2011年にした騒音への苦情その3
・病院の待合室のBGM
ですが、半年ぶりに行ったところなくなっていました。
テレビの音声は相変わらず出ていましたが、こちらはごく小さな音量なので、気になるレベルではありません。
ほんの小さなことですが、苦情を出したかいがあったというものです。

・「町を明るくする会」の運動員を怒鳴りつける
の正体がわかりました。
「社会を明るくする運動」というのだそうです。私は初めて知りました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%92%E6%98%8E%E3%82%8B%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B%E9%81%8B%E5%8B%95

人様の前に大人数で立ちふさがり、肉声や拡声器で絶叫しながらビラを押しつける。そんな活動のどこが「社会を明るく」するものなのか、さっぱりわかりません。
この運動は毎年7月が「強化月間」だそうで、確かに去年、遭遇したのも7月だったのですが、今年もまたどこかで、こうした壮絶な迷惑行為に遭遇してしまうのでしょうか……。

「社会を明るく」したいのなら、騒音や立ちふさがりで人様の生活を邪魔し、怒らせるような真似はしないでほしいものです。それが「社会を明るく」するための最低限のルールというものではないでしょうか。
どいつもこいつも、やることがおかしいです。
関連記事


カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
TOP PAGE

 <<(次)聖蹟桜ヶ丘でも駅メロ開始その1

改札で山下達郎を聞かせるな(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  騒音をめぐるあれこれ >  2011年にした騒音への苦情その3

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad