スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
日本的ムラ社会とスピーカー騒音
先日の朝日新聞に、珍しく読み応えのあるインタビューが掲載されていました。映画「冷たい熱帯魚」の脚本を手がけた、高橋ヨシキという人のインタビューです。
話の趣旨は「はだしのゲン」の閲覧制限問題に関することであって、スピーカー騒音と直接の関係はありません。しかし、ここで語られている「『みんな一緒』を押しつけてくる、日本的ムラ社会への違和感」は、アナウンスや音楽などを垂れ流し、「空気で人を動かそうとする」スピーカー騒音の異様さとつながっていると思います。
別に高橋氏が「スピーカー騒音に反対」と言っているわけじゃないので、勝手な行為になってしまうのかもしれませんが、非常にいい内容だと思うのでここに転載します。

――――――

■「臭いものにフタ」よほど有害 デザイナー・ライター、高橋ヨシキさん

 「はだしのゲン」の描写は、問題があるどころかもっと残酷でも構わないと思います。おおっぴらに人を殺せる立場に置かれた時、人間はどうなるか。野蛮で残虐なことを成し得る本性を「過激だ」なんて理由で隠そうとするのは、人は排泄(はいせつ)をしないと教えるのと同じくらい、愚かしく危険です。

    *

 <ムラ社会の論理> だいたい、「過激な表現は子どもを傷つける」とか言ってますけど、子どもにとって本当に有害なのはどっちなんだって話ですよ。自分の思想信条と相いれない本だから気に食わない、図書館から撤去しろとクレームをつける大人。「臭いものにはフタ」とばかりに、納得のいく説明もせずに閲覧制限を「お願い」する大人。それに唯々諾々(いいだくだく)と従う大人。そんな大人が形作る現在の日本社会のありようの方が、はるかに有害です。そういう日本的なムラ社会の論理にはじかれ、傷つけられ、生きる世界を狭められて、自ら命を絶つ子どもが大勢いるんだから。

 今、東京でのオリンピック開催を批判すると非国民扱いです。ムラ祭りでみんな気持ちよくなっているんだから邪魔するな、邪魔すると村八分だぞと。もちろんそんなこと、言語化されませんよ。言葉じゃなくて空気で人を動かす。それがムラ社会ですから。同調圧力というか相互監視というか、オリンピックであれだけ盛り上がっているのは、「みんな一緒」を確認せんがためでしょう。

 何にでも「国民的」をつけたがるのも、その一環です。AKB48は「国民的アイドル」、宮崎駿監督作品は「国民的アニメ」。宮崎監督が引退宣言すると「宮崎アニメ、あなたのベストは?」なんて聞いて回る。国民なら見ていて当たり前ってことですか? 冗談じゃないですよ。「国民的」にみんなが無批判に乗っかっていく風潮と、そんなヌルい状況を揺さぶるような表現を「過激だ」といって排除したがる風潮はコインの裏表で、それを支えているのは、本や映画を、「泣いた」「笑った」ではなく、「泣けた」「笑えた」と評するタイプの人たちです。

 彼らにとって表現は、自分が気持ちよくなるためのツールでしかない。映画「美女と野獣」を見て「泣けた」とか言うわけですよ。だけど自分が、野獣を「殺せ」と取り囲む側の人間かもしれないということには想像が及ばない。

 リンカーンの偉大さに感動しても、自分が、奴隷制を支持して黒人を人間と認めなかった大多数の側の人間だったかもしれないとは思わない。ナチス政権下でもフランスの恐怖政治の時代でも、それに異を唱えた人の偉大さを理解するためには、それ以外の人たちがいかに、いわゆる「凡庸な悪」に染まっていったかを理解しなければなりません。すぐれた表現とは、そういう多面的なものの見方を提示してくれるものです。なのに、常に自分が気持ちよくなれる側の視点に立って、「泣けた」。

 やっぱりバブルの頃からですよ、こんな堕落が始まったのは。広告会社主導で一連のうつろな映画やトレンディードラマが作られるようになり、見る側も消費者化して、俺たちが気持ちよくなれるような「商品」をよこせという考え方が浸透してくる。その傾向は、その後の不景気に後押しされてどんどん強まりました。

    *

 <低レベルな共犯> さらに、世間の意向を過度に忖度(そんたく)することで成り立っているテレビ局が斜陽の映画業界に参入し、「製作委員会」方式で出資企業を集めて映画が作られるようになった結果、どこからもクレームがつかないことが最優先された、大人の鑑賞に堪えない「お子様ランチ」のような作品だらけになってしまいました。表現の質が下がれば観客のリテラシーが下がり、それがさらなる質の低下を招く。お子様ランチを求める観客と、お子様ランチさえ出しておけば大丈夫とあぐらをかく作り手。そのレベルの低い共犯関係が社会にも染みだしてきた結果が、いまの「国民的」ムラ社会なのでしょう。

 状況は絶望的です。僕に言えるのは、せめて「多数派の論理」に振り回されないよう、「みんな一緒」を確認し合う状況からは距離をおき……なんて、あまりに無意味で無力で、自分で言ってて泣けてきますけど。

 (聞き手・高橋純子)

高橋ヨシキ氏インタビュー.jpg

――――――

私に言わせれば、こういう「国民的ムラ社会」の深刻化が加速度を付けたのは、何もバブルの頃からではなく、そもそも日本の社会が古くから持っている特徴であって、それがひどくなってきたのはバブルより、むしろ阪神・淡路大震災や東日本大震災後のほうが極端だと感じているのですが、まあ、それはいろんな見方があるでしょう。

最後の「状況は絶望的」「あまりに無意味で無力で、自分で言ってて泣けてきますけど」などというところは、これだけスピーカー騒音に対して異議を唱えても何も変わらない現実を表現しているようで、高橋氏の意図とは関係なくこちらも「泣けてきます」。
そして、こういうインタビューが、建前だらけ、いい子ちゃんだらけの読者投稿欄「声」の隣に掲載されていた(紙面では)ことに笑ってしまいました。

なお、同時に載っていた精神科医・斎藤環氏のインタビューも、なかなかいい感じです(画像の下部に掲載)。

それにしても、「子どもに悪書を与えるな!」と建前だらけの良識を振りかざしそうな朝日新聞が、この「はだしのゲン」問題についてだけは閲覧制限に反対しているのは、しょせん、これに賛成すると彼らの大好きな「反戦」に「反対」してしまうことにつながりかねないからでしょうし(反戦はもちろんいいのですが、彼らは結局「戦争はこんなに悲惨なんや~!」というお涙頂戴の建前原稿で、読者の目を引き新聞を売りたいだけ。どうせ本当にまた日本で戦争が始まったら、「お国のために歯を食いしばろう!」という別のお涙原稿を載せるだけです)、また「表現の自由」を振りかざすことで、教育者やPTAといった別種の「良識派」の攻撃から、自分たちの仕事を守りたいからだけなんでしょう。
その証拠に、自社の主義や利益には基本的に無関係とも言える東京都の「青少年健全育成条例改正」問題(まんがやアニメの表現規制)については、私の知る限り朝日は、賛成でも反対でもない、どっちつかずの玉虫色の主張しかしていませんから。都合のいいものです。

そういう意味では、このインタビューも新聞という「建前だらけの良識派」の道具になっているだけと言えるのかもしれません。つくづく彼らの懐の「腹黒さ」は、果てしないものだなあと思います。
関連記事


カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
TOP PAGE

 <<(次)またしても東京土建がやって来た!

伝達方法がどうのと言う前に、自分が声をかけようよ(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  騒音をめぐるあれこれ >  日本的ムラ社会とスピーカー騒音

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。