スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
茗荷谷駅は静か
先日、用事で茗荷谷まで出かけたので、静かだという駅のアナウンスを体験してきました。

いやあ、あれはすばらしい! 音量を極限まで絞っており、さらに低音域が中心なので聞こえる際にまったく耳につかず、しかもアナウンスの内容や放送する回数も極力減らしているので、まさに理想に近い「静かな駅」になっていますね(理想に近いというだけで、もっともっと静かでかまわないと私は思いますが)。

スピーカーについては、あれは小さなスピーカーをいくつも横一列に並べたものなんですかね。
それをホームにたくさん設置してあるので、一つひとつのスピーカーから流す音量を極限まで絞っても、ちゃんとホーム全体にまんべんなく音が行き渡るようになっているようです。しかも非常に指向性の高いスピーカーを使っているようなので、あれだけの数のスピーカーを並べていても、ちょっと音の届く範囲からずれるとほとんど聞こえないくらいになる。
私のような「騒音にうるさい」神経質な奴でも、「こんなに小さい音で本当にいいのだろうか」と、逆に少し心配してしまうほど静かでした。

ほかの駅にあるラッパ型のけたたましい、雑音と音割ればかりで品のないスピーカーから流される大音量のアナウンスと比べれば、茗荷谷の環境は天と地の差。あれなら茗荷谷駅を毎日利用したとしても、私でもまったく苦にならないでしょう。
東京メトロもやればできるのに、なぜ全駅であのスピーカーを導入しないのでしょう。費用なんて鉄道全体の運用コストからすれば、それほど大したことはないように思えます。

ただスピーカーを変えただけでなく、アナウンスの内容も必要最小限にしているようで、ホームによけいな「ご注意放送」がほとんどなかったのがまたすばらしい。
ホームの放送より、停車した電車の車内から聞こえてくるアナウンスのほうがはるかにしつこく、けたたましくて、あれを聞いているだけでいかに車内アナウンスが異様にうるさいかがよくわかるはずです。

茗荷谷駅は周囲に学校が多く、小学校や中学校もたくさんある土地柄。つまり子どもの利用者の割合がとても多い駅のはずです。
それなのに、あれほど「アナウンスの少ない静かな駅」にしたからといって、事故が多発しているということはないのでしょう。
だったら、ほかの駅を茗荷谷と同様の静かな駅にしても、まったく不都合はないはずです。それは十分に証明されているのではないかと思うのですが、東京メトロの考え方は「茗荷谷は周辺の住民から苦情がきたからしょうがなく静かな駅にしているけど、ほかの駅では意地でもやかましいアナウンスを聞かせつづけてやるもんね!」というものなのでしょうか。
まったく理解に苦しみます。
430466_1345202239.jpg
関連記事


カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 <<(次)実にまっとうな新聞の読者投稿

電車の利用は免許制にしてほしい(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  駅・車内 >  茗荷谷駅は静か

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。