スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
ドトールコーヒー八重洲仲通り店の驚き
私は携帯電話でベラベラ通話をされるのが大嫌いです。電車の車内に限らず、公共空間での携帯電話の通話は迷惑極まりない。特に飲食店での通話は車内同様、社会のルールとして明確に禁止すべきだと思っています。

私の印象では、7~8年くらい前までは社会に、「飲食店で携帯電話で通話をするのは、許容されるのかされないのか、どちらだろう」と微妙に逡巡する空気が流れていて、堂々と通話する奴もいれば、電話をかけるとき、あるいはかかってきたときは席を外して店の外に出る人もいるという具合だったのが、いつの間にか「いいじゃんいいじゃん、いちいち外に出るのも面倒だし、店内で喋っちまえばOKじゃん」というのが社会的コンセンサスのようになってしまい、どこもかしこもベラベラしゃべりまくるバカばかりになってしまったという気がしています。

どのような場でも携帯電話を禁止せよというつもりはありませんが、少なくとも電車の車内が携帯電話禁止なら、同じように「屋内の閉鎖された空間で見知らぬ者同士が一定の時間居合わせる」飲食店は、携帯電話の使用を遠慮して当然の場だと思うのですが、そんな配慮ができるまともな人間は、もうこの世の中にほとんどいないようです。

そういう気持ちもあって、先日のミーティングで「飲食店での携帯電話の通話は是か否か」という話を少し持ち出してみたのですが、なんと話題に加わった数人はこれを是とする人や、興味がないという態度をとる人ばかりだったので大変驚きました。
「静かな街を考える会」の会員にしてこんな有様では、社会全体が「携帯バカ」ばかりになってしまうも当たり前かと、ある意味で納得してしまいました。本当にがっかりです。

ところで先日、ドトールコーヒーの八重洲仲通り店に入って驚きました。携帯電話禁止のマークがそこかしこに置いてあったからです(写真)。
個人経営の喫茶店ならともかくチェーンのコーヒーショップで、しかも東京駅の八重洲口というビジネス街のど真ん中の店で携帯電話を禁止しているというのは、過去に何か携帯の通話を巡ってトラブルが起きたことでもあったのでしょうか。こういう店で携帯を禁止するというのは、営業的に見ればマイナスなだけであってプラスになることはないだろうに、それでもあえて禁止しているのはよほど特別な理由があったのでしょう。店員に質問はしなかったのでよくわかりませんが……。

ただ、やはり携帯バカはどこに行ってもバカに変わりないのでしょう。わずか30席くらいしかない狭い店内のあちこちに禁止マークが置いてあるというのに、私の近くに座ったおっさんはそれに目もくれず、何度も何度も携帯で通話をしていました。店員もわざわざ口頭で注意することまではしなかったので、実質的に携帯電話禁止というその店のルールが、どこまで守られているかは微妙な感じを受けました。
まあそれでも、実質的に役立っているかどうかは別として、「携帯電話の通話は禁止」というルールを掲げているだけで大したものだと思います。

しかし、その店が大したものだというのはここまで。この店は携帯の通話を禁止している一方でBGMの音量が大きく、店員が声を張り上げる店(まあ、ドトールに限らずチェーンのコーヒーショップはどこも似たようなものですが)だったので、携帯を禁止しているからといって静かに過ごせる店ということには全然なっていませんでした。もちろん、私は店員に「BGMの音量を下げてくれ」と頼みましたが。
430466_1344758985.jpg
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)「イラッシャイマセ」と人間自動ドア挨拶

なぜ、どうして「大声」=「元気」?(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  店・施設・商店街 >  ドトールコーヒー八重洲仲通り店の驚き

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。