スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
狛江の「水と緑のまち」私は嫌いです
先日、用事があって狛江市へ行ったので、
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
で書いた、防災無線から流れる音楽「水と緑のまち」を聞いてみようと思いました。
ところが、時間が合わず聞くことができず、でも、よく考えたらYouTubeにあるんじゃないかと思って探したところ、ありました。初めて聞きました。最悪だと思いました。

http://www.youtube.com/watch?v=ZxPiNpnfUw4

私は音楽の専門家じゃないので、用語の使い方はでたらめですが、この曲は一つひとつの音が短く、それが速いテンポで大量に積み重なっていて、おまけに音程の上下動も激しいので、聞いていてものすごくイライラします。
そりゃ、そうでしょう。これはもともと歌詞のある「市歌」を、無理やりインストゥルメンタルにアレンジしたのですから。でも、聞いてもその歌詞がわからないものだから、頭の中で「音を言葉に変換しないと気持ち悪いのにできない」違和感が充満して、よけいに腹が立ちます。

「音楽は好みがあるんだから、いちいち文句をつけるな。お前は嫌いでも、おれはこの曲が好きなんだ」という人はたくさんいるのでしょう。
でも、まさにそのとおり。「音楽には、人それぞれ好みがある」んだから、どんな曲であっても無理やり聞かせるなということです。特に防災無線という公共のスピーカーから、趣味性の高い音楽など流すなということです(駅メロだって同様)。

私はこんな曲、大嫌いです。毎日、聞かされるとしたら苦しくて苦しくてたまらないでしょうね。
もし狛江市に住んだら、そのイライラを少しでも軽減するために、この歌の歌詞を覚えてしまわなければならないと思いますが、なぜそんな余計な努力をしなければならないのかと思い、ますますイライラすると思います。

防災無線から音楽など流さない(もちろん、あらゆる「不要」な放送は流さない)。それが一番いいのですが、無理やり流された場合、
「チャイムのような単調な曲」
「最初からインストゥルメンタルとして作曲された曲」
「歌詞のある『有名な』曲をインストゥルメンタルにアレンジした曲」
「歌詞のある『無名な』曲をインストゥルメンタルにアレンジした曲」
の順で、イライラがつのっていくと思います。
つまり、少なくとも私にとって、この「水と緑のまち」は最悪だということです。

狛江在住の指揮者で「音楽の街-狛江」構想推進委員会委員長の榊原徹大先生には、この気持ち、わかりますかね?
わかっていたら最初からこんなことはしないだろうから、愚問というものかもしれませんが。

私は狛江市民ではありませんが、こうした「防災無線で無理やり音楽を聞かせる」行為が「いいこと」として、これ以上蔓延するのは絶対に勘弁してほしいです(もう手のつけようがないほど蔓延してますけどね)。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)ここが改札口です!ここが切符売り場です!

防災無線こそ権利の侵害(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  防災無線・広報車・夜回り >  狛江の「水と緑のまち」私は嫌いです

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。