スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
ごみ収集車に音楽もアナウンスも不要
このブログでは、数あるスピーカー騒音の中でも、
・自治体のごみ収集車の騒音
については、ほとんど触れていません。
それは、私の住んでいる市では幸いなことに、ごみ収集車が音楽を鳴らしたり、自治体からのお知らせ放送を流したりはしていないからです。
それでもたまに、他の町で音楽だのアナウンスだのを流しているごみ収集車に遭遇すると、「うるさいなあ。なんでこんな音が必要なんだ!?」という怒りと疑問しかわきません。

ごみ収集車というのは、エンジン音が大きく、ごみを回収するときの「グォー、グォー」という機械音も大きく、車をバックさせたりカーブを曲がったりするたびに職員が叫ぶ「オーライ! オーライ!」という声も非常に大きいので(それがうるさいとは言いませんが)、近くにごみ収集車が来たことは、家の中にいても私にはすぐにわかります。
あの音でわからないほうがどうかしていると思うのですが、ちょっとネットで調べただけでも、「ごみ収集車が音楽やアナウンスを流すのは当然」だの、「生まれてこのかた、ごみ収集車が音楽を流している町にしか住んだことがない。あの車は全国どこでも音楽を流すのが当たり前だと思っていた」だのという意見ばかりです。
実際、統計などはないのでしょうが、ごみ収集車が音を出している町と、出していない町では、前者のほうが圧倒的に多い印象を受けました。

私は逆に生まれてこのかた、ごみ収集車が音楽やアナウンスを流す町には一度も住んだことがないので、それについては偶然にしろ幸運だったのかもしれません。
もし、私の町でごみ収集車が音楽やアナウンスを流すようになったら、すぐ役所に「あんな音は必要ないし、うるさいだけ! やめてくれ!」と言いに行くのは間違いありませんが、あの音で嫌な思いをしている人は、本当にいないのでしょうか???
それが不思議でなりません。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)赤の他人のガキなど愛せない

街頭ビジョンは完全に違法ですよ(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  防災無線・広報車・夜回り >  ごみ収集車に音楽もアナウンスも不要

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。