スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
またしても東京土建がやって来た!
つい先日、うちの周囲を、またしても「東京土建」
http://www.tokyo-doken.or.jp/
の宣伝カーが走り回りました。

1年半前に、
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
で書いたときのように、路上に車を止めての演説ではなく、今回はバカでかいスピーカーを(しかも前後に二つ!)取り付けた車で、「あなたも東京土建に入りましょう!」などと、大音量で宣伝しながら走り回っていきました。
この宣伝カーは、去年の後半か今年の前半あたりにも、一度やって来たような気がします。

東京土建というのは建設業界の労働組合で、調べてみると(案の定)共産党系の団体のようですが、いったいなんなんだ!
「と~きょ~~どけん♪」なんて気持ち悪いテーマソングを流しながら、「東京土建の保険で安心を!」といった宣伝をがなり立てていくわけですが、そんなもの建設業界、土建業界に縁のない大多数の人間には、まったく関係がないじゃないか。
建設業界の人間じゃない私が「それはいい! 私も東京土建に入りたい!」と言ったら、加入させてくれるのか? そんなわけないだろう。
そんな無意味な宣伝を町中で喚き散らす必要が、いったいどこにあるんだ!

まあ、わかっています。要するに共産党のやることですから、保険云々はあくまでも表面的なことで、これは党の支持者を増やすための政治活動の一つなんでしょう。
何度も何度も同じことを書きますが、私は思想的に右でも左でもなく、あえて言うなら「右も左も蹴っ飛ばせ(古いねどうも)」といったところですが、とにかく共産党のこの「スピーカー騒音まき散らし体質」だけは、絶対に許すことができない。

あらゆるスピーカー騒音が大嫌いな私ですが、選挙演説や防災無線の放送、移動販売車、赤十字の「献血をしましょう」と呼びかけたりする広報車など、ほとんどのスピーカー騒音は「住民の誰にでも関係のあること、知ってほしいこと、知れば何らかの役に立つこと」を流していると言っていいでしょう。だから百歩譲って考えれば(本当は譲る気なんかさらさらありませんが)、住宅地や駅前で大音量の宣伝を流すことも、迷惑かどうかは別にして「理屈」としては合っています。

しかし、この東京土建の宣伝カーだけは、土建業界の保険という「大多数の人間にはなんの関係もない」宣伝を無差別に流しまくるという、まったく理屈に合っていないことを平然とおこなっているぶん、余計に始末に負えない。それを共産党という政党の「隠れ蓑」としてやっているのだから、なおさら悪質です。
まだ右翼の街宣車のほうが、自分たちの言いたいことをストレートに宣伝しているのだから、まともだとすら思えます(別に褒めているわけじゃない)。

こんなわけのわからない騒音カーが町中を狂ったように走り回っているというのに、誰も疑問に思わない国、規制すらしようとしない国って本当におかしいです。
関連記事


カテゴリ:政治家・団体・デモ
TOP PAGE

 <<(次)少しだけ静かになった?武蔵小金井駅

日本的ムラ社会とスピーカー騒音(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  政治家・団体・デモ >  またしても東京土建がやって来た!

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。