選挙で「のぼり」を見たら通報しよう
政治家が、久しぶりに私の家の横で、やかましい演説をしました。
その政治家とは、日本共産党の参議院議員「吉良よし子(吉良佳子)」

http://kirayoshiko.com/

を応援する共産党の市議会議員。つまり、次の参院選に出馬する「吉良よし子」のための応援演説ということになります。
その演説について。

政治家の「選挙期間外、つまり通常の政治活動での演説」が、法律や条例などの規制を受けず、ほぼ自由にできてしまうことは(現状では仕方なく)あきらめるしかないのですが、一つ疑問に思ったことがあります。
それは今回、1枚の布に「日本共産党」「吉良よし子」と大きく書いた「のぼり」を持ちながら演説していたこと。
調べてみると、公職選挙法の第143条第16項で、選挙期間中以外の通常の街頭演説などの際、政党名や政治家名を書いた「のぼり」を持つことは禁じられているようだからです。

http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/senkyo/undou/bunshotoga.html

そこで、私はまず、吉良よし子の事務所に電話をして、「のぼりを持って街頭演説をするのは違法ではないのか」と聞きました。ところが、事務所の人間は「のぼりに、政党名と政治家名の両方を併記して掲示しているから違法ではない。そういうふうに国会で決まった~のだ」と繰り返しました。

そんな話は聞いたことがないと思いつつ、次に私は東京都の選挙管理委員会に電話をして、この「のぼり」の件が、実際にはどんなふうに規制されているのか聞きました。
すると、あながち吉良よし子の事務所の人間が言うことも、間違いではない(らしい)ことがわかってしまいました。

「選挙期間中以外の、通常の政治活動における街頭演説では、『政党名』か『政治家の名前』か、どちらか一方だけを書いたのぼりを持つと、公職選挙法違反になる場合もあります。それは、そういうのぼりを持つと同時に、演説の内容が『次の選挙では●●党にご声援を』『●●●●(政治家の名前)に一票を』というように、明らかに選挙での投票を依頼しているような場合です。そうではなく、政策や信念などを訴えたりしている演説の場合、1枚ののぼりに『政党名』と『政治家の名前』の両方が書いてあれば違法ではありません」
これが選管の返事でした。

逆に言うと、「政策や信念などを訴えたりしている演説でも、1枚ののぼりに『政党名』か『政治家の名前』か、どちらか一方しか書かれていない場合、公職選挙法違反になる可能性が高くなる」ということらしいです。
ですが、どのみち演説の内容(投票の依頼をしているか、いないか)と関係してくることなので、一概には判断できないとか。
でも、これでは上記、練馬区のサイトで解説されている内容と合いません。何がなんだか、わけがわかりません。

一方、「選挙期間中の演説や連呼における、のぼりの掲示」についてですが、公職選挙法では選挙期間中に掲示したり配布したりできる文書図画の種類がはっきり決まっていて、「のぼり」はその中に含まれていません。のぼりを使うのは、明らかに違法ということで間違いないようです。

http://goo.gl/09OM2

ただし抜け道はいろいろあって、のぼりを選挙カーにくくりつけた場合は「選挙カーの看板」という解釈でOKになるとか、こちらもわけがわかりません。

そもそも実態としては、選挙期間中にのぼりを「手に持って掲示しながら」街頭演説をしたり、町を練り歩いたりする候補者を、至る所で見かけるような気がします。
でも、こういうのぼりの使い方は、明らかに公職選挙法違反。
もし、選挙運動でのぼりを「持って」演説している候補者を見つけたら、私は今後、ビッシビシ警察や選管に連絡して、痛い目に合わせてやりたいと思います。
それが、日頃の演説や選挙の連呼などで迷惑をかけられている有権者にできる、わずかな「復讐」の一つだからです。
やっちゃいますよ、ほんとに。

ちなみに、吉良よし子の事務所の人間は、「通常の政治活動の場合、のぼりに、政党名と政治家名の両方を併記して掲示すれば違法ではない。そういうふうに国会で決まった~のだ」と言ってましたが、東京都の選管によれば、正確には総務省の見解がそうなっている、という話らしいです(ただし繰り返しますが、これでは練馬区の解説と矛盾する……)。

また、吉良よし子の事務所の人間は「演説がうるさかったら、外に出てきて『音量を下げてほしい』などと言ってくだされば対応しますから」と、何度も何度も繰り返しましたが、私が、
「それなら、病気で寝込んでいる人間にも『起きて外に出て来い』と言うんですか。夜勤明けで寝ていた人が演説で起こされても、すぐに顔を洗って着替えて『静かにしてください』と頭を下げに来いと言うんですか。足の怪我で動けない人間にも『這ってでも頼みに来い』と言うんですか」
と質問しても、「ですから、言ってくだされば対応しますから。言ってくだされば対応しますから。言ってくだされば対応しますから」と、オウムのように同じ言葉を繰り返すだけでした。

つまり、人の迷惑など知ったこっちゃないというわけです。
関連記事


カテゴリ:政治家・団体・デモ
TOP PAGE

 <<(次)防災無線は屁の突っ張り

うるさいだぁ?逮捕なーのだ!(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  政治家・団体・デモ >  選挙で「のぼり」を見たら通報しよう

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad