スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
日本の祭はただの「定食」
うげえ。
近くの保育園から、大音量のソーラン節が聞こえてきました。
ラジカセから流す音楽と、大人(の男。保育士?)のマイクを通した大声と、それから園児たちの歌う声。
何かと思ってその保育園のホームページを見てみたら、今度の週末に夏祭りがあるようです。その練習なんでしょう。
祭は毎年のことですが、去年までソーラン節なんか踊ってたかなあ。

祭そのものが迷惑だとは言いませんが(保育園の祭だから時間も短いし)、せめて指導する大人はマイクなんか使うなと。
また、なぜ東京の保育園で園児が踊るのがソーラン節なのか、そこんところがわけがわかりません。
どうせやるなら、その保育園のオリジナル音頭でも作って踊れば、味があるというものなのに。

日本人はこういうところ、本当に工夫もせっそうもないですね。
どこの祭でも阿波踊り、よさこい節、ソーラン節、そしてサンバ(なぜにサンバ???これが一番わからん)ばかり。まるでA定食、B定食とメニューが決まっていて、ただ選んでいるだけのようです。
それで「祭を通して地域のつながりを!」なんて言うけれど、東京でソーラン節を踊って、地域のつながりもへったくれもないもんだ。

それから、先日、夜の8時過ぎに、どっかんどっかん花火の音が2日連続で聞こえてきました。
「もう花火大会かよ?」と思って調べてみても、どこにもそんな情報はない。
さらに調べてみたら、どうやらうちから10km近く離れたところにある大学が、何かのイベントで打ち上げていたのが犯人のようでした。
そんな大学のイベントなんて、こっちには関係ないっつーの。うっさいなあ。
関連記事


カテゴリ:祭り・路上ライブ
TOP PAGE

 <<(次)車内アナウンスをめぐって暴言

街頭演説も連呼も民主主義には不要(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  祭り・路上ライブ >  日本の祭はただの「定食」

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。