楽を聞いて、それを合図に帰宅する子どもなんて見たことがない」
など、さまざまな理由を挙げて「あんな放送は不要だ。うるさいだけだ」と言っても、自治体の職員をはじめとする世の中の「善人」は理解しようとしません。「それならお前は、子どもたちが帰宅できず犯罪にあってもいいのか!」などと、まったくピントがずれたただの屁理屈を持ち出してくるだけです。

そして、それよりもさらに訳が分からないのは、この昼の放送です。
夕方以外の時間に音楽を流しているのだから、「子どもに帰宅をうながすため」という理由は成り立ちません。
では、この放送は大人が対象? 大人がなぜ、自治体からいちいち「12時だぞ」と知らせてもらう必要があるんでしょう?

「仕事に熱中していると時間がわからなくなるから、防災無線で教えてもらえるとありがたいんだ!」
時間もわからなくなるほど仕事に熱中するのは、いいことですね。でも、だからといって自治体が全市民に向け一斉に「12時だ」と知らせる必要が、どこにあるのでしょう。自分の仕事への熱中度くらい、自分でコントロールしたらどうですかね。

「お昼休みだから、みなさんご飯を食べましょうって、教えてくれているのよ!」
昼飯なんて、別に12時に食えと法律や条例で決まっているわけじゃありません。会社勤めなら就業規則で休み時間が決まっているだろうし、そうでなければ何時に飯を食おうが休もうが、自由にすればいいじゃないか。

「うっかり腕時計を忘れた人のために、放送してくれてるんじゃないか!」
それは自分の責任だろう(笑)。

「そもそも、時計を持ってない人だっているかもしれないじゃないか! そういう人は時間がわからなくて困っているんだぞ!」
印西市には、今どき時計の一つも、携帯電話など時間が分かるものを一つも持っていない大人が、そんなにたくさんいるんでしょうか? もし大量にいたとしても、市内で一斉に放送しなければならないほど、「12時を知らせる」のは大切なことなんでしょうか?

とにかく、あらゆるケースを考えてみても、「防災無線から(12時に限らず朝でも夕方でも)時刻を知らせる放送をする」という行為には、合理的な理由が思い浮かびません。時計のない江戸時代じゃないんだから、音で一斉に「何時だぞ」などと教えてもらう必要が、どこにあるんでしょう?

このような、「合理的な理由」もないのに、町全体に音楽だのチャイムだのを流すのが「当たり前」になっている行為で連想するのは、外国で教会やモスクなどが鳴らす鐘の音や、祈りの時間を知らせる放送、つまり宗教的な音くらいです。
だとすれば、日本の防災無線は、もはや宗教。「情報伝達の手段」などではなく、ただなんとなく「みんな一緒だよね!」「これが流れるとうれしいのよね! 安心するのよね!」という情緒や気分を与えるためだけの、「防災無線教」という一種の宗教になっているのだろうというのが、私や本会の見方です。
そもそも防災無線に限らず、すべてのスピーカー騒音は一種の「宗教」になってしまっているものですが、中でも自治体が放送する防災無線の「カルト度」は本当に強い!

でも、私は「防災無線教」なんかに入信したつもりはないんだよねー。

続く。
関連記事


カテゴリ:千葉
TOP PAGE

 <<(次)千葉県印西市は戒厳令下ですか?

ロバの耳に駅名2回×3回=6回(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  千葉 >  12時だから、なんだってんだ?

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad