スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
街頭ビジョンもアドトラックもうるさいよ
このブログでは、数あるスピーカー騒音の中でも、
・街頭ビジョンの騒音
・アドトラックの騒音
については、ほとんど触れていません。
ちなみにアドトラックとは、近年、主に都心の繁華街で走り回るようになった、ド派手なデザインで大音量の放送をまきちらす、トラックを改造した広告宣伝車のこと。別名アドカーとも呼ばれ、内容は風俗店やパチンコ屋、飲食店、映画、CD、コンサートなどイベントの宣伝がほとんどを占めているようです。
街頭ビジョンは、別名、大型ビジョン、屋外ビジョン、デジタルサイネージなどと呼ばれる、ちょっとした繁華街に行くとどこでも見られるようになった、派手でやかましくけばけばしい大型ディスプレイのことです。

これらの騒音に触れていないのは単純なことで、私は幸い都心の繁華街に毎日、仕事に行くような生活をしていないので、あのキチガイじみた騒音を聞かされる機会が少なくてすんでいるから。ただ、それだけの理由です。

たまに街頭ビジョンやアドトラックの騒音で埋め尽くされた繁華街に行くと、「なんで日本はこんな町ばかりなんだ」と、ぐったりしてしまいます。
私の場合、繁華街というと新宿に行くことが多いのですが、西武新宿駅から出ると、まず、ヤマダ電機の街頭ビジョンの狂ったような騒音にうんざりします(それに加え、西武新宿駅前の宝くじ売り場のスピーカーは、常軌を逸してやかましい)。そこに運悪くアドトラックが回ってきたりすると、もうこめかみがブチ切れて、ピューピュー血が噴き出しそうになってしまいます。

仕事でああいう繁華街に毎日通っている人は、みんな平気なんでしょうか。平気じゃないという人は一人もいないのでしょうか。オフィスで事務をしている人たちは、あんな騒音にさらされて、普通に仕事ができているんでしょうか???
ちなみに本会の会員の一人は、渋谷で映像関係の仕事をしているのですが、ここ数年は編集室にアドトラックの騒音が入り込んでくるので仕事にならず、もう我慢の限界だと憤っています。
音というのは、こんなふうにあらゆるところに「侵入」してくるから恐ろしいのです。

街頭ビジョンもアドトラックも、明らかに「環境確保条例」や「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」などに違反しているのに、自治体は一切取り締まろうとしません。こうした広告宣伝行為で問題にするのは常に「景観」のことばかりで、「騒音」についてはまったく考えが及ばないのだからおかしな話です。
関連記事


カテゴリ:街頭ビジョン・アドトラック
TOP PAGE

 <<(次)街頭ビジョンは完全に違法ですよ

ゲリラが来るよ怖いよ~(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  街頭ビジョン・アドトラック >  街頭ビジョンもアドトラックもうるさいよ

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。