スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
共産党は指定暴力団にすべき
ようやく都議選と参院選が終わったというのに、先日、共産党がうちの近く(おそらく商店街)で大音量の演説をしました。

こいつらは、都議選と参院選で「躍進」してしまったようですが、そのお礼参りのつもりでしょうか。
もちろん、本来の意味(いい意味)でのお礼参りではありません。
人の家のドアをぶち破り、火をつけたダイナマイトを投げ込むような、ヤクザまがいのお礼参りです。
神経を使って仕事をしていた私は、イライラしながら「うちの近くまで寄ってきたらどうしよう」とビクビク(結局、来ることはありませんでしたが)。まったく仕事にならなくなりました。

こんな音の暴力を平気で振るう政党が「躍進」してしまうのですから、どうしようもない。
右も左も政策も関係ありません。「国民の生活を大事にします」などとうたうくせに、自ら率先して演説騒音で人様の生活を破壊して平気な党が「躍進」してしまうのですから、本当にどうしようもないと思います。

ヤクザ政党・共産党。
指定暴力団に指定すべきだと思います。
関連記事


カテゴリ:政治家・団体・デモ
TOP PAGE

 <<(次)店員が私語をしてもいいじゃないか

信号の音は「キツツキ」にしてほしい(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  政治家・団体・デモ >  共産党は指定暴力団にすべき

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。