スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
「車が出ます!」わかった、しつこいよ!
車関係のアナウンス騒音といえば、商業施設などの駐車場から車が出てくるときに聞かされる「出庫の案内音」。これにも、うるさいものがあります。
まあ、ほかの騒音に比べれば(個人的には)それほど遭遇する頻度が高いわけじゃないので、このブログで取り上げるのも初めてですが。

例えば、西武新宿線田無駅前にある商業ビル「アスタ」の出庫案内音がこれです。
「アスタ」出庫案内音
うるさい、というより非常にけたたましい。
私はここの前を通るたびに耳をふさぎたくなるし、「何度も何度も同じことばかり繰り返してしつこい! 機械に命令されるいわれはないわ!」と猛烈に腹が立ちます。
「車が出ます」まではまあいいとして、「ご注意ください!」の連呼が特に不愉快ですね。「左に曲がります、ご注意ください」と同じで、「注意すべきは歩行者じゃなくドライバーのほうだろうが!」と怒りが湧いてくるし、こんな偉そうな「命令」を何度も繰り返されるとイライラが沸点に達します。

私は、本当は駐車場の出口から音なんか鳴らしてほしくない。せいぜいパトカーの赤色灯のような回転灯を回すだけにしてほしいと思うのですが(実際、黄色い回転灯を回すだけの駐車場も多い)、町中によくある月極駐車場のような見通しのよい駐車場ならともかく、大型ビルや商業施設のように車が上階から降りてきたり、地下から上がってきたりする駐車場の場合、両側を壁に挟まれていて左右が見通せないケースが多いから、回転灯に加え音でも歩行者に車が出ることを知らせるのはしょうがないのかなと思います。特に視覚障害者には音による案内が必要になるのも理解できます。

では、どんな案内音ならましなのか。
個人的にはできるだけ低音の、絞った音量で「ウー、ウー」というようなサイレンを鳴らすだけにするのが、一番いいのではないかと思います。
もちろん、あまり低音にしたり音量を絞ったりすると「案内音」として役に立たなくなるという理屈もわかるので、具体的にこんな音なら適切だと決めつけるのは難しいのですが……。
ただ、やはりこのアスタの案内音のように、音声でしつこく、けたたましく「ご注意ください! ご注意ください! ご注意ください!」と連呼されるのは無性に癇に触りますね。やめてほしいです。

付け加えるならば、このアスタの駐車場は出口に誘導員がいて、「車が出ます!」と案内をしているのにもかかわらず、同時にこの案内音まで鳴らしているので「しつこさ」もひとしおです(誘導員は見るたびにいたり、いなかったりするのですが)。
誘導員がいるときは案内音を切る。誘導員がいない時間は案内音のスイッチを入れる。そんなふうに人手で案内するか機械で案内音を鳴らすか、どちらか一つにすれば十分だろうと思うのですが、なぜこんな無駄なことをしているのか理解に苦しみます。
ま、それは日本人特有の「人様を子ども扱いするのが大好き」な嗜好や、「何がなんでも100%危険を防止しなければならないのだ!」という行き過ぎた完全主義(それなら、車なんてそもそも「走る凶器」なんだから使用を禁止すればいい)によるものなんでしょう。
こんな案内音一つとっても、日本というのは本当に「ガキ帝国」なんだなあと思います。
関連記事


カテゴリ:信号・車の警告音・緊急自動車
TOP PAGE

 <<(次)私の嫌いな「接客」一覧

店員が私語をしてもいいじゃないか(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  信号・車の警告音・緊急自動車 >  「車が出ます!」わかった、しつこいよ!

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。