初めて知った「ウェストミンスターの鐘」の音
イギリスの「ウェストミンスターの鐘」が日本の防災無線で流されているとよく聞きますが、それがどんな鐘の音なのか、実は私は知りませんでした。
どんな荘厳な音だろうとYouTubeで調べて聞いてみたら、なんだ、いわゆる学校のチャイム音のことだったんですね。
私は完全にあれを「日本オリジナルの学校のチャイム音」だと思い込んでました。
バカだ。

ということは、夕方になると防災無線から「あれ」を流す自治体が多いということですね。
時間が数十秒と短い点では、夕焼け小焼けだのなんだの長ったらしい楽曲を流されるよりましかもしれませんが、学校と同じチャイムで時間を管理されるなんて、それもまっぴらご免だなあ。

学校でさんざん聞かされたチャイムを、また地域全体で一斉に聞かされて喜ぶなんて、いい大人の持つ感情じゃないですね。
やっぱり、あらゆる意味で「防災無線からのよけいな放送」なんて不要です。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)じゃーまだー、さおだけー!

投票日なんてわかってるから!(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  初めて知った「ウェストミンスターの鐘」の音

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad