スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
「JKお散歩」は、道路交通法違反で対処できるのに
くだらねーなー、ほんとに(笑)。

●アキバ危ない「JKお散歩」 女子高生、性被害の恐れも

 客が料金を支払って少女と一緒に街をデートする「JKお散歩」と呼ばれる店で、客の男性から金を脅し取ったとして、警視庁が「ここなつ」店長の××××容疑者(25)ら男女4人を恐喝容疑で逮捕し、2日発表した。JKお散歩は東京・秋葉原を中心に増え始めた新業態で、同庁は実態把握を進めている。

JKお散歩.jpg

で、そのデートの実態を記者がルポした記事がこちら。

●17歳「怖いけど、給料いい」 JKお散歩、記者がルポ

JKお散歩、記者がルポ.jpg

別に大の大人が金を脅し取られようが、じょしこーせーが怖い目に合おうがどうしようが、知ったこっちゃありませんが、私が気になるのは警視庁の捜査幹部がJKお散歩について、「取り締まる条例も法律もない」とコメントしていることです。

ないわけないじゃん。少なくともこの商売をまるごと取り締まることはできなくても、抑制する方法なら一つあります。
2枚目の記事にあるように、こういう店はネットで宣伝するほか、秋葉原の路上で女子高生がビラを配りながら客を物色しているそうですが、それなら、
道路交通法第七十七条
東京都道路交通規則第18条
に基づき、警察の許可を得ない違法なビラ配りとして罰則を科せばいいのです。こんな連中は、どうせ道路使用許可など取っていないに決まっているのだから。

秋葉原のいかがわしい商売に限らず、今はどこの駅前や繁華街でも居酒屋、コンタクトレンズ屋、美容院などが、路上で大声を張り上げながらビラやティッシュを配り、歩行者の邪魔ばかりしています。
路上でビラやティッシュを配るには、本来、警察に申請して道路使用許可を得なければならないというのは、私が警視庁相談ダイヤル(#9110)に問い合わせて自分の耳で確認したし、
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-56.html
そもそも、警察庁のホームページでもその概要が解説されています。
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/permissi/index.htm

なのに、上記のエントリーにも書いたとおり、警察自らが許可を得ていない違法なビラ配りをやめさせよう、取り締まろうと、積極的に動かないのがおかしな話なのです。
女子高生がどうのこうのとか、そんなことはどうでもいいけど、人の通行を妨害する邪魔なビラ配りやティッシュ配りは、この条例を適用してさっさと減らしてもらいたいです。

なお、この二つの条例をきちんと適用すれば、ビラ配り以外にも、
・電柱などに張った広告や、路上に置いた看板
・路上でたむろしたり、遊んだりするガキども
・移動販売車、廃品回収車、屋台
・電飾ギラギラの派手な看板、大型ビジョン、アドカー
なども規制して、日本の街をずっときれいに、静かにすることができるはずなのです。
しかし、日本の警察や行政は無策なまま。せっかく自分たちで作った法律や条例を使おうとしないのだから、私には理解できません。

なんでもかんでも法律や条例で罰すればいい、やめさせればいいとは思いませんが、騒音にしろ景観にしろビラ配りにしろ、日本というのはあまりにも「公共の場での自分勝手」がひどすぎやしませんかね。
もう少し(いや、大幅に)、しっかりと規制すべきだと私は思います。

それにしても、女子高生と1時間、ファミレスで飯を食って1万円かあ。いったい何を話せばいいんだろうなあ(と妄想してみる)。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)『AMENITY』31号発行のお知らせ

廃品回収車への110番回数(2013年9月)(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  店・施設・商店街 >  「JKお散歩」は、道路交通法違反で対処できるのに

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。