スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
銃も拡声器もただの「武器」
アメリカでは、銃規制の問題でもめているらしいですが、銃の所持に賛成という意見は、つまるところ「自分の身を守るためには、銃を持つ必要がある。その自由は侵されざるものだ」。反対の意見は「いくら身を守るためとはいえ、銃の所持を認めるのはいきすぎだ。時代遅れだ」ということなんでしょう。

これ、日本の拡声器騒音の問題とそっくりです。
いくら私のような人間が「言論のため、安全のためと、拡声器でがなり立てる自由を認めるのはいきすぎだ。時代遅れだ」と言っても、圧倒的多数の人(や組織)は「言論や安全のためには、拡声器でがなり立てる必要がある。その自由は侵されざるものだ」と言って譲らないわけですから。

銃がなければ、自分の身が守れないと思い込むアメリカ人。
拡声器がなければ、言論の自由や安全が守れないと思い込む日本人。
でも、日本には銃を所持する自由などないのに、アメリカよりはるかに日常生活での安全は確保されています。
アメリカに拡声器騒音はない(日本よりはるかに規制されている)のに、「だから言論の自由や安全が保てない」という話は聞いたことがありません。

そんな簡単なことに、いつまでたっても気づかないのだから、この問題についてはどっちの国民も、まるっきり思考停止してしまっているようです。
いや、銃規制の問題を議会できちんと(と言っていいのかどうかわかりませんが)議論しているだけ、アメリカ人のほうがまだましかもしれません。

「銃」も「拡声器」も、「安心」「安全」つまり「防御」のためと装いつつ、いとも簡単に人に迷惑をかけ、攻撃をするただの「武器」になりうる。
そのことに、もっとしっかり気づいてほしいものです。
関連記事


カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
TOP PAGE

 <<(次)「嫌音の主張には敏感でありたい」(笑)

今日は投票日だ。投票しろ(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  騒音をめぐるあれこれ >  銃も拡声器もただの「武器」

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。